概要    

名称大奥記http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FMNMXA/[外部リンク]
ジャンル権謀術策アドベンチャーゲーム
対応機種PS2
発売元グローバル・A・エンタテインメント
開発元ダフト
発売日2008年6月5日
価格6,090円(税込)
対象年齢CERO:C(15才以上対象)
  • キャッチコピー:「大奥」を舞台にうら若き乙女の復讐の宴がはじまる…
  • 「大臭記」ではない(ジャケ)。「大奥」も間違いやすいので注意。

決定稿(総評より抜粋)    

長い旱魃に飢えるKOTYに恵みの雨が降り注いだのは6月のこと。
二年の長きに渡り延期を重ねた超大作、『大奥記』の上洛である。
大奥での女の争いという需要不明な題材で、
膨大な空き部屋とロードに耐えつつ聞き込みをする「延々サマルトリアの王子を探すだけ」の内容。
歩行はホバリングで襖は自動ドア、キャラは終始無表情で、
果てには序盤から画面表示に「牛の刻」(正しくは丑の刻)
プレイヤーを江戸時代から一気に現実世界に引き戻す「これkら」という誤字。
二年も時間をかけたのは尻のポリゴンだけなのかと思える質素さに、
開発会社が関与に否定的な発言をする「リアル申し開き」を始める有様。
さすが、ファミ通レビューでクソゲー界の征夷大将軍『デスクリムゾン』に並ぶ
13点を叩き出した前評判は伊達ではなく、
上半期の作品ながら今年はこれで決まりかと皆が思い始めていた。
クソゲーが『真の地獄』の片鱗を見せ始める9月までは……

選評    

5月も終わり梅雨の到来が近づく頃、ファミ通クロスレビューが突然に雷雨警報を発した。
あのクソゲー界の征夷大将軍デスクリムゾンと同じ13点を叩き出したソフトの名は「大奥記」。
大奥を舞台に女の戦いを描くというターゲット層不明な内容、
2年にわたる延期とあってスレ住人の危惧…いや期待も高まる。
いざ出てみれば駄ゲーでがっかりが今年前半のパターンであったが、大奥記はさすが格が違った。
大奥と言うより吉宗な感じの質素倹約なグラフィック、キャラがめり込むどころか貫通する机、
移動はホバリングで襖の開閉は超能力と揶揄されるモーションの少なさ、尻の描写だけはPS2クラス。

ゲーム内容は多すぎる部屋をいちいち回って延々証言を集めるのがほとんどで、
登場人物は頻繁に移動するわ、部屋は大半が無人だわ、入るたびにロードが長いわで
あるユーザーに「延々とサマルトリアの王子を探し続ける作業ゲー」と言われる辺りに2代目将軍の貫禄が伺える。
せっかく集めた証拠を発揮する申し開きパートも、空気を読まないチャンバラSEと共に
証拠→悔しがる→証拠→悔(ry~のループ。しかも無表情。
さらに序盤から画面表示に「牛の刻」(正しくは丑の刻)重要なシーンでの「これkら」という、
江戸時代から一気に現代世界にユーザーを引き戻す誤字が用意されており
大奥の世界に浸りすぎない為の引きこもり対策も万全と言え、製作サイドの最後の良心が見え隠れする仕様だ。
開発会社の公式サイトでは、プログラム以外は関わってないとのリアル申し開きが始まる始末で
まさに宣伝文句通り、大奥記は底知れぬ伏魔殿と言えよう。
尚、このゲームはマルチエンディングを採用しているようだが
開発会社に二年間延期して何していたか、という申し開きを聞く事がこのゲームの真エンドと言えるだろう。
(発売から三月を待たずしてサイトが404になった今となってはそれも不可能に等しいが)
発売前日なのに提示された買取価格が200円という珍事も思い出深い出来事であった。

リンク    


  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-29 (日) 08:40:12 (1771d)