2018年 次点

概要    

名称レヴナントドグマhttps://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0013-CUSA13320_00-JP0REVEDOGMA0PS4[外部リンク]https://www.microsoft.com/ja-jp/p/revenant-dogma/9PM1HTWKBR83?activetab=pivot%3Aoverviewtab[外部リンク]https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000013390[外部リンク]
ジャンルRPG(公式サイト)
対応機種PS4/XboxOne/NintendoSwitch
発売元ケムコ
発売日PS4/XboxOne版:2018年09月12日
NintendoSwitch版:2018年10月04日
価 格PS4/NintendoSwitch版:1080円、
XboxOne版:1100円(8%税込価格)DL専用
対象年齢CERO:A(全年齢対象)
参考DLC有り

参考動画    

その他    

PS Vita、Steam、iOS/Android版も配信されているが、ここでは扱わない。
また公式HPのコピーライトに「EXE-CREATE」とあるが開発に関わったのか不明。

選評    

選評1    

レヴナントドグマ
発売:ケムコ
発売日:2018年10月4日
プレイ人数:一人
値段:Switch、PS4…1080円 XBOX one 1100円(vitaやsteamもあるが据置の選評の為ここでは割愛)

概要
レヴナントドグマ。2015年に配信されたケムコの無料スマホアプリゲームの移植。
システムは王道のダンジョンRPG。
主なストーリーは人族と獣人族との争い、主人公や仮面の少女の正体。
レヴナントサーガという作品の続編のようなものだが、あまり関わりはない(ゼノギアスとゼノサーガのように)
数年前の無料アプリの移植で何故1000円も取るのか。据置用に画面がキレイになっていたり何か追加要素はあるだろう。
そう期待するユーザーの心を打ち壊すのはスタート画面。
まるでフリーゲームのようなスタート画面。
オプションを開くと何も変更せずとも出てくる「設定内容をオートセーブしています」
スタート画面だけで批判するのは良くないだろう。ここからは内容の不満点を述べていく。

不満点
・システムの悪さ
ゲームを始めると、主人公の名前を入力する。
が、スマホ移植なのでトグル入力を強いられる事になる。
ストーリーの語りの部分をスキップ出来ない、会話は丸ボタン連打とシステム面はあまり良くない。

・グラフィック、戦闘シーン
他のケムコ作品ではマップも戦闘もドット絵の2Dだったが、今作は何故か戦闘が3Dポリゴンになっている。
それも質の悪い低レベルの。
戦闘中はもっさりしており攻撃の迫力が全く無く、90年代のPS、SS時代を思い起こさせるかのよう。
2Dはドット絵だがそれでもSFCのゲームレベル。わざと寄せているにしてもドット絵に違和感がある。
ドット絵は他にも「ボスキャラのグラが同じ」「飲食物のグラが謎の光」とあまりやる気を感じられない。

・キャラの武器
主人公は剣、獣人はバズーカなど持てる武器はほぼ決まっている、あとは能力だけ。
カスタマイズ出来るのも能力だけ(クリティカルヒットが増える、など)。見た目は変わらず。

・宝箱システム
RPGには必須の宝箱。
このゲームでは固定されている宝箱とランダムに移動する宝箱の2種類がある。
しかしランダムに出現する宝箱の数が少ない。5Fあるダンジョンで数個しかない。
移動しない宝箱も隠し通路などに置いてある。
これだけならまだ良いが、後述のダンジョンの不満点と相まってイライラしてしまう。

・ダンジョン
このゲームは基本「町に行く→ダンジョンのボスを倒す→町に行く」の繰り返し。
ダンジョンは長く、行き止まりやグルグルするような道も多い。
行き止まりは宝箱が置いてあったりするが、ランダムな為必ず置かれているとは限らない。
宝箱はランダムなので探しに他の道へ…という事は無いだろう。
そして何より「マップが世界地図しかない」事だろう。
他のダンジョンゲームだと進んだ所が分かるダンジョンのマップがあるが、この作品は世界地図しかない。
グルグルして迷う→エンカウントして時間かかる→倒したら道が分からなくなりグルグルする
なんて事も。
5Fや7F、後半に行くと10Fなどあるので、敵を倒す体力よりもダンジョンをグルグルする体力の方が消耗する
ダンジョンの中には洞窟もあり周りが暗くなる、
他のダンジョンゲームだと灯アイテムで照らすなどあるが、そういうのは無い。
元々の明かりの範囲を頼りに暗いダンジョンでグルグルしながらエンカウントしまくるハメになる。

・トランスモード
このゲームには「トランスモード」という変身モードがある。
このモードを戦闘中に使用する事により強くなれるが、ゲージが一定まで溜まると暴走してしまう(プレイヤーは操作出来ない)というシステム。
だが、暴走中も他のRPGのように味方に攻撃などせず、大体相手に攻撃をするのであまりデメリットが無い。
変身モードといっても服を着替えるレベルだが…。

・駆け足気味なストーリー
主人公と獣人族が出会い戦い主人公が負け牢屋に入れられる、が獣人族の偉い人があっさりと主人公の仲間になる。
その後も主人公の真実や仮面の女の子の正体も序盤~中盤にあっさり分かってしまう。黒幕もすぐ出てくる。
あっさりとしすぎ。

・ストーリーの会話
ストーリー中の会話ではちょくちょくジョークが挟まれるが、勢いの無さで面白さが減る。(ここは個人差があると思う)
顕著なのはキャンプシーン。マップを進むと中身のないキャンプシーン(スキップ不可)が挟まれる。
仲間の獣人をバカにするようなシーンが多く(勿論スキップ不可)、終わってもキャラの能力が上がったりしない。何の為のシーンなのか。

・サブイベント
このゲームにはサブイベントがある。
RPGなので当たり前だが、基本お使い。
探し物だったり、「このモンスターを数十体倒してきて」だったり。
住人の話を聞く→前に行ったダンジョンをグルグルしながら探したりランダムにエンカウントするモンスターを倒したり技で奪う→戻って報告する
という流れが多い。ダンジョンが長すぎるのと敵がランダムなためダレる。
一応魔法陣で別の階までワープする事が出来るが、どの階にいるのか分からないので基本はグルグルしながら探す事だろう。
帰りには使う。

・異界エスト
町にある渦から入れるランダムダンジョン。
「入る度に姿を変える不思議な迷宮」と書いてあるが実際は自動生成ではなく作られたマップがランダムで出てくるだけ。
間違ってはないけど…。

評価点
・音楽
悪くはない、が別作品のレヴナントサーガから流用されている。(流用している?)

・やりこみ要素
ノーマルエンド後にもトゥルーエンドや上にも出た異界エスト、異界エストの延長線上の500階層まである迷宮ヘルなど。
ただ戦闘のテンポが遅く、苦行にもなる。

・どの場面でもセーブが出来る
オプションを押せばイベント中以外はどこでもセーブが出来る。そしてセーブした場面から再開出来る。

・エンカウント
敵とエンカウントする前に画面横の色が変わって(無色→黄→赤)合うタイミングが分かるので、敵に会う前に回復したり武器を変えたりなど出来る。

・キャラの一枚絵
枚数は多くないが上手くてキレイ。ツクールのキャラのような絵だが。

・バグはほぼない
最初はあったがパッチも来て修正されている。

・課金要素
おまけ程度の話。
「流石にスマホと違って1080円払う据置に課金要素を入れないだろう」と思うが、課金要素はあります。
それも追加シナリオなどではなく、キャラの経験値やダメージを増やしたりするアイテム。
課金をしなければ勝てないという事ではないが、元が無料アプリでこっちは1080円払ってるのに更に…と思ってしまう。

まとめ
2015年のアプリをただ移植しただけ。据置の事を何も考えていない。
SS、PS初期のつまらないRPGを思い出すような作品。テンポも悪く、面白くもない作品。
スマホと違って大きな画面で出来るという利点もあるが肝心のグラフィックがチープで悪い為、良いポイントとは言えない。
スマホで手軽に無料で遊べる(広告が出るが)2015年の作品をわざわざ1080円も出して購入する必要はほぼ無いと言える。