2018年総評が完成しました。(2019/05/01)

話題作    

スレで話題になり選評も出て、大賞の可能性が高いとされるもの。

審議中    

スレで話題になったが、当スレで扱うレベルか議論されているもの。

1/31【PS4/NintendoSwitch】YIIK: ポストモダンRPG(Ysbryd Games)    

1980円(8%税込価格)。DL専用。長時間QTEを繰り返す戦闘、身勝手な主人公、たまに起こるフリーズなどが合わさり、ストレスが溜まりやすいのが特徴。

  • 選評1はアップデート前に執筆されたものであるため、現在、選評1の更新待ちおよび新規選評待ちの状態である。期限は5月いっぱいまで。
    • 選評が来なかった場合は選評1を論外とし、「当ページからYIIKの項目の削除」「YIIKの作品ページの削除」を行う予定。

選外一覧    

スレで名前が挙がったが、当スレで扱うレベルではないと判断されたもの。

その他    

KOTY的に外せない事件・出来事。

  • 以前から発表されていたとおり、PlayStation Vitaが2019年3月1日に出荷完了。7年の歴史にピリオドを打ち、後継機の発表もないためSONYの14年2ヶ月に及ぶ携帯機の歴史に(少なくとも一旦)幕を下ろした。
    • 携帯版KOTYが携帯機の衰退により完走したなどとあわせ、時代の変化を感じずにはいられない。敬意の意味も込めここに記録する。
  • 2019年初冬に発売予定だった前年大賞『RPGツクールMV Trinity』のXbox One版が発売中止となった。
  • 2013年大賞『ビビッドレッド・オペレーション -Hyper Intimate Power-』が2019年3月28日に配信終了となった。
  • 7年前に事実上撤退していた「タカラトミー」がコンシューマゲームに復帰。(詳しくは2012年 次点の記事を参照)
    • 正確には2012年の時点で子会社のタカラトミーアーツにゲーム事業を移管した後はスマホアプリを少数手がけるのみだったが、2019/2/28発売のNintendo Switchソフト「ゾイドワイルド キングオブブラスト」が7年ぶりのタカラトミー名義のコンシューマソフトとなる。
    • 「ゾイドワイルド(略)」のゲームとしての内容はKOTYスレの俎上に載るような出来ではない。