2011年 次点

概要    

名称Piaキャロットへようこそ!!4 ~夏の恋活~※1http://www.amazon.co.jp/dp/B004EWEX1C/[外部リンク]
ジャンルファミレス恋活ADV+SLG
対応機種Xbox 360
発売元PIACCI
開発元PIACCI / カクテル・ソフト
発売日2011年2月24日
価格通常版:6,980円(税込7,329円)※2
対象年齢CERO:C(15歳以上対象)
  • ※1:タイトルは「恋活」と書いて「バイト」と読む。昨今話題のDQNネームも真っ青なセンスのなさである。
    • ちなみに発売日は真冬。季節物の作品を、なにも真反対のシーズンに出すことはないのではなかろうか。
  • ※2:一応公式に則って「通常版」と書いてはいるが、本作に限定版は存在しないので念の為。
    • それでは何故通常版と表記したのかは謎。
    • 単純に限定版のためのアイテム(新録のドラマCDや設定資料集など)を揃える予算も尽きていたのではないか、という説が濃厚。

参考動画    

OP

要点    

ファミリーレストランを舞台に、そこで働きながら同僚の女の子と仲良くなりカップルを目指すゲーム、『Piaキャロットへようこそ!!』シリーズの最新作。
エロゲとして発売された物を移植した本作だが、元からしてエロぐらいしか取り柄がないとボロクソな評価だった代物を移植するという完全に誰得の所業。
しかも、一部キャラのルートを廃止、移植前には存在しなかったバグを多数追加、Hシーンのカットも適当と、明らかな手抜き仕事がそこかしこに散見。
シナリオも過去作に輪をかけて酷く、SLG部分の造りも適当で、購入者をしてこのゲームを買う必要は全く無いと存在そのものを否定された。
スレでの略称は「Pia4(ぴあふぉー)」、ライターの頭の悪さが滲み出たシナリオ並びに頭のネジが外れた登場人物達に肖り、「Pアフォ」と呼ばれる様にもなった。

キャラクター・シナリオ関連    

  • 全8人居る攻略キャラの内、7人のルートはあまりにもシナリオが薄く陳腐で、キャラ(主人公含む)の思考もおかしい。
    • 朱美:頭の残念な人が1人で勝手に大騒ぎ。第三者が解決してくれるので主人公は蚊帳の外。最後何故か妊娠する
      • グラフィックも「3」に比べて大分劣化し、中身もただのポンコツキャラに成り下がっている。後日談はプレイヤーが驚愕する事必至。
    • よしみ:格ゲーしてたら彼女できた。何を言ってるかわからねーと思うが…。あと最後妊娠する。
      • 後述するが、移植に際し削除された彼女の母親のルートとシナリオが共通の為、纏めてキングクリムゾンされてしまった模様。哀れ...
    • さゆり:ストーカーしてたら相手が彼女になった。お互い夢を叶えようとか言うけど、別に主人公は何もしない。
      • ヒロインは夢が驚く程あっさり叶ってあっという間に終了。主人公は夢に向かって努力する行動はしないが、犯罪一歩手前の行動は起こす。
    • ミサ:兄妹喧嘩して、即仲直りしたらなんか愛情が芽生えたのでセクロスした
      • 実の妹と行為に及ぶというソフ倫大激怒なシナリオ。展開の全てが場当たり的で、大概投げっぱなしか台無しにして終わる。
    • 彩花:趣味を理解してやったら彼女になった。それだけでもう使える設定がなくなったので後は父親と消化試合。
      • 中盤まで散々しつこく引っ張った伏線が、ただの鉄道オタク落ち。トラックに轢かれそうになった父親を助けたら、交際を許して貰えましたとさ、完。
    • ゆな:毎日走ってたら最後は全力で走れるようになった。それだけ。存在する必要がない
      • つまらないだけなので、名前すら忘れそうになる程の空気。メインヒロインなのに、隠しキャラである「はるな」ルートのおまけと化す逆転現象
    • 蒼空:ストーカーが落ち込んでる女性の心に付け込んで彼女にしてしまう話
      • まるで意味を成さないヒロインの天才設定。あまりにもうざい主人公に本気の殺意を抱くこと請け合いの最低最悪のシナリオ。
    • はるな:自分の夢の元となった少女と再会し、また夢に向かって頑張ろうという話。ゆなは振られる。
      • 選評者曰く、まともと呼べるのはこのルートだけ。だが、簡単に先が読める展開で練り込み不足な上、薄いのは相変わらず。
  • 攻略キャラの内殆どのルートは、シナリオに「事件」とかそういった要素が一切無い
    • 「○○という出来事があって、その時は大変だったけど、このおかげで2人の絆がより深まった」みたいな事もまったく無い
      • 何の前触れもなくいきなり「一緒に花火を見よう」と言われ、何の前触れもなくいきなり「好きよ」と言われ、何の脈絡もなくいきなり恋人同士になる。
  • PC版からシナリオが削除されたキャラ(アリス)が居る。
    • Hシーンのみのカットではなく、何故かそのキャラのルートのシナリオを丸ごと削除している。
    • 倫理的に言えば主人公と同じ年代の娘を持つ母親を攻略するのはマズい、とも見て取れる。
      以前にも『木漏れ日の並木道』がPS2に移植された際、「2児の母」という設定の女性が攻略不可能になると言う前科があった。
      • だがそれを考慮したとしても、だったら実の妹との近親相姦を想起させるシーンがそのまま残っていることこそどうなのか。
    • しかも隠しキャラは残されている。意味が分からない。
  • 設定に関してはこのゲームの場合、そもそもプレイヤーは「把握」や「理解」ができない。
    • イベントのたびに突然「新設定」を出して進行させておいて、イベントが終われば「そんなこと無かった」と言わんばかりにその設定には一切触れない。
      • 基本的にいきなり新設定が飛び出してきたら、そのまま投げっぱなしになると考えた方がいい。
      • しかもこのような投げっぱなしイベントに多くのイベントCGを割いているので「重要な設定か!?」と誤解させがち。
    • 特に、主人公の足の怪我に関しての設定はイベントの度にころころ変わるので、もはや何が本当の事なのか分からない。
      • 何かに付けて「また陸上を始める云々」の発言だけはする、通称「走る走る詐欺」を繰り返す為、こいつが一番うざいと言われる要因になっている。
  • Hシーンを全カットした弊害で、唐突にヒロインと付き合っていたり、知らないうちにヒロインを孕ませていたりする。
    • 行為に及ぶのだろうという所で突如暗転し、PC版にあったHシーンを丸ごとすっ飛ばす。
      • しかし、一部キスシーンのエロいボイスはそのまま残っている。
    • カットした影響でストーリーがちぐはぐにならない様に、新規CG・追加テキスト等で辻褄を合わせる事は一切していない
    • 仲良くなる過程がエロシーンで表現されている事が多く、当然プレイヤーはその度に置いてけぼりを喰らう。脳内補完すればいいという次元じゃない。
      • 中でも、シーンが全7回ある「朱美」と、ルートが削除された母親の分も含めると実に10回もある「よしみ」に至っては、プレイヤーが「( ゚д゚)…」となる事は確実。

育成シミュレーション関連    

  • 単なるバイトであるはずのキャラが何故か人事権を行使する。
    • バイトなのに在庫の管理・仕入れの手配・売上管理までやらされている。ブラック企業である。
      • 念の為言うと最大の問題は、「人事権を行使する」それ自体ではなく、その超展開に関して何ら理由付けせず投げっぱなしたままのシナリオにある。
      • 付け加えると、バイトが経営管理を任される事自体は飲食チェーンなどでは割とよくある話。ただし、少なくとも5年以上は同じ店で勤続したベテランになってから初めて任されるようになるのが普通で、働き始めて間もない高校生には間違ってもそんな仕事は回さない。
    • 店長の言葉通りバイト側は好き勝手に1日の仕事を選ぶことができる。
      • 特に指示や命令は無い。○○さんを手伝って欲しいと言われる事はあるが、頼まれた通りに実行する必要性は全く無い。
  • SLGパートは、特筆するような良い点や悪い点どうこう以前に、ぶっちゃけ不要なだけ
    • SLG部分はエンディング分岐のためだけの単なる作業。これ以上でもこれ以下でもない。
      • 序盤で2回休養したら、あとは足りてないなーって思うパラメータが上がる仕事とかを適当に選ぶだけで良い
      • 選評者によると、基本「デリバリー」だけ選択していればいいとのこと。
      • 各パラメータをどれだけ上げても途中のシナリオには一切関与せず、「容姿」を上げるともてるとか、「学力」を上げると語彙が増えるとかは一切無い。
    • 別に攻略対象ヒロインに関係する部署を選ぶ必要はない。
      • 選んだ仕事部署によって固有イベントが発生する箇所があまりにも少なく(1キャラあたり1~2回くらい)、別に発生させなくてもグッドエンドに行ける事も。
      • 中には「決められた日に決められた部署を選ばないと強制BAD」というキャラもいる。ただしノーヒント。
      • 固有イベント自体がないキャラも居る。
    • 会話イベントをいくつか無視して体力・学力を上げておかないと、ED分岐時にパラメータが足りなくなる場合がある。
  • 最終的に主人公のパラメーターが一定値に達していない場合、バッドエンドに突入する。
    • 「パラメーターの現在値」が条件となっているため、いくら女の子と仲良くなっていてもバッドエンドになってしまう。
      • 付き合っていようが、キスしていようが、Hまでしようが、
        主人公は「何しに来たかわからん1ヶ月だった。働いてた事しか記憶にねぇや。」とほざく。お前は認知症か何かなのか。
    • 上記の展開は全攻略ルートで共通で、その台詞を言う相手である妹と一線を越えた場合でも本人に向かってほざく。お前は外道か。
    • この仕様はPiaキャロットシリーズのほぼ全作で共通なのである意味伝統とも言えるが、だからといって褒められるようなものでは決して無い。

グラフィック関連    

  • 追加CGの無いキャラが居る。
    • 追加CGのあるキャラであっても、立ち絵と殆ど変らないようなCGだったり、背景を使い回されていたりする。
      • 立ち絵と顔差分の種類が少なすぎて、シナリオ中の表現と合っていない箇所が多い。
  • 個人差はあるが、キャラグラフィックそのものについての評判も悪い。
    • 購入者曰く、キャラの半分はできるだけテキストウィンドウから上を見たくないような出来。俗に言う「ヒラメ顔」。
      • ちなみに、PC版が発売された2009年、エロゲ作品別板のpiaキャロスレは絵師変更で阿鼻叫喚の地獄絵図と化していた。
  • 背景の出来も、擁護できないくらい全体的に酷い
    • サバンナと言った方がしっくりくる陸上競技場。
      • 競技場の中にまで木を生やしてどうする...
    • 机の天板が出っ張ってるのに机の下も壁にくっついてたり、光がカーペットの上にまで反射してたり、机の取っ手だけ床に写ってないカオス過ぎる妹の部屋。
      • ペンギンのくちばしの部分は、フォトショップで修正しようとして、できなくて諦めたというような痕がある。
      • 朝差分だとカーテンが開いて窓の外が見えるが、ベランダは写真。しかも主人公の部屋のベランダのコピペ。
      • フローリングの床の目が結構深く描かれているが、ベッドの横辺りで突然途切れて、まっさらな茶色の何か(板ですらない)になっている。
      • 妹がこの部屋に引っ越してきたシーンで「まだ荷物が整頓されてない」と書かれているが、それから何日経っても背景は変化しない
    • 初日の主人公の部屋は何もない部屋だが、窓から差し込む光に対し謎の影がある。
      • 翌日以降荷物が置かれると判明するが、ゴミ箱の影である。何故ゴミ箱を置く前から影があるのか…
      • 7月終盤から始まり、ゲームの大半は8月の話なのだが、部屋のカレンダーは最後まで7月のまま。
    • 奥行きへのパース、窓の数、窓に対するドアの映り込みなど全てが可笑しく感じる寮の廊下。
    • ゲーム後半に研修旅行へ行く事になるが、突然背景のクオリティが上がる。
      • 研修旅行先の背景は全て前作からの使い回しである。
  • PC版の公式サイトに行けば、本作で使用されているイベントCGの7~8割を鑑賞できる。
    • カットされているエロCGも置いてある。余計にこのソフトを買う意味がなくなる。

システム・バグ関連    

  • 画面サイズを無理矢理ワイドにした為、弊害がでている。
    • PC版のCGの上下を単純にカットしている。
    • 一部キャラは、顔が日付カレンダーの裏に隠れたり、画面外に見切れてしまっている場合もある。
  • システムの不備が多数。
    • 3種類の中から選択できるファミレスの制服が、ゲームをロードする度にデフォルトの仕様に戻ってしまう。
    • フルボイスの筈が、一部キャラはボイスが再生されない箇所がある。
      • セリフとボイスの内容が食い違っている箇所もある。
    • OPは非常に音量の高いBGMが流れる反面、EDのBGMは極小音量と調整不足が目立つ。
    • 一部のキャラは本編中に一度も見た事がないCGまで、CGモードに登録されてしまう。
    • オートプレイにしてもボタン操作を要求してくる箇所がある。
    • 既読スキップも、未読箇所もスキップしてしまったり、逆に読んだ場所なのにスキップしなかったりする。
      • 未読の場所まで進んだにも関わらず、ボイスが再生されない事もある。
    • 公式にも説明書にも出ていないキャラ(要するに隠しキャラ)の名前とグラフィックが、音声設定の所に存在している
      • 隠しキャラなのに、全く隠れていないとはこれいかに。
    • プレイ中にXboxLiveに接続、もしくは切断すると突然タイトル画面に戻る
      • 何らかの理由で回線が不安定になったり切断されるような事態になったら、最後にセーブした場所からやり直す羽目に。
      • 当然のことながら、このゲームにオンライン要素など微塵もない。
  • 謎の処理落ちが、何の前触れもなく発生する。
    • 立ち絵の移動や、背景のスクロール時に処理落ち。
    • 文字が流れているだけなのに処理落ち。
    • 動いている物が何もないのに処理落ち。
      • ボタンを押しても数秒間反応しない事がある。たまにフリーズしてる。
      • 詳細な発生条件や回避方法は現在も不明
    • 処理落ちは、画面が止まってからしばらくすると元に戻る事もあり、フリーズとの見分けが付かない。
    • タイトル画面やデータロード直後、果てはセーブ中にまで発生する事もある。
    • また、セーブ数が多くなればなるほど、ロード画面の読み込みが鈍重になる。
      • 購入者曰く、「セーブ数を60に増やして確認したところ、ロード画面呼び出しに25秒かかった。」
    • 前述の不具合含めて、メーカー側は一切公式発表を行っていない。
  • 細かい不満点も多数。
    • 主人公のパラメータや、攻略キャラのデータが朝・夜の行動選択時にしか確認できない。
    • バックログ保存量が少なく、ログを読み返すのが面倒。
      • 他のAVGと違いログを一行送る度に、いちいち方向キーを毎回毎回上に押さないといけないので指が疲れる。
    • PC版に存在していた「クイックセーブ」を移植に際し削除。
      • セーブ・ロード画面のレスポンスが悪いので、有るだけである程度不便さは解消されていたと思われる。
      • 推測ではあるが、移植に際してメッセージウィンドウ周りのアイコンを整理されているため、スペースが足りなくて削除されたのではないかと思われる。

その他    

  • あえて良い点を挙げるなら、実績解除が簡単。これだけは一定の評価は出来る。
    • バッドエンドと全員のグッドエンドを見ればコンプリート出来るので、手っ取り早くゲーマーズスコアを稼ぎたい人にはお勧めかもしれない。
    • しかし「プロローグを見た」の実績がプロローグが終わっても解除されず、ゲーム本編に入って少し進んでから突然解除されるという、しょうもないフラグミスがある。
    • 「バッドエンドを見た」という実績もあるので、上記のヤリ捨て主人公はここで垣間見ることができる。
  • 購入者曰く、エロがあるPC版か、青年誌『チャンピオンREDいちご』でコミカライズされた漫画を買った方がマシ。
    • 後者は、シナリオを絞って掘り下げることで原作シナリオの薄さ・つまらなさの問題を解決している。
      • 全1巻にまとめねばならない都合上、アリス・よしみの話がないのはなんだが、雑誌の特性上で、乳首までは解禁されている等エロ要素もある。
  • そもそも抜きゲーとしてしか価値の無い本作を、エロを抜いて発売した所で、誰が買うんだという点で根本的に問題がある。
    • エロゲ総合レビューサイト「erogame scape」での評価は60点で、あの『戦極姫』とタイ。
      • 50点台なら完全にクソゲー判定のサイトでこの評価なので、移植前からして、どう好意的に見ても駄ゲーには違いない。
    • HPも10年前みたいなデザインで、メーカーの売る気が全く感じられない。
    • 案の定、ゲー無(しかもバグを追加)と化してしまい、全く注目されず販売本数不明のまま皆の記憶から消えていった。
  • こんな惨状、評価にも関わらず何をトチ狂ったのかPSPへの移植も決定し、2012年10月に発売された。ちなみに当初は2011年7月に発売予定だった。
    • 流石に1年8ヶ月の期間を置いただけあってか、システム周りの不備は概ね改善され、少なくともまともにプレイできるようにはなった模様。
      • 制服がデフォルトに戻らない、ボイス選択でネタバレされない、QS・QLを含むショートカットが充実、フォントが読みやすくなっている、等々。
    • ただし、肝心要のシナリオは当然そのまんま。詰まる所、やっぱりクソゲーである。
      • ユーザーからは当たり前のようにスルーされており、外部サイトではレビューの一つも見つからない状態。
      • 例えるなら腐った食材を腕のいい料理人が料理した結果。どれだけ手を加える人の技術が良かろうと、肝心の食材が悪すぎてはいいものになるわけがない。

選評    

選評その1    

『誰得』
当ゲームを語る上で、このフレーズは重要である。

2011年2月24日、誰からも期待されていないゲームが産まれていた事を知っている人はいるだろうか?
そのゲームソフトの名は「piaキャロットへようこそ!!4 ~夏の恋活~」。
PCエロゲ発展期から根強いファンが存在した「piaキャロットへようこそ!!」シリーズの
ナンバリングタイトル4作目をXbox360に移植した物体である。

移植元のエロゲからして内容についての不満が上がっていたが、
「普通にプレイができて、エロCGが見られるだけマシ」な修羅の国においては
いわゆる『クソゲー』判定を得られる事は叶わなかった。
一部ファンからも「4なんて存在してない」と存在すら否定された本作にとって、
コンシューマ移植は汚名挽回(誤表記ではない)を狙ったものだったのだろう。

まず恋愛ADVとしてはどうだろうか?
各キャラのシナリオは良く言えば王道、悪く言えば陳腐極まりない出来であり、
最初から最後まで既視感に悩まされる展開となっている。
特に盛り上がったり感情移入してしまうような場面も無いため、
自分としては当ゲーム最大の問題点はこの「シナリオのつまらなさ」だと思っているのだが、
あくまでもこれは主観であり、未プレイ者にはプレイしてもらう以外にこのつまらなさを
説明するのは非常に難しいので、客観的に見てもおかしい点だけを記述しておこう。

・アルバイトなのに…
オープニングからして既に、単なるバイトであるはずのキャラが何故か人事権を行使する。
また、「アルバイト自身にその日の仕事内容を選択させている」という店長の言葉通り、
バイト側は好き勝手に1日の仕事を選ぶことができる。特に指示や命令は無い。
仕事内容によってパラメーターが変化するので、育成の自由度を高めるためにこういった設定にしたのだろうが、
もうちょっと、こう、なんとかならんかったのか。

・唐突な展開、あからさまなHシーンカット
恋愛ゲームと言えば、攻略対象と少しずつ心を通わせていく描写があるものだ。
だが、当ゲームにはその部分の描写・説明が非常に乏しく、
気付けばヒロインと付き合っていたり、知らないうちにヒロインを孕ませていたりする。
「あ、ここでHシーンに移行するのね」と実に分かりやすいポイントで暗転し、
PC版にあったのであろうHシーンを単純にすっ飛ばす。
かと思えば、一部キスシーンのエロいボイスはそのまま残っていたりする。

・ヤリ捨て御免
当ゲームでは最終的に主人公のパラメーターが一定値に達していない場合、バッドエンドに突入する。
これはあくまでも「パラメーターの現在値」が条件となっているため、
ここまでいくら女の子と仲良くなっていてもバッドエンドになってしまう。
付き合っていても、キスしていても、Hまでしていても(該当シーンはカットされているが)、
主人公は「何しに来たかわからん一ヶ月だった。働いてた事しか記憶にねぇや。」と
自分勝手なモノローグを残してゲームは終わる。

…シナリオ部分の酷さの一端だけでも理解していただけたなら幸いである。
次に演出部分のクソ要素について説明しよう。
まず、画面サイズを無理矢理ワイドに準拠させた弊害か、
一部キャラは顔が日付カレンダーの裏に隠れてしまったり、画面外に見切れてしまっている。
他にも、3種類の中から選択できるファミレスの制服がゲームをロードする度にデフォルト仕様に戻ってしまったり、
フルボイスのはずが一部キャラはボイスが再生されない箇所があるなどの手抜きが目立つ。
セリフとボイスの内容が食い違っているという要素もしっかり完備している。
OPはやたら音量の高いBGMが流れるくせに、EDのBGMは極小音量と、調整不足も甚だしい。
あるキャラに至っては、クリア後にCGモードを確認してみると、
本編中に一度も見た事がないCGが何故か登録されているという有様だ。
キャラグラフィックそのものについての評価も低いのだが、
これについても主観の問題なので「そういった声もある」という表現に留めておこう。

まだまだ、このゲームの問題点はこれだけではない。
オートプレイにしてもボタン操作を要求してくる箇所があったり、
既読スキップも、「未読箇所もスキップされた。」「読んだ場所なのにスキップされない。」
「未読の場所まで進んだと思ったら、ボイスが再生されなくなった」という現象が発生する。
シナリオのつまらなさだけならいざ知らず、まず普通にプレイすらさせてくれないとは…!

この手の細かな手抜きに加えて、当ゲームには強大なバグが存在している。
「謎の処理落ち・フリーズバグ」である。
これはゲーム中に何の前触れもなく発生し、突然動作が鈍重になったり、そのままフリーズしたりする。
詳細な発生条件や回避法は不明であり、プレイヤーはこのバグに怯えながらつまらないシナリオを読み進める事を強要されるのである。
処理落ちは、画面が止まるまで酷くなってからしばらくすると元に戻る事もあるため、フリーズとの見分けが付かず、
セーブ地点からやり直すのが面倒くさいなら、プレイヤーには「一縷の望みに賭けて止まった画面を見続ける」という選択肢もある。
…それもそれで苦痛である事に変わりはないが…。
これに対処するにはセーブをこまめに行うしかないのだが、当ゲームに「クイックセーブ」などというシステムは存在せず、
先程「ゲーム中に何の前触れもなく」と書いたとおり、タイトル画面やデータロード直後、
挙句の果てにはセーブ中にまで発生する事もあり、本体の電源を入れた時点から一切の油断はできないのだ。

問題点が多すぎてゲームそのものの不親切な点(主人公のパラメータや攻略キャラのデータが朝・夜の行動選択時にしか確認できない、
バックログ保存量が少ない、PC版からシナリオが削除されたキャラが居る)についてはもう瑣末な事と言うしかない。
良い点を挙げようとすれば実績解除が簡単だという事はあるものの、なぜか「プロローグを見た」の実績がプロローグが終わっても解除されず、
ゲーム本編に入って少し進行してから解除されるという微妙に首を傾げざるをえない点もある。

…念のためにもう一度言っておくが、当選評の筆者自身は
「バグとかそれ以前にまず純粋につまらない点が最大のクソ要素」と思っている。
シナリオも大概だが、育成(アルバイト)パートも単調で面白味に欠け、
10~20年前のゲームを何の工夫も無くそのまま焼きなおしただけのように見える。

PC版はエロ要素があったし、そもそも上記のような強烈なバグは搭載されていなかった。
それでもファンからの好意的な評価がそれほど見られないあたりからして内容は「推して知るべし」であった。
当ゲームはそんな物からエロを単純削除し、代わりにバグを追加するという本当の意味での『誰得』ゲーである。
どれだけ売れたのかと調べてはみたが、初週売上本数は「不明」であり、
風の噂で「1000本以上、2000本未満」くらいは売れたんじゃないかというソース不明の話を聞きはしたものの、
その程度の売り上げで開発資金は回収できたのだろうか…。

少なくとも、このゲームを購入する理由は一切無い。
どうしても内容について知りたいのであれば、普通のエロがあるPC版を購入するか、
そうでなければチャンピオンREDいちごでコミカライズされた漫画を買った方がマシである。
特に後者はシナリオを絞って掘り下げることで原作シナリオの薄さ・つまらなさの問題を解決しようと試みている上に、雑誌の特性上乳首までは解禁されている。
つまらなく、エロすら無い当ゲームは存在価値が無いと言わざるを得ないだろう。

今年度のKOTY作品を見ると、その全てが「ファンが激怒のシリーズ物」であるが、
当ゲームはPC版の時点で既に「ファンが激怒」していたため、このXbox360版についてはファンは激怒していない。
冷めた目で「え?移植すんの?誰が買うんだよ」と呟くのみである。

長くなってきたので、王道かつ陳腐かつつまらないストーリー本編に倣って、
既視感のある一文を持って「piaキャロットへようこそ!!4 ~夏の恋活~」の選評を締めくくりたいと思う。

クソゲーオブザイヤーへようこそ!!



余談ではあるが、今年中にPSPに移植されるという話である…。
公式サイトはそのほとんどがXbox360版からのコピペであり、やる気が一切感じられない。

選評その1補足    

pia4 SLG部分の解説

容姿:フロアや店周りを担当すると上がる。別に高いからと言って発生するイベントは無い。
優しさ:同じく接客関連で上がる。別に高いからと言ってシナリオに変化は無い。
根性:倉庫整理や厨房を担当すると上がる。別に高いからと言って熱血になったりはしない。
仕事:業務の効率化・洗練度を表すパラメータらしいが、別に高いからと言ってシナリオには何の影響もない。
体力:自室で鍛錬すると上がる。これが高いと休養時の体調の回復度が上昇するのだが、まったく意味がない(後述)
学力:自室で勉強をすると上がるが、一体何に使われているのかわからないし、説明もないパラメータ。
不評:なんかイベントで上がるらしいマイナスパラメータ。普通にやってれば0のまま終わる。
体調:何か行動をするたびに減って行き、0になるとゲームオーバー。

それぞれ最大値は10。仕事をしてもパラメータが増減しない場合もある。
(ランダムで成功・失敗判定をしているか、内部では小数点以下まで計算している可能性がある。)
とりあえず上6つのパラメータを上げる事になるのだが、別に上げたからと言って何が起こるわけでもない。
パラメータの値が求められているのはエンディング判定のみ。途中のシナリオには一切関与しない。
おそらくグッドエンドはパラメータの合計値が一定値以上という条件で分岐しているのだろうと思われるが、
本当に最後の最後でパラメータを条件に持ってこられても困る。
なお、どのくらいのパラメータが必要だとかヒントのようなものは一切無い。

本当にパラメータを上げても目に見えるような変化は全く無い。
「体調」は自室で休養すると一定値回復し、体力が高ければ回復量もあがる。また、一日の始まりにも少量回復する。
初期値は4で、ゲーム開始から2回休養すれば体調はMAX(10)になる。
その後は一日の始まりの回復だけで事足りてしまうので、あとはゲーム終了まで一回も休養しなくても0になることはまずない。
つまり、体力のパラメータは完全に死にステ(エンディング分岐には必要かもしれんが)になる。
また、この「体調」は攻略対象の女の子に会って話をしただけでも減少したりする。
恋人と朝の挨拶をするだけで体調悪くなる主人公を見ると、「こいつ、無理して付き合ってるんじゃないか?」って気分になる。

あと、攻略キャラによってはシナリオ後半、急に主人公が体調を崩す。
ただしこれは「シナリオ上」の事であって、パラメータの「体調」や「体力」がMAXでも必ず発生する。
パラメータは元気全開なのに眩暈を訴えたり倒れたりする主人公に違和感バリバリ。
しかも主人公の体調不良によってヒロインがうろたえることがシナリオの重要な点でもあるため、
プレイヤー側としては「…いや……元気なんすけど…」と唖然と画面を見守る事になる。

選評その2    

「無益」や「無価値」であるならまだしも「有害」であるとすれば、遇する道を知らぬな……

そう評するしかないゲームの名前を諸君らはご存知だろうか?
「piaキャロットへようこそ!!4 ~夏の恋活~」
2011年2月24日に発売されていた、一種の産業廃棄物である。

根強いファンが存在した「piaキャロットへようこそ!!」シリーズのナンバリングタイトル4作目であり、
当作品は2009年にエロゲとして発売された物を、コンシューマ用にエロ部分を削除してXbox360に移植した物体だ。

当ゲームのジャンルは「ファミレス恋活ADV+SLG」となっており、
主人公を育てるSLGパートと、各ヒロイン達との交流を深めるADVパートが存在している。

では、まずSLGパートについて紹介しよう。
主人公には「容姿・優しさ・根性・仕事・体力・学力・不評・体調」という8種類のパラメータが存在し、
基本的に「体調」が0にならないよう維持しつつ、「不評」以外の全ての項目を上げるという形になっている。
だが、このパラメータが行かされるのは「エンディング分岐」のみであり、
それ以外のゲームの進行やADVパートのシナリオ内容には一切影響しない。
「どのキャラにはどのくらいのパラメータが必要」という説明もヒントも無いため、
基本的に全パラメータMAXを目指しつつプレイする事になる。

「容姿・優しさ・根性・仕事」の4つは店の担当部署によって上がる項目が変化するが、
基本的に全ての項目が満遍なくUPする「デリバリー」を選んでるだけでゲーム中盤過ぎくらいには
全パラメータMAXになってしまうような大味なバランスとなっている。
「選んだ部署によってイベントが変化するのではないか」と思うかもしれないが、
メインキャラのシナリオ全編を通して、選んだ仕事によって変化するイベントは指三本で数えられる程度であり、
隠しキャラシナリオも発生条件が「デリバリーを選ぶ事」なのでわざわざ別の部署を選ぶ必要性は無い。
なお、ゲームジャンルをSLGと銘打っているが、別に各パラメータが上昇したからと言って
業務効率が上昇するというような要素は無いし、給与や昇進などといった概念も全く無い。
本当にエンディング分岐にしか影響しないのである。
「体力」を上げると休養した時に体調の回復量が上昇する効果があるが、
ゲーム開始直後に2回ほど休養すればあとはシナリオ終了までする必要がないので完全に死にステになり、
「学力」に至っては一体どんな効果があるのかという説明すら無い。

このように「育成SLG」部分は最悪を極めたような作りになっている。
では、「恋活ADV」としてはどうか。
「恋活」という単語の意味がわからないので、とりあえず単純にADVとしてのゲームの流れを見てみよう。
ゲーム内の一日は

(1)朝の行動パート
(2)仕事選択パート
(3)仕事後の会話相手選択パート
(4)夜の行動パート

の4段階になっており、(4)が終わった時点で1日が終了する。

(1)と(4)には「移動」という項目があり、女の子がいる地点を選択する事によって、その女の子との会話イベントが発生する。
この「移動」だが、移動できる場所は19箇所あるのに対し、ゲーム開始から全キャラコンプリートまで
「移動」によるイベントが何一つ発生しない箇所が10箇所ある。
残り9箇所のうちの1つは1回しかイベントは発生しないし、残りの一つは非攻略対象の男性キャラなので行く必要が無い。
もし間違ってこれらの無駄ポイントに移動してしまうと、キャンセルが効かないのでロードし直すしか無い。
ただの嫌がらせ用デコイである。

基本的にゲームは
(1)で攻略キャラの場所に「移動」して会話し、
(2)で仕事部署を選んで働き、
(3)でその日出勤していたキャラの中から1人選んで会話し、
(4)でまた攻略キャラの場所に「移動」して会話する。
…という流れになる。たまに(1)と(4)で攻略キャラが居ない場合もあるので、その時はパラメータ上げになるだろう。

この作業をゲーム内時間で1ヶ月もの間ひたすら、延々と、何度も何度もやりつづけるのである。
しかも全キャラコンプリートを目指すならそれを8回だ。
序盤から個別のイベントが同じ日に重なっている事が多いため同時攻略は不可能であり、
1キャラクリアする度にほぼ最初からこの作業をやり直す事になるのだ。

ここまで説明した各ゲーム要素は完全に不要である。
わざわざこのような作業をプレイヤーに課す意味が皆無であり、ゲーム的に面白くしようとした跡すら見られない。
育成パートでは各キャラをSD化したアニメーションが流れ、それだけならまぁ可愛いと言えるのだが、
基本的にその全ては「一回観ればいい」程度の代物であり楽しむまでには至らない。一周目の最初の数日で飽きてしまう。
一応ボタンを押せば飛ばせるが妙にキーレスポンスが悪く、仕事パートでは昼・夜バージョンが連続して流れるのでイライラする。
要するに、このアニメーションですら不要である。
製作者が(おそらく)こうすれば面白いだろうと作った要素全てがプレイヤーを苦しめる……!
「ゲーム開始時に1キャラ選んだら後は一本道のノベルゲー」にした方がどれだけマシだったことか…!

では、肝心のシナリオ部分の解説に移ろう。
攻略キャラは隠し含めて全8人だが、本当に顧客を楽しませようと言う気概があったのかと問いたくなるほど
その内容は薄く、陳腐で、場当たり的である。
序盤に伏線のつもりなのかやたら同じ単語を繰り返し、中盤それを回収したら、力尽きたかのようにアッサリ終了するのが3人。
1人で勝手に大騒ぎした揚句、主人公関係なく解決して、気付いたら何故か妊娠してた従姉。
ちょっと喧嘩して仲直りしたと思ったら一線を越えた仲になっている実妹。
なんか格ゲーしてるだけで突然彼女になる同僚。
ストーリー根幹が丸被りで、しかも隠しキャラの方がシナリオの出来が良いために完全に不要になるメインヒロイン。
…と、プロット書いたかどうかすら疑ってしまうようなシナリオがずらりと並ぶ。
なお、隠しキャラだけは普通に読める出来ではあるが、王道すぎて簡単に先が読めてしまう内容だ。

また、キャラ設定にも不備が目立つ。
序盤や中盤のイベントで突然「新設定」が飛び出してくる事があるが、
殆どはそのイベント内だけのもので、以後のシナリオには一切関与してこない。
主人公もその他のキャラも「そんな事は無かった」と言わんばかりに振舞うため、
プレイヤーは「今のは何だったんだろう…。」と考えながら呆然と画面を眺める事になる。
キャラの掘り下げなんかも一切ないので、ハッキリ言って公式サイトのキャラ紹介見ながら色々妄想してる時が一番楽しかった。
主人公にも妙なキャラ付けが為されており、ルートによってはやたら軽いチャラ男になったり、
口癖を連発してプレイヤーをイライラさせるなど、感情移入もへったくれもない。

シナリオのメリハリも無く、起こる出来事と言えば「喧嘩(すぐ仲直り)」か「軽い仕事のミス」程度でどれも退屈極まる。
珍しく事件が起きたかと思えば
「湖で幼女が溺れていたので助けたら、見直してくれた」
「トラックに轢かれそうになっていたので助けたら、娘との交際を許してくれた」
などと既視感バリバリの内容となっている。一体いつの時代のストーリーなのだろうか。
しかもキャラのうちの1人はこういった出来事すら一切無い。

ただでさえ酷いシナリオに、システム面が追い打ちをかけてくる。
前述のADV・SLGパートが切り替わる際、必ず主人公がどうでもいい定型文を口走るため、
シリアスなシーンから暗転したとしたら突然呑気な言葉(とBGM)が流れてそれまでのシーンを台無しにしてしまう。
「女の子と会う」という行動も行動力である「体調」を消費するので、
朝彼女に挨拶しに行ったり、キスしただけで体調を崩す主人公の姿を見る事ができる。
また、「エンディング分岐条件がパラメータのみ」なので、
どれだけ女の子と仲良くなってようが、キスしてようが、Hしてよう(該当部分は飛ばされる)が、
バッドエンドに突入すれば主人公は「何しに来たかわからん一ヶ月だった。働いてた事しか記憶にねぇや。」と勝手に自己完結して帰ってしまう。
バッドエンド分岐はゲーム最終日に行われるため、それまでのイベントを全て見ていても
「パラメータが足りない」というたったそれだけの理由でエンディングを見せて貰えないのである。
ここまでのプレイでは一切関与してこなかったくせに…!

オートプレイにしてもボタン操作を要求してくる箇所があったり、
既読スキップも、未読までスキップしたり既読なのにスキップされなかったりと不安定な挙動を見せる。
操作ミスや育成対策のためにセーブはこまめに、それも上書きせずにこまめに残しておく事が結構重要なのだが、
セーブ数が多くなれば多くなるほどセーブ・ロード画面の読み込みが鈍重になり、プレイヤーの心に重しを載せてくる。
謎の処理落ち・フリーズバグも搭載されているため、セーブの重要性はさらに高まるのだが、
セーブ中・ロード直後にすらこのバグは発生する。
そもそも遊ばせようと言う気持ちがあるのだろうか?

SLGが面白いなら、シナリオが酷くてもある程度許せたかもしれない。
シナリオが面白いなら、SLGの酷さには目を瞑るかもしれない。
両方とも酷い、おまけにバグまであるとなると…救い様がないじゃないか……。

その他細かい点については選評1に準拠するので、こちらはここの辺りで筆を置くとしよう。

最後に一つ言いたいことがある。
このゲームは「無益」「無価値」であると同時に、
プレイヤーの気持ちを悪い方向に持って行く「有害」な成分が含まれている。
本当の意味で笑えないゲームなので、突撃・購入は絶対にやめよう。

選評その3    

※必ずお読みください→

これは男性向け18禁PCゲームではない。
「CERO C」と判断された誰でもプレイ出来るゲームに関する文書である。
PC版をプレイした貴方は幸運だ。エロシーンがあるのだから。
しかしこれはCS版であり、PC版ではない。
PC版の存在を完全に忘れてから以下の文章に目を通すようにして欲しい。

ちなみにゲームの攻略や、ネタバレに関する文章を多数含んでいる。
プレイするのを楽しみにしているのなら、読まない方が賢明である。

←※必ずお読みください



タイトル 『Piaキャロットへようこそ!!4 ~夏の恋活~』
機種 【Xbox 360】
発売日 2011年2月24日
通常版 6,980円(税込7,329円)
発売 PIACCI


早速だがこのソフトの紹介をしていこう。
パッケージはクオリティがあまり高いとは言われない絵のヒロイン2名が描かれている。
裏を見ると
「ファミレス恋愛シュミレーションの最新作がXbox 360で登場!」
わざとなのか誤植なのかは突っ込むまい。

これは「Piaキャロット」(以下Pia)と言う名前のファミレスでバイトとして働き、
仕事仲間と恋愛しようと言う目的の作品である。
姉・妹・幼なじみ・ボーイッシュ・男嫌い・無口・後輩・病弱
それなりに個性豊かなヒロイン達がプレイヤーを出迎えてくれる。

簡単な紹介を終えた所で主となるゲーム内容を紹介しよう。
まずはキャラや世界感紹介のプロローグがあり、それを終えてからが本編となる。
本編は7月28日~8月28日の一ヶ月間となっている。
その間に一定条件を満たすとハッピーエンドとなり、満たせなければバッドエンドとなる。
本編は主人公のパラメータ変動が主なSLGパート、女の子との会話を楽しむためのADVモードがある。
ハッピーエンドを目指すには2つのモードを計画的にやりくりしてプレイする必要がある。
それではSLGパートから説明しよう。


■.1 SLGパートの紹介

一言で言うと邪魔で済んでしまうが、それだと味気ないので簡単に説明する。
「いる」「いらない」ではなく「邪魔」だと言う事を把握しているなら「■.5」まで読み飛ばして構わない。

まずはパラメータを紹介しよう。
容姿・優しさ・根性・仕事・体力・学力・不評・体調
以上の8種類がある。
全て最大値は10であり、体調以外は1づつしか上がらない。
パラメータが変動した際に、どのパラメータが上がったか表示される。
しかし0.5秒程しか表示されず、何が変動したか最初は全く分からないであろう。
セーブ画面には表記されているので、セーブすれば確認は容易である。
しかし後述の要素により、確認する気が全く起きないのでどうでも良くなってくる。

紹介順とは前後するが、先に不評と体調の説明をする。
不評と言うパラメータは上げてはならないパラメータであり、なるべく0が望ましい。
しかし上げる方法は選択肢しか無いので気にする必要はない。
細かいセーブを取れば、上がってしまうのは簡単に回避出来るだろう。
体調は主人公の行動ポイントの様な物である。
何かしらの行動をすると下がり、日付変更やイベント、休養コマンドで上げる事が出来る。
0になってしまうとゲームオーバーである。
プレイ開始後に2回休養コマンドを選べば0になることはないので気にする必要はない。

残り6つのステータスは、上がれば上がるほど良い。
合計で50後半ぐらいまで上げればハッピーエンドを見る権利を得られる。
エンディング以外のイベントには一切関わらない。
他のステータスに影響を与えるものもあるが気にしなくてよい。


一日の流れなのだが
「朝の寮での行動パート → 仕事の行動パート → 仕事終了後の行動パート → 夜の寮での行動パート」
基本は以上のローテーションで進み、休日の場合は仕事の行動パート2種類が無くなる。
なんらかのイベントがある場合は、イベントによっていずれかのパートが無くなる場合がある。


メインとなる寮での行動から説明しよう。

移動:移動先に居るキャラと会話出来る。
休養:体調が回復する。
勉強:学力が上がる。
鍛錬:体力が上がる

基本はこの4つから選ぶことになる。
それ以外に「Go Next→」と言うコマンドがある。
これを選んでしまうと、何の行動も起こさずに次のパートに移行してしまう。
だが安心して欲しい。これはコマンドの一番下にあり、選ぶことはまず無いであろう。
カーソルを移動させる際に若干のもたつきがあるのだが、
そのお陰で一番下までカーソルを移動させる気が失せるからである。
上から下へ、下から上へカーソルがループする事も無いので事故の心配もない。
もし何もやることが無ければ休養を選べば良い。
移動コマンドのすぐ下にあり、カーソル移動が少なく済むのでストレスが溜まりにくいからである。

体調を維持する為に休養を2回選ぶ必要がある。
それ以外には体力と学力は寮でしか上げられない為、勉強と鍛錬は優先して選択しなければならない。
しかし移動を選び女の子と会話をしなければ、いくらステータスを上げても無意味である。
どうすればいいんだとお嘆きの貴方。安心して欲しい。
頻繁なセーブを心がければ大丈夫である。
具体的には、SLGパートに突入したらセーブし、
お目当ての子と会話して、大事な会話だと思わなければ、ロードしてSLGパートに戻ればよい。
うまくやれば攻略サイトを見ずとも、大抵は18日にステータスがカンストするであろう。


次に仕事の行動パートでの行動を説明しよう。

仕事は5種類あるが基本はデリバリーを選べばよい。
デリバリーは他の仕事の上位互換であり、寮では上げられないステータス全てが上がるからである。
他の仕事は選ぶ必要がないのか、との疑問が湧くであろう。
実は他の仕事を選ぶ必要もある。
お目当てのキャラと一緒に仕事をすると、大事なイベントが発生する場合がある。
どうすればいいのか解らない貴方。安心して欲しい。
これもまたこまめなセーブを取れば問題ない。
具体的には仕事パートでセーブし、お目当てのキャラと仕事をする。
何も発生しなければロードして戻り、デリバリーを行えば良い。
ちなみにSLGパートで発生する固有イベントの殆どが非常に重要であり、
見なければバッドエンド確定なものばかりである。
各キャラ毎に0~10程度だったと思うが、
いつ発生するかは選ぶまで解らないので、全ての日付で試した方が賢明だろう。
これもこまめにロードし直してデリバリーを選べば、18日にはカンストする。

つまりこまめなセーブとロードを繰り返せば18日には全てカンストするのだ。
多少要領が悪くとも意識していれば、23日にはカンストするであろう。


仕事後の行動パートは、出勤している好きなキャラと会話するのみである。
パラメータの増減は選択肢以外に無い。

SLGパートはひたすらに同じ物ばかり選ぶだけでよい。
ゲーム性は無く面白みも無い。
イベント回収とパラメータの両立も、セーブとロードで容易である。
どのようなステータスにしようと、エンディング分岐以外には何も関わらない。

SLGパートの紹介をする際邪魔だと表現したが、これなら邪魔ではなく不要なだけではないのか?
否、邪魔なのはたったそれだけの理由ではないのだ。


■.2 SLGパートがあることによる弊害

このゲームには、残念ながらシーン回想が搭載されていない。
それもあり筆者は重要シーンや選択肢の度にセーブデータを残していた。
セーブ箇所が100ヶ所あるのは筆者のようなプレイヤーには嬉しい仕様である。
しかしセーブデータが50を超えだすと問題が発生するのだ。
セーブ及びロード画面を開くのに10~30秒程かかるようになる。
上書き保存でセーブデータの数を極力少なくすれば大丈夫ではある。
しかし、そうで無くとも真面目にプレイすれば非常に細かいセーブとロードを強いられる。

朝は寮でセーブし会話をして重要で無いと感じたらロードし直しステータスを上げ、
仕事前にセーブしヒロインを追いかけ何も無ければロードしデリバリーを選び、
仕事後は選択肢があればセーブし、
夜は寮でセーブし会話をして何も無ければロードしてステータスを上げる。

カンストが見える中盤まではこの作業を強いられるため、テンポが非常に悪い。
テンポが悪いだけならともかく、
シーン回想が無いというのに、セーブデータと言う思い出を残してしまうと非常に辛いのである。


つまらないSLGのお陰で、一日毎に日付を進めなければ行けない。
そのせいで、イベントとイベントの間に何も無い日が頻繁に挟まってしまうのである。
勿論全く会話が無い日もあるが、会話はあるがクリアには読まない方が良いものが殆どである。
そのせいで上記のセーブロードを繰り返す作業を、
読まなくていい会話がある度に、何度も何度も繰り返すハメになってしまうのだ。
セーブしては女の子に会いに行き、何も無いことに落胆してロードし直す。
終盤になると、セーブして女の子に会いに行こうと思ったら誰も居ない事もある。
居ないなら居ないでも構わないが、セーブ自体にストレスが溜まるので若干いらつくことを付け加えておく。

仮にSLGが無ければどうだったであろうか。
ステータス管理がなければわざわざセーブやロードをする必要がない。
何も無ければステータスの為に読まない方がいい会話が、読んでもいい会話になるのだ。

つまり面白くも何とも無いSLGのせいで、ゲームクリアには何の意味も無いが、
雰囲気を味わうための「あそび」になる会話を楽しむのにストレスが溜まるのである。

上記の弊害に比べればマシだが、まだ弊害はある。
適当にやるとバッドエンドの確率が高いので、序盤からステータス上げを意識しないとダメなのだが、
ステータス上げを意識すると、早くて17日にはステータスがカンストするのだ。
そのせいで、終盤には何の意味も無い日と言うのが存在する。
SLGパートさえ無ければそんな日はすっ飛ばせるだろう。

ここまで読んだ方ならわかるだろう。
SLGパートは邪魔なのである。

必要>あってもいい>どっちでもいい>無くてもいい>不要>>>>>>邪魔

SLGパートのクソっぷりを説明し終えたので、次はADVパートの説明に移ろう。
しかしADVパートにもSLGが絡むのでもう少しだけお付き合い願いたい。


■.3 SLGパートとADVパートの融合

女の子と仲良くなるのが最終目的なのだが、仲良くなる為に必要なのは会話である。
ステータスはEDの分岐にしか使われないので、仲良くなるのには必要ない。
会話が発生するタイミングは複数あるが、能動的に会話を発生させる事が出来るのは最高で日に四回である。
以前にも説明したが、
「朝の寮での行動パート → 仕事の行動パート → 仕事終了後の行動パート → 夜の寮での行動パート」
以上各パートで発生させられる可能性がある。
名前が長ったらしいので以下
朝パート・仕事パート・仕事後パート・夜パート
この様な表記にさせていただく。
パートと言う言葉がゲシュタルト崩壊してきたので説明しておこう。

パート【part】

1 部分。区分。また、章・編。
2 役割。分担。職分。「チームで重要な―を受け持つ」
3 音楽で、一つの声部。また、楽器別の受け持ち部分。「―譜」
4 「パートタイム」「パートタイマー」の略。「―で働く」
(参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/173044/m0u/[外部リンク]

この文章内では1の意味で使っている。

順番が前後するがまずは仕事後パートから説明しよう。
仕事後パートは、文字通り仕事の後のパートである。
仕事に参加していたキャラと会話が出来る。
会話以外の選択肢は無いので、何も考えずお目当てのキャラと会話すればよい。
このパート開始時にキャラのアイコンがくるくる周り、惰性を伴ってストップする。
アイコンの位置には法則性はあるが、毎回探す必要がある。
回っていたら探しづらく、微妙にストレスが溜まる。
止まるのが早くならないかとAボタンを押してしまうと、会話パートに突入してしまうので待つことを余儀なくされる。
しかし安心して欲しい。
カーソルを移動させなければ、前回会話したキャラの位置にカーソルが固定されているのである。
何も考えずボタンを連打すれば良いと言う親切設計である。
しかし最初は気づかずに、カーソルを移動してしまいがちである。
アイコンが回るアニメ中にもカーソルの移動は可能なので注意して欲しい。
筆者は序盤に何回もやらかしてロードしなおすハメになった。
ちなみに二周目以降限定ではあるが、既読スキップをONにしていれば回るアニメがカットされる。

次に仕事パートだが、これも仕事に参加しているキャラとの会話が出来る。
出来るとは書いたが、発生しない事が殆どである。
仕事パート自体は20回以上こなす必要があるのだが、発生するのは0~10程である。
隠しキャラを除くと0~2程しかなく、さほど多くはない。
しかしその0~2が非常に重要で、発生させずに進めた場合はバッドエンド直行である。
数はともかく非常に重要なパートなので、セーブロードを強いられるのは言うまでもない。

最後に朝及び夜パートだが、これは時間以外は全く同じ物である。
移動コマンドを使用してお目当てのキャラが居る場所に行く必要がある。
移動コマンドで行ける場所は合計で20近い場所がある。
しかし8キャラ中6キャラは、部屋からテコでも動かないので探す必要はない。
残りのうち1キャラは後半になると出没位置が「部屋→公園」に変わるだけである。
これはシナリオ中盤でPiaの寮から出るためである。
後半では家に帰り、家の近くの公園で会うようだ。
もう1キャラは部屋かPiaのどちらかにいる。残業で帰れないらしい。

全キャラ共通で、移動コマンドを使っての会話が出来る場合はアイコンが表示される。
SD化され、普段のキャラの立ち絵とは似ても似つかないアイコンなので誰が誰かはぱっと見解らない。
髪の毛と目の色で一応は判別可能である。
一部キャラに関しては最序盤を除きアイコンが表示されない。
勿論家からはテコでも動かない。だから探す必要は無いので安心して欲しい。

前後半で出現位置が変わるキャラを除き、移動コマンドは完全に不要である。
ちなみに残業で居残ってるキャラは、仕事後パートに回せば良かったと思われる。
不要であるとしたのは、移動箇所が複数あるにも関わらず、
出現位置が変わるキャラが殆ど居ないからである。
そもそも移動コマンドが全く活かされておらず、これもまた不要である。
例えば、部屋にアイコンがあるので会話をしに行った。
しかしアイコンを選んで会話パートが始まったと思ったら公園にワープしている。
この様な現象はしょっちゅうである。
序盤こそ違和感を感じるかもしれない。
一人クリアし二人クリアし、それこそ終盤になると気にもならなくなってくるので安心して欲しい。
問題は「いらない」と胸をはって主張出来るこの移動パートがストレスを生む事である。

マップを呼び出した状態ではセーブが出来ないので、まずはセーブをする。
その後に移動を選び、移動するためのマップを呼ぶのに若干待たされ、
キャラによってはマップ切り替えを要するのでそこでも若干待たされる。
アイコンがあるなら会話しにいき、会話の重要度を判断して、殆どの場合はロードし直し、
居なければ徒労感を味わいながらステータスを上げる作業をする事になる。

秒数にすると、30秒+セーブ画面の開閉時間程度である。
それにも関わらず、中盤まではこの作業を毎回強いられるので、若干ストレスが溜まる。
しかし安心して欲しい。
セーブデータを増やさないよう心がければ、複数人クリアする頃にはなれるのである。


■.4 SLGパートの説明を終えて

ここまでひたすらSLGと思われるパートの説明をしてきた。
ストレスは溜まるが終盤にはなれる物ばかりである。
実際は筆者もセーブ画面開閉以外は何も感じなくなった。
会話パートも機械的にこなせるようになった。
長いイベント以外はどうでもよくなるのである。

しかし冷静に考えて欲しい。
何も感じなくなった。
ゲーム部分がいらなくなったと言うことである。
会話パートも機械的にこなせるようになった。
会話部分を楽しめなくなったと言うことである。

某所ではこのゲームをプレイすると精神崩壊を起こすと言われている。
実際は精神など崩壊しないし、心だって壊れたりはしない。
しかしゲームを楽しむ、と言う感情は完全に麻痺してしまった。
麻痺させないとストレスを感じてしまい、非常に辛いからである。

このゲームの唯一「ゲーム」と言える部分がどれだけクソか、おわかりになっていただけただろうか?
「いらない」ではなく「邪魔」だと言える事が伝わっているなら幸いである。


■.5 シナリオ

ゲーム部分がどれほどのクソか、どれほどつまらないかと言うのを列挙してきた。
しかしこのゲームのメインはシナリオである。
シナリオさえ良ければ、他がどれだけ悪かろうと目を瞑れるであろう。
ここまで説明してきたSLGのクソさは、コース料理の一部がまずかった程度に過ぎない。
メインディッシュはシナリオなのである。
それではまず、各キャラ紹介なのだが以下の公式URLを参照して欲しい。

http://fandc.co.jp/pia4/character/[外部リンク]

中央が主人公であり、桜庭アリス以外が攻略対象である。
フルネームを列挙するのも冗長になるので、以降キャラ名は特筆すべき事が無ければ名前のみとする。
ここにいるキャラ以外にも「はるな」と言う隠しキャラが居る。
全てのキャラのあらすじをざっと紹介しておこう。


・朱美
勉強を教えてもらい、PC操作を教えると男女の付き合いになった。
売上が落ちたことに責任を感じ退職を決意する。実質的な降格になりエンド分岐へ。
ハッピーエンドになると、7ヶ月ぶりに再開した際に妊娠している。

・ゆな
主人公のリハビリに付き合ってもらい、花火を見たら男女の中になる。
終盤は主人公が単独でリハビリしてエンド分岐へ。
ハッピーエンドになると、主人公がイップスを克服。

・蒼空
主人公が毎日オセロに誘い、きつい物言いで周囲から孤立した際に主人公が慰める。
周囲と和解を果たし男女の中になる。
更にある程度交際を重ねエンド分岐へ。
ハッピーエンドになると、付き合い継続。

・さゆり
毎日嫌な顔されつつもめげずに主人公が部屋に話しかけに行く。
その後溺れてる女の子を助け、落ちてくる荷物から庇い、強がりを一喝すると男女の中になる。
その後さゆりが序盤から語っていた夢を叶えエンド分岐へ。
ハッピーエンドになっても特に何も無い。

・よしみ
毎日様々な場所でゲームの対戦をする。
ある日主人公の部屋で秘蔵のエロファイルをよしみが見る。
それをきっかけに男女の仲を意識して、そのまま男女の仲に。
付き合いを継続してエンド分岐へ。
ハッピーエンドになると、アリス・よしみ宅へ下宿する事になり、よしみが妊娠する。

・ミサ
お互いがお互いのリハビリを助けあう。
共通イベントである旅行先で男女の仲に。
以降はミサのトラウマが大分薄れるイベントをはさみエンド分岐へ。
ハッピーエンドになると、翌年もPiaに二人でバイトに行くことになる。

・彩花
彩花の女性っぽくない趣味を肯定すると男女の仲になる。
その後に彩花の父が轢かれそうな所を助け、交際を認めてもらいエンド分岐へ。
ハッピーエンドになると、主人公がPia7号店に戻る。

・はるな
ある条件を満たしてから出前に行くと出会えるキャラ。
毎日会い、主人公が昔にも出会った事を思い出す。
主人公が走るきっかけとなったキャラで、とある約束のためにリハビリを開始する。
手術を受ける用に説得をし、説得が済んだら27日の誕生日を祝うイベント。
誕生日イベントの後にキスをしエンド分岐へ。
ハッピーエンドになると、手術が成功する。バッドだと不明。
主人公はリハビリ後初となる大会前日に男女の仲になる。
俺たちの大会はこれからだ!! で終了。


補足として主人公の境遇と「イップス」と言う言葉についてを説明しておく。

主人公はスプリンターなのだが、ある日アキレス腱断裂事故にあった。
肉体的には完治したがイップスを患ってしまう。
そのせいで全力で走ることが出来ず、今回はリハビリの為に数日の予定でPiaに行くことにした。

イップス (Yips) は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことである。本来はパットなどへの悪影響を表すゴルフ用語であるが、現在では他のスポーツでも使われるようになっている。
(Wikipediaより抜粋)


以上シナリオについて簡単に説明させてもらった。
シナリオは一部キャラを除き、非常に薄いのである。
薄いだけならともかく、中身も非常につまらない。つまらないと言うより酷い。

非常に腹が立つ主人公の口調
伏線もクソも無い超展開
平気ですっ飛ばされる時系列
謎のぶつ切り
活かされないキャラ設定
とにかく不憫なとあるキャラ
プレイヤーの知らない所で身体を重ねてるヒロイン
わざとらしい語尾によるキャラ付け
度重なる茶番
プレイヤーを置いてけぼりにして進んでる話
記憶障害を幾度も起こす主人公
前半と後半で性格や口調どころか声まで変わるヒロイン
補足もクソもない夢オチ
各キャラの後半のシナリオが殆ど蛇足

極めつけは女の子とどれだけ仲良くなろうとも発動するバッドエンドである。
大事な約束をしようがキスをしようがセックスをしようが突入してしまうのである。
しかもこのバッドエンドは全キャラ共通である。
バッドエンドで主人公の地の文が、
「働いたという思い出はいつまでも残っていると思う。」
これは原文である。
つまり何をしようが「働いた」以外の思い出が残らないと言うニュアンスである。
最後の締めになるセリフ。
「ミサ!! また、ここへ帰ってこような!!」
もう二度とバッドエンドは見たくない。プレイヤーはそう感じるであろう。

他にも書き切れない程の物がある。
シナリオは読めば読むほど粗が見えるので読まないのが妥当である。
ただただ邪魔なSLGとは違うが、シナリオ自体も簡単に言ってしまえばいらないのである。



■.6 グラフィック

ではグラフィックはどうだろう。
CGのクオリティが高ければ、CGカタログとしての価値があるかも知れない。
しかし残念ながらグラフィックもこのゲームはダメなのである。
まず公式サイトを見て欲しい。

http://fandc.co.jp/pia4/cg/[外部リンク]

ここに差分は無いが52枚ものCGが公開されているのだ。
しかも左上には「HイベントCG」と言う物もある。
18歳以上ならば、このゲームには未収録のCGが20枚以上も閲覧できてしまうのである。
公式のHイベントCGでは同じCGが何故か2枚公開されているが、それについては割愛する。

だが勿論公式サイトにも公開されてないCGもある。
しかしそれらも軒並み残念な出来である。
CGとしてのクオリティ以前に上下が見切れているのである。
物によってはおでこより上部分が完全に見きれてしまい、非常に残念である。

まだ問題がある。画像が16:9のワイドに対応して作られているのである。
ワイド画面でやるなら何の問題もない。
しかし4:3の従来のモニタでプレイすると、アスペクト比がおかしくなるのである。
16:9対応のワイドモニタ以外は、上下が見切れているだけではなく、アスペクト比すらまともではないのだ。
これならばアスペクト比だけではなく、上下の見切れも無い公式にあるCGの方がマシと言うものである。

アスペクト比や、上下の見切れに目を瞑るとして、クオリティの面ではどうだろうか。
クオリティも高いとは言えないのである。
特に酷いのがよしみと言うキャラである。
鬼ノ仁と言う漫画家がキャラデザインをしてるのだが、線画はともかく塗りが酷いのである。
塗りのせいでキャラの顔がヒラメの様になっており、見るに耐えない物になってしまっている。
CGによっては線画の時点で右手首が折れているような物もある。

酷いのはイベントCGの一部だけではないのか?
そんな事はない。通常時の時点で既に酷いのである。
このゲームを開始して最初に見るのはOPであろう。
OP自体もクオリティが高いとは言えないが、特に問題の無い出来である。
ではその後にゲームを開始してから見るのは?
背景である。
最初は何も違和感を感じないかも知れない。最後まで何も感じないかも知れない。
しかし一度気づいてしまえば、見過ごせない出来なのである。
どう考えても異質な形の寮の部屋。
存在しない物体の影。
鏡に映るはずのない角度で映る机。
窓にはどう考えても映り込まない位置のドアノブ。
屋上にある手すりの高さは安定しておらず、厨房の引き出しはどう考えても開かない構造である。
果てはサバンナにしか見えない競技場のトラックが存在する。
カーブがある分サバンナの方がよっぽどトラックらしい。

これだけでなく、他にも突っ込みどころは数えきれないほどあるのだ。
しかしこれらは、流し見なら何も思わないかも知れない。
じっくり見ればダメな部分が目立ってくるので、流し見するのが正解である。
流し見だけならば公式のギャラリーを眺めれば十分である。
そもそも18歳以上のプレイヤーなら公式の18禁CGが見れるのである。

つまり18歳以上であるなら、グラフィックは全く見る価値が無い。
18歳未満であろうと、見切れの無い公式CGを見れば殆どのCGが閲覧出来るのである。
公式で見られないCGに価値があるかどうかは、公式のCGを見て判断していただきたい。
少なくとも筆者は公式CGだけでお腹いっぱいである。


■.7 音

このゲームにおいて、一番重要だと思われるのはボイスである。
キャラによっては癖があるが悪くはない。
朱美は筆者お気に入りの草柳順子女史であるし、ゆなは癖が強いが筆者のお気に入りである。
男キャラも一人を除き良い演技をしており、ボイスに関しては褒められる点である。
主観ではあるが気になった点として、さゆりのボイスが下手なわけではなくイメージに合わない気がした。
男嫌い設定なのだが、声が優しいお姉さんなのである。
シナリオからして優しい上司を感じさせると言うのに、声まで優しいと台無しであるように感じた。

このゲームはフルボイスなのだが、一部会話シーンでボイスが再生されない不具合がある。
毎回同じシーンで唐突に再生されなくなり、同じシーンで唐突に復活する。
そこまで重要では無い部分なので目を瞑ろう。

BGMに関しては可も無く不可も無くと言った印象である。
しかしバッドエンドで使われる曲が流れると非常に辛い。
「また、ここへ帰ってこような!!」が頭にチラつき、曲調以上に悲しくなってくるのである。
他にクソでは無いが若干気になった部分があるので列挙しておく。
さゆりのテーマ曲のイントロが、スピッツの「涙がキラリ☆」のサビに酷似している。
ゆなのテーマ曲のAメロが、となりのトトロと若干似ている。
似たようなコード進行と言うのは存在するので、そこまで気にするほどでもないだろう。
しかし一度気づいてしまえば、もうそれにしか聞こえなくなってしまう。

■.8 その他システム

このゲームにはバグなのか仕様なのか解らない不具合が多数存在する。
気にならない、気にしない、そもそも遭遇しない物など多岐に渡る。

軽い物だと、既読スキップを使用した場合、既読スキップ解除後1ページ目の音声が再生されない。
朝パートから仕事パートへ場面転換する際に、英文字が出て一瞬暗転する。
その際にメニューを開くと、カーソルだけ表示され、メニューが暗いままになる。
閉じて明るくなってから開きなおせば元に戻る。
最初に3種類の制服を選べ、ゲーム中にはシステムボイスを好きなキャラの物に設定出来る。
しかし一度電源を落とすと、どちらもデフォルトに戻されてしまう。
無駄に処理落ちが発生する。文字が出てるだけなのに何故かカクつくのである。
処理落ちは立ち絵のあるキャラが動く際も発生する。
微妙に鬱陶しいが、Aボタンで動き自体をキャンセル出来る。
そもそもある程度プレイしたなら、キャラが動いた瞬間にAボタンを押しているだろう。

プレイに支障が出てくる物では、前述したがセーブ個数が50を超えた当たりで、セーブ画面を開くのが極端に遅くなる。
ちなみにプレイ中にセーブデータを消す手段は無い。
ダッシュボード → 設定 → システム → データ保存機器の管理
 → 保存した機器を選択 → ゲーム&アプリ → Piaキャロットへようこそ!!4
 → 該当セーブデータを探す → 削除 → 削除しますか? → はい
この方法なら一つずつ消す事が可能。
よしみルートではよしみのアイコンが表示されない。
ステータスが変動した際の確認が、無駄に反射神経を要求される。

最も酷い物ではフリーズが存在するらしい。
ゲーム開始画面。セーブ画面。プレイ中。いついかなる時に発生するかは不明である。
フリーズが存在する「らしい」としたのは、筆者は50時間以上プレイしたにも関わらず遭遇しなかったからである。
興味のある方は是非プレイして試して欲しい。


■.9 総括として

このゲームは真面目にプレイしてはいけない。
真面目にプレイし、楽しみを探せば探すほど、ダメな部分にしか目が行かなくなるからである。
朱美シナリオでは、しょぼい朱美の悩みは記憶せず、悲しげな声とお姉さんぶった声だけ聞いていれば良い。
ゆなシナリオでは、主人公のリハビリは気にせず、献身的なゆなの声だけ聞いていれば良い。
つまりそれっぽい声だけ聞くのが、このゲームの正しい遊び方であろう。
しかし声だけ聞くのにもSLGが非常に邪魔である。

SLGを無視したとしても真面目にプレイしてはいけない。
シナリオには粗しかなく、グラフィックも突っ込みどころ満載で、涙がキラリ☆にしか聞こえないBGM。
「たはは;」「うぐっ;」「って、なぁ~んちゃってね♪」等殺意しか沸かない主人公の口調。
回想シーンは無いのに、回想用セーブデータを残すと重くなるシステムの噛みあわなさ。
これらを全て黙殺する神経の図太さがあれば、十分ボイスCDとしては機能するであろう。

仮に真面目にプレイしたならば暗黒面に陥ってしまう。
文章の一字一句に憎しみが湧き、新規背景一つ一つに粗を探してしまい、SLGの不要さにいらついてしまう。
セーブするだけでもストレスがたまり、移動画面にお目当てのキャラが居ないだけで腹が立つ。

間違っても真面目にプレイしてはいけない。そんな価値はこのゲームには無いのだから。

リンク    


  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-10 (水) 11:49:19 (816d)