話題作    

スレで話題になり選評も出て、大賞の可能性が高いとされるもの。

1/28【NintendoSwitch】 1/29【PS4】 4/30【XboxOne】Kentucky Route Zero: TV Edition(Annapurna Interactive)    

Switch版:2749円、XboxOne版:2900円、PS4版:3000円(共に税込価格)。DL専用。「文章で物語を語ること」にこだわったアドベンチャーゲーム。
翻訳の質があまりにも劣悪。誤字脱字、誤訳、変な語順、固有名詞・文体の不統一、破壊的な機械翻訳が混ざり意味不明に。
その結果、世界観がまるで理解できず、読み返すのが苦痛な代物になってしまった。

審議中    

スレで話題になったが、当スレで扱うレベルか議論されているもの。

7/1【PS4】Dreaming Canvas(Playstige Interactive)    

440円(税込価格)。DL専用。旅人に出会いながら名言を見つけキャンバスに絵を描くアドベンチャーゲーム。
まず絵が描けない。できるのは写真のような絵の色彩調節だけ。
旅人は無表情で突っ立ってるだけ。会話もできない。顔を見つめるだけでトロコンできる。
それ以外にできることは「直訳風の名言を読む」「マップをうろつく」だけ。アイテムもなく、アクションも移動(歩く)とジャンプだけ。
一言で言うなら「無」。

7/2【NintendoSwitch】ファイナルソード(HUP Games Inc.)    

7/6に配信停止。1890円(税込価格)。DL専用。オープンワールドアクションRPG。
一定時間動けなくなる凍結攻撃が理不尽極まりない。喰らい硬直などあらゆる無敵時間を無視するため脱出困難でゲームオーバーになりやすい。
全体的に敵が固く、当たり判定が不明瞭である。その上ザコ敵はリポップのスピードが凄まじく、一匹に手こずるとすぐ囲まれる。
ボス敵は遠距離攻撃中心なのが多く攻撃チャンスが少ない。ザコ敵無限湧き&遠距離凍結攻撃という一瞬の隙も許されない組み合わせも存在。
理不尽な仕様と珍妙な演出が合わさった、シュールかつ味わい深いクソゲーである。

選外一覧    

スレで名前が挙がったが、当スレで扱うレベルではないと判断されたもの。

その他    

KOTY的に外せない事件・出来事。

  • 据置・携帯・エロゲー*1のKOTY三部門制覇を成し遂げた名門「システムソフト・アルファー」が、コンピュータゲーム業界より事実上撤退した。
    • 厳密には「日本一ソフトウェア」の子会社「システムソフト・ベータ」へゲームソフト事業を承継した。
    • システムソフト・アルファーの公式によれば事業部門の社員は新会社へ移籍し、既存のソフトのサポートもそちらで継続するそうだが、新規ゲームの開発がどうなるかは今後の動向を待たれる。
    • 公式HPを見ると、SS時代、α時代の過去作も製品一覧に載ってはいるが、スマホアプリゲーが中心となっていく可能性もある。

*1 アダルトゲームブランド「ユニコーン・エー/げーせん18」として