2010年 次点

概要    

名称ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002XISALI/[外部リンク]
ジャンル殺し屋アクションアドベンチャー
対応機種Xbox360
発売・企画元マーベラスエンターテイメント
開発元フィールプラス
発売日2010年4月15日
価格5800円(税込)
対象年齢CERO:Z(18歳以上のみ対象)

参考動画    

音ズレ[外部リンク]Wii版とのロード時間比較[外部リンク]

要点    

スレでの呼称は「ノーモア」。2007/12/6にWii専用ソフトとして発売された『ノーモア★ヒーローズ』の移植版。
Wii版との違いとしては、豪華日本人声優陣による吹き替え、残酷表現の追加(Xbox360のみ)、映像が美麗化している点がある。
劣化で済まされないレベルにシステム面が酷くなっており、ロード&フリーズ&音ズレ地獄という有様で、ゲーム自体の面白さが台無しに。
5/13にパッチは予定通り配信され、音ズレと実績のバグは改善された。しかしロードが長いのはそのままで、フリーズ頻度も特に変わってはいない。

  • とにかくロードにかかる時間が長く、その頻度も異常に高い。しかもHDにインストールするだけでは改善しない。
    • 自宅に入るたびに20秒以上のロード、自宅から出る際も20秒以上のロード。
    • ミッションを開始する際に20秒以上のロード、ミッションを終了後も20秒以上のロード。
    • 店などから街へ出るたびに50~60秒のロード。その他にもありとあらゆるイベントの読み込みで30秒以上のロードが発生する。
  • ストーリーを進めるための資金集めに必要なミッションを行う際、リトライすると必要以上に戻されてストレスが溜まる。
    • (1)ミッションを受けに店に入るのにロード(リトライしなかった場合はここからやり直しになる)。
    • (2)ミッションを受けたらその現場から開始、ではなくわざわざ町に出てロードさせる。
    • (3)目的地到着、シンボルに入ってロード。これでようやくミッションスタート。
    • (4)失敗してリトライする場合そこから開始、ではなくなぜかわざわざ町に出てロードさせる。
    • (5)目的地到着、シンボルに入ってロード。以降成功するまで(4)と(5)の繰り返し。
    • ちなみにロード時間は(3)までで2分ほど。対してミッションの時間は数分なので、結果ロード時間の方が長くなる。
  • ボス直前以外にセーブできる場所が自宅のトイレのみで、いちいち戻らないといけない。
    • そのトイレもロードが長く、セーブするだけでロードが合計3分くらいある。そのくせにオートセーブや中断セーブは無し。
    • このゲームは至る所でフリーズが頻発するので、こまめなセーブが絶対必要なだけにこの仕様が余計に苦痛になる。
  • ゲーム中高確率(特に長いロードをしている時に顕著)でフリーズが発生する。
    • 例としては、街中、ランキング戦中、結果発表時の実績のアンロック中、その他にも様々な場所で起こる。
    • 何より最悪なのがセーブ中にも発生する事。進行データを失うのが嫌でセーブしているのに本末転倒である。
  • プレイしていると異常な速度でキャッシュが貯まるので、ゲーム機本体への負担が物凄くかかる。
    • Xbox360ではキャッシュを自分で消す必要がある為、こまめにキャッシュクリアをする必要がある。
    • クリアしないとフリーズの危険がより上がってしまうし、なにより突如起動不能となる「レッドリング」が起こる危険がある。
  • ストーリー中のほぼ全てのムービーシーンで音ズレが発生する。
    • 2~3秒のズレは当たり前、多い時は5秒以上。口パクやら腹話術やらが巻き起こってせっかくの豪華声優陣の演技も台無し。
    • Wii版から元々あった英語音声に切り変えたとしてもやっぱりずれるのでどうしようもない。
      • 5月13日に配信された修正パッチによって改善された模様。
  • その他、細かい部分のシステム周りもとにかく不親切。
    • BGMに対して音声が小さめなのだがボイス音量設定が出来ない。日本語音声だと字幕を出せない。
    • セーブする為アクセスする度に、セーブ画面に移っていいか最初に聞かれる。しかもデフォルトでカーソルはNOに合っている。
  • バグで実績&トロフィーの内2つが完全に取得出来ないので、コンプ不可。
    • 具体的には「店じまいだぜ兄弟」と「おう アレだ 道を極めたな」がどうやっても取得不可能。
      • 5月13日に配信された修正パッチによって改善された模様。
  • リザルト後のイベントシーンでタイトルに戻って開戦前のデータ読み込むと、イベントシーンで主人公が抱えてた死体がそのまま残る。
    • その後の戦闘中にタイトルに戻って、開戦前のデータでやり直してもやっぱり残る。
    • 消すには再起動する必要がある。ちなみにトイレから再開した回数分、死体も増える。
      • 5月13日に配信された修正パッチによって改善された模様。
  • バイクに乗りながらお金を拾うとバイクが止まって進めなくなり、降りて乗っても動かなくなる。
    • 動かすには少し歩いて距離をとってバイクを呼ぶ必要がある。回避するためにいちいちバイクを降りてお金を拾うのはかなりめんどくさい。
  • 通常時の移動で不可欠なバイクがオブジェクトに引っかかり走行不能になる。
    • しかも壁とかあからさまなところじゃなく、普段はなぎ倒して進む細い街灯で引っかかる。
    • それ以前に、バイクが大きすぎるとか操作性が非常に悪いという問題がある。
  • ミッションの一つ「100人斬り」(5分間で100人の敵を倒す)の難易度が異常で、運ゲーの領域。
    • 敵が100人ぴったりしか出現せず、倒されてから一定時間経たないと復活しない。
    • 更に5箇所ある敵の出現場所が、ラスト1分からは2箇所しか機能しなくなる等、後半になるにつれてきつくなる。
    • 最低でも90人前後で1分30秒程残っていないと無理なので、結局粘るより攻撃範囲の広い武器を入手した方が遥かに早い。
  • バイトミッションの「枠で囲まれた範囲の草刈りをする」というものが、枠の外に刈るべき草が出現して全部刈りきれないことがある。
    • 刈った本数で収入が決まるのでバイトの成否には関係ないが、収入を強制的に減らされている事に変わりは無い。
  • Wii版はリモコン操作での爽快感が評価されていたが、コントローラーになったことでそれが失われてしまった。
    • 「敵にとどめを刺す際に右スティックを一度押す」という動作がテンポを悪くするだけで必要性が無い。
    • その後の「指定された方向にスティックを倒す」という動作も、スティックの感度が異常に良く適当な方向に倒しても成功する。
    • しかもその一連の動作を、雑魚敵一体を倒すたびに毎回行わなければならない。
  • Wii版の時にはあった街の北側の区域が行けなくなっている。というか削除されている。
    • しかし、マップ上では通行可能なように表示されている。勿論行こうとしても壁にぶつかって転ぶだけ。
    • そもそも何故削除したかと言うとロード時間の速度向上のため。むしろ長くなっているので全く持って意味が無い。
  • Xbox360版での残虐表現は海外版のものが再現されるものと思われていたが、中途半端に規制されている。
    • 海外版に近しい表現ではあるが「首が飛ぶ」「腕が落ちる」「バラバラになる」などの描写はマイルドになっている。
    • 半端に規制するくらいならむしろPS3版の灰になって消滅する表現の方が良かったと言われる始末。

選評    

選評案その1    

桜が狂い咲きとなる時期を終えそろそろ散り始める時期である4月15日に、桜吹雪でなく血飛沫をあげるゲームが発売された。「ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園」である。……しかしその内容は、残念ながら多くのプレイヤー達を失望させ「ノーモア★疲労ズ プレイヤーたちの失楽園」とでも揶揄すべきものになってしまった。このゲーム、とにかくあらゆる事で疲労が大量に積み重なる。但し、安心してほしい。肉体的な疲労は伴わない。精神的な疲労だ。その理由を以下に説明していく。

まずは、読み込み。このゲームでは”ランキング戦”という、ストーリーを進めるために必須な戦いを行うために必ずかなりの資金が必要になる。そのための資金は”ランカー”という、ランキング戦でのメインの対戦相手を殺した際にでも手に入るのだが、それだけではとても足りない。そこで、主人公はバイトミッションとフリーファイトミッション(一撃食らうとそこで強制終了となる、ザコ敵殲滅モード)というイベントを数多くこなすことでお金を貯め、次のランカーへの挑戦権への資金源とし余ったお金などで自身を強化するのだが、その過程で大量の読み込みをいちいち必要とし、プレイヤーを精神的に疲労させる。具体的にはまずゲームスタート時のメニュー画面入りまでに20秒程、移動の為に自宅から街へ出る際には平均50秒以上、ありとあらゆるイベントの読み込みでも30秒以上と、イベントで敵を殺す前にプレイヤー自身のやる気が殺されてしまう。

挙句の果てにはミッションを街で受け、それを失敗するとリトライを選択できるのだが、わざわざ街を読み込んでからリトライさせるためにその度に余計な1分を必要とし、再びミッションを受けて読み込み完了までには更に数十秒読みk(ry……という呆れるほどのテンポの悪さである。また、基本的にランキング戦は難易度が高めとなっている上に、終盤では初見殺しやガード不能の一撃必殺技を放ってくるランカーがわんさと登場する。その為、プレイヤーはランキング戦の為の諸経費を主人公の強化などの別経費に必然的に充てることになるのだが、これらの読み込みの所為で強化しようとお金を貯める気にすらなれなくなってしまい、仮に強化に充てるとすると、その都度読み込みにかかる時間で本来必要な以上に時間を削られてしまう。しかもその読み込みの狂い咲きを乗り切ってゲームを進めていると、今度は高確率でのフリーズが待っているという有様。それすらも乗り越えるとトドメに一部の実績が解除不可能という楽園(バグ)が待っている。

続いて、音ズレ。ストーリー上の重要なシーンでムービーが入るのは昨今のゲームの盛り上げ役としてはよくあることだが、ここでも疲労がたまる。それがこの”音ズレ”だ。ストーリー中、主にランキング戦前後のムービー内にてかなり頻繁に、その上あまりにも酷い量の音ズレが起こる。……というか、はっきり言うと音ズレしないイベントシーンの方が少ない。例えば、「お前もだろ」という主人公の台詞の数秒後に口パクを披露する羽目になる脱力さ加減や、敵の「デストローーイバスターーー!」という必殺技の決め台詞の数秒後に光る股間を披露(している瞬間は音ズレにより無音)する始末。毎回、高確率でキャラクターたちの織り成す珍妙な腹話術の披露宴を見て、プレイヤーは疲労してその時点でやる気が萎えてしまう。見ているとアイタタタと精神的にくる疲労を骨の髄まで堪能させられるのだ。ちなみに本作は日本人声優による日本語吹き替えムービーと元々使われていた英語音声ムービーとの切り替えが可能であるが、残念ながらそのどちらでも音ズレはしっかりと発生するという気合の入れようが腹話術の披露宴をより一層盛り上げる。

プラス面としては「豪華日本人声優陣による吹き替え」と「CERO:Z指定化による残酷表現の追加」(XBOX360版のみ)、「映像の美麗化」が挙げられるが、それらも、一つ目は前述した音ズレによってゲームへのやる気まで他の事に吹き替えさせられてしまうし、二つ目は中途半端に規制が入ってしまったおかげで少々豪快さに関する魅力が落ちてしまっている。三つ目に至っては元々キャラクターがトゥーン的な表現であるため、その喜びも半減し、それでも確かにステージの背景は格段に美麗になっているのだが、実はメインマップとなる街の背景には本来wii版で行けたはずの場所が含まれている。ちなみに画面一杯に表示されるマップでは普通に通行可能なように表示されるため、表示させたまま前方を確認せずにマップを頼りに橋へ入ろうとすると、障害物にぶつかって主人公が大クラッシュしてしまう。もしかしたら処理の軽減や広すぎる街の探索への作業感の緩和の為の処置なのかもしれないが、たとえそうであったとしても前述した最大1分の手厚い読み込みのご厚意のおかげでまるで役には立っていない。

こうして振り返ってみると、本作は良い追加部分に大量の改悪部分が覆いかぶさって見事に旨味を殺してしまっているという印象を受ける。殺し屋アクションというジャンルの本作ではあるが、まさかゲーム自身が己の魅力を殺す殺し屋だったとはプレイヤーの考えにも浮かばなかっただろう。それでは最後に、大量の改悪部分を追加して販売し、その後これらの事柄に対してテンプレ回答しかしないマーベラスエンターテイメントに、本作の宣伝部長を務めたプロレスラー、ミノワマンの言葉を借りてこう叫びたい。

「商品ならケッカン(欠陥)とれよ!」

選評案その1.1    

桜が狂い咲きとなる時期を終えそろそろ散り始める時期である4月15日に、桜吹雪でなく血飛沫をあげるゲームが発売された。「ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園」である。……しかしその内容は残念ながら多くのプレイヤー達を失望させ、「ノーモア★疲労ズ プレイヤーたちの失楽園」とでも揶揄すべきものになってしまった。このゲーム、とにかくあらゆる事で疲労が大量に積み重なる。但し、安心してほしい。肉体的な疲労は伴わない。精神的な疲労だ。その理由を以下に説明していく。

まずは、読み込み。このゲームでは”ランキング戦”という、ストーリーを進めるために必須な戦いを行うために必ずかなりの資金が必要になる。そのための資金は”ランカー”という、ランキング戦でのメインの対戦相手を殺した際にでも手に入るのだが、それだけではとても足りない。そこで、主人公はバイトミッションとフリーファイトミッション(一撃食らうとそこで強制終了となる、ザコ敵殲滅モード) というイベントを数多くこなすことでお金を貯め、次のランカーへの挑戦権への資金源とし余ったお金などで自身を強化するのだが、その過程で大量の読み込みをいちいち必要とし、プレイヤーを精神的に疲労させる。 具体的にはまずゲームスタート時のメニュー画面入りまでに20秒程、移動の為に自宅から街へ出る際には平均50秒以上、ありとあらゆるイベントの読み込みでも30秒以上と、イベントで敵を殺す前にプレイヤー自身のやる気が殺されてしまう。

挙句の果てにはミッションを街で受け、それを失敗するとリトライを選択できるのだが、わざわざ街を読み込んでからリトライさせるためにその度に余計な1分を必要とし、再びミッションを受けて読み込み完了までには更に数十秒読みk(ry……という呆れるほどの テンポの悪さである。また、基本的にランキング戦は難易度が高めとなっている上に、終盤では初見殺しやガード不能の一撃必殺技を放ってくるランカーがわんさと登場する。その為、プレイヤーはランキング戦の為の諸経費を主人公の強化などの別経費に必然的に充てることになるが、これらの読み込みの所為で強化しようとお金を貯める気にすらなれなくなってしまい、仮に強化に充てるとすると、その都度読み込みにかかる時間で本来必要な以上に時間を削られてしまう。

しかも、その読み込みの狂い咲きを乗り切ってゲームを進めていると、今度は高確率でのフリーズが待っているという有様。これは選者がプレイ中に確認した限りで(XBOX360版のみ確認、PS3版は現在未検証)街中、ランキング戦中、結果発表時の実績のアンロック中、トドメにはセーブ時と所かまわず高確率で起きる。この恐怖から逃れるためにはこまめなセーブしかないのだが、それすら自宅かランカー戦直前にのみ設置されているトイレで行えるのみ。無論そのためには無駄な移動と読み込みを必要とし、セーブ開始から終了まで(主に読み込みの所為で)2分程かかる。見事なまでに読み込みの長さからくるプレイヤーのセーブを渋りたくなる心境を逆手に取ってくるのだ。それらの苦行をも乗り越えると、最終的に一部の実績が解除不可能という楽園(バグ)が待っている。

続いて、音ズレ。ストーリー上の重要なシーンでムービーが入るのは昨今のゲームの盛り上げ役としてはよくあることだが、ここでも疲労がたまる。それがこの”音ズレ”だ。ストーリー中、主にランキング戦前後のムービー内にてかなり頻繁に、その上あまりにも酷い量の音ズレが起こる。……というか、はっきり言うと音ズレしないイベントシーンの方が少ない。例えば、「お前もだろ」という主人公の台詞の数秒後に口パクを披露する羽目になる脱力さ加減や、敵の「デストローーイバスターーー!」という必殺技の決め台詞の数秒後に光る股間を披露(している瞬間は音ズレにより無音)する始末。

また、先ほどから疲労疲労と述べているが、疲労がたまるのは何もプレイヤーたちだけではない。というのもこのゲーム、キャッシュが異常な速度で増える。キャッシュとは、「メインメモリへの負担を減らすために、頻繁に使うデータを一時的にためておく部分」の事を指し、本来は処理を高速化することに使う。だがこれは溜まりすぎると逆に処理が遅くなる代物でもあり、その為にはこまめにキャッシュを削除する必要がある。それが異常な速度でたまるという事は、つまるところやればやるほどXBOX360本体と別のXBOX360用ゲームソフトも疲労を起こしてしまう、という事に繋がるのだ。また、XBOX360には有名なフリーズ頻発の後の、「恐怖のレッドリング故障」が存在するため、それを経験したプレイヤーにとってはゲームどころではなくなってしまう。ちなみにPS3版においてはフリーズの危険は多少は少ないものの、本体再起動バグの危険性がある。

加えて、本作のメインマップとなる街には一見通行できそうにマップにも表示されているが、実は通行できない箇所がある。街の北側の区域だ。画面一杯に表示することができる半透明マップでは普通に通行可能なように表示されるため、表示させたまま前方を確認せずにマップを頼りに橋へ入ろうとすると、障害物にぶつかって主人公がずっこけてしまう。もしかしたら処理の軽減や広すぎる街の探索への作業感の緩和の為の処置なのかもしれないが、たとえそうであったとしても前述した最大1分の手厚い読み込みのご厚意のおかげでまるで役には立っていない。

そして、アクションについてはどうか。「敵にとどめを刺す際に右スティックを一度押す→指定された方向にスティックを倒す」という、微妙なテンポの悪さが非難の対象によく挙がる。特に前者については評判が悪い。敵にとどめを刺した際の爽快感を売りにしている以上、必要性が感じられないのだ。後者に関しては、「スティックの感度は良いのだが、良すぎる為に他の方向に倒しても反応する」ので、作業感が出てきてしまう。

こうして振り返ってみると、本作は良い追加部分やゲームとしての元々の旨味に大量の改悪部分が覆いかぶさって、見事に旨味を殺してしまっているという印象を受ける。殺し屋アクションというジャンルの本作ではあるが、まさかゲーム自身が己の魅力を殺す殺し屋だったとはプレイヤーの考えにも浮かばなかっただろう。それでは最後に、大量の改悪部分を追加して販売し、その後これらの事柄に対してテンプレ回答しかしないマーベラスエンターテイメントに、本作の宣伝部長を務めたプロレスラー、ミノワマンの言葉を借りてこう叫びたい。

「商品ならケッカン(欠陥)とれよ!」

選評案その1.2    

桜が狂い咲きの時期を終え散り始める時期である4月15日、桃色の花弁では飽き足らず、真っ赤な血を撒き散らすゲームが発売された。
「ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園」である。
……しかし内容は残念ながら多くのプレイヤー達を失望させ、「ノーモア★疲労ズ プレイヤーたちの失楽園」とでも揶揄すべきものになってしまった。
このゲーム、とにかくあらゆる事で疲労が積み重なる。

まずは、読み込み。
具体的にはまずゲームスタート時のメニュー画面入りまでに20秒程、移動の為に自宅から街へ出る際には平均50秒以上、ありとあらゆるイベントの読み込みでも30秒以上と、イベントで敵を殺す前にプレイヤー自身のやる気が殺されてしまう。
このゲームではストーリーを進めるために必須な戦闘のためと自身の強化の為には多額の資金が必要になり、主人公は様々なミッションイベントをこなすことでそれらの資金を貯めるのだが、その過程でこれら大量の読み込みを何度も必要とし、プレイヤーを精神的に疲労させる。
また、ミッションのリトライを選択すると、わざわざ街を読み込むために余計な時間を必要とした上でのやり直しとなる。
それを乗り越えた先のストーリー戦は難易度が高めとなっている上に、終盤では初見殺しやガード不能の一撃必殺技を放ってくるキャラクターがわんさと登場するおかげで、再び読み込みと金稼ぎの狂い咲きを行う羽目になる。

しかもそれを乗り切ってゲームを進めていると、今度は高確率でのフリーズが待っているという有様。
選者がプレイ中(XBOX360版のみ確認、PS3版は現在未検証)に確認した限りで街中、ランキング戦中、結果発表時の実績のアンロック中、トドメにはセーブ時と所かまわず高確率で起きる。
この恐怖から逃れるためにはこまめなセーブしかないのだが、それすら自宅か戦闘直前にのみ設置されているトイレのみ。
無論そのためには無駄な移動と読み込みを必要とし、セーブ開始から終了まで(主に読み込みの所為で)2分程かかる。
読み込みの長さからくる、プレイヤーのセーブを渋りたくなる心境を見事なまでに逆手に取っているのだ。
それらの苦行をも乗り越えると、最終的に一部の実績が解除不可能という楽園(バグ)が待っている。

続いて、音ズレ。
ストーリー上の重要なシーンでムービーが入るのは昨今のゲームとしてはよくあることだが、ここでも疲労がたまる。
それがこの”音ズレ”だ。
ストーリー中、主に戦闘前後のムービー内にて頻繁に、あまりにも酷い量の音ズレが起こる。
……というか、はっきり言うと音ズレしないムービーシーンの方が少ない。
例えばあるシーンにて、本来はムービーの締めに「お前もだろ」という台詞と共に主人公が振り返るシーンでは、台詞が聞こえた数秒後に口パクを披露する羽目になる。
全編にわたってほぼこの調子で、高確率でキャラクターたちの織り成す珍妙な腹話術の披露宴を見せられることになる。
ちなみに本作は豪華日本声優陣による日本語吹き替えムービーと元々使われていた英語音声ムービーとの切り替えが可能であるが、残念ながらそのどちらでも音ズレはしっかりと発生する。

また、疲労がたまるのは何もプレイヤーたちだけではない。というのもこのゲーム、キャッシュが異常な速度で増える。
キャッシュとは、「メインメモリへの負担を減らすために、頻繁に使うデータを一時的にためておく部分」の事を指し、本来は処理を高速化するために使う。
だがこれは溜まりすぎると逆に処理が遅くなる代物でもあり、それが異常な速度でたまるという事は、やればやるほどXBOX360本体と別のXBOX360用ゲームソフトも疲労を起こしてしまう、という事に繋がるのだ。
また、XBOX360には有名なフリーズ頻発の後の、「恐怖のレッドリング故障」が存在するため、プレイヤーにとってはゲームどころではなくなってしまう。
ちなみにPS3版においてはフリーズの危険は多少は少ないものの、本体再起動バグの危険性がある。

加えて、本作のメインマップとなる街には一見通行できそうにマップにも表示されているが、実は通行できない箇所がある。
街の北側の区域だ。画面一杯に表示することができる半透明マップでは普通に通行可能なように表示されるため、前方を確認せずにマップを頼りに橋へ入ろうとすると、障害物にぶつかって主人公がずっこけてしまう。
処理の軽減や広すぎる街の探索への作業感の緩和の為の処置なのかもしれないが、だとしても前述した最大1分の手厚い読み込み等のおかげでまるで役には立っていない。

アクションについてはどうか。
敵にとどめを刺す際に右スティックを一度押す

指定された方向にスティックを倒す
という、微妙なテンポの悪さが非難の対象によく挙がる。
特に前者は評判が悪い。とどめを刺した際の爽快感を売りにしている以上、必要性が感じられないのだ。
後者に関しては「スティックの感度は良いのだが、良すぎる為に適当な方向に倒しても成功と反応する」ので、存在感が微妙である。
その上に散々先程から述べている読み込み地獄が災いし、ひどい時は一つの戦闘イベントをこなす前に
イベント開始→読み込み→軽い移動→読み込み→ムービー→読み込み→ムービー→読みk(ry
……となってしまい、爽快感以前の問題となっている。

振り返ってみると、本作は良い追加部分やゲームとしての元々の旨味に、大量の改悪部分が覆いかぶさって旨味が味わえなくなってしまったという印象を受ける。
殺し屋アクションというジャンルの本作ではあるが、ゲーム自身が己の魅力を殺すとは考えにも浮かばなかっただろう。
それでは最後に、大量の改悪部分を追加して販売し、その後これらの事柄に対してテンプレ回答しかしないマーベラスエンターテイメントに、本作の宣伝部長を務めたプロレスラー、ミノワマンの言葉を借りてこう叫びたい。

「商品ならケッカン(欠陥)とれよ!」

選評案その1.3(修正パッチ後)    

桜が狂い咲きの時期を終え散り始める時期である4月15日、桃色の花弁では飽き足らず、真っ赤な血を撒き散らすゲームが発売された。
「ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園」である。
……しかし本作品は残念ながら多くのプレイヤー達から不満を撒き散らされる結果となってしまった。

まずは、読み込み。
具体的にはまずゲームスタート時のメニュー画面入りまでに20秒程、移動の為に自宅から街へ出る際には平均50秒以上、ありとあらゆるイベントの読み込みでも30秒以上と、イベントで敵を殺す前にプレイヤー自身のやる気が殺されてしまう。
このゲームではストーリーを進めるために必須な戦闘のためと自身の強化の為には多額の資金が必要になり、主人公は様々なミッションをこなすことでそれらの資金を貯めるのだが、その過程でこれら大量の読み込みを何度も必要とし、プレイヤーを精神的に疲労させる。
また、ミッションのリトライを選択すると、何故かわざわざ街を読み込むために余計な時間を必要とした上でのやり直しとなる。
それを乗り越えた先のストーリー戦は全体的に難易度が高めとなっている上に、終盤では初見殺しやガード不能の一撃必殺技を放ってくるキャラクターがわんさと登場するおかげで、再び読み込みと金稼ぎの乱れ咲きを行う羽目になる。

しかもそれを乗り越えてゲームを進めていると、今度は高確率でのフリーズが待っているという有様。
選者がXBOX360版で確認した限りで、街中、ストーリー戦中、実績のアンロック中、トドメにはセーブ時と所かまわず高確率で起きる。
この恐怖から逃れるためにはこまめなセーブしかないのだが、それすら自宅か戦闘直前にのみ設置されているトイレのみ。
無論そのためには無駄な移動と読み込みを必要とし、セーブ開始から終了まで(主に読み込みの所為で)2分程かかる。
読み込みの長さからくる、プレイヤーのセーブを渋りたくなる心境を見事なまでに逆手に取っているのだ。

加えて、本作には様々な不満点がある。

例えばメインマップ関係では、橋から先の(マップ北側の)区域は一見通行できそうにマップに記されているが通行できない。
説明書の全体図ですら通行可能なように描かれているのだが……。
もしかしたら処理の軽減や広すぎる街の探索への作業感の緩和の為の処置かもしれないが、だとすると前述した最大1分の手厚い読み込み等のおかげで役に立っているとは言い難い。
また、移動手段として不可欠なバイクにも不満が多い。巨大かつ操作性が悪くて扱いづらく、更に速度が落ちると街の障害物(電信柱やゴミ箱など)に頻繁に引っかかるのだ。
結果として、未収集のアイテムを発見してバイクから降りて回収し、再び乗った時にわけもわからず操作不能になることが多々ある。
他にも、あまりにも理不尽な難易度で最終的に運ゲーになる一部のミッションや強制的に利益を減らされる可能性がある(移動範囲外に草が生える)草刈りなど、細かい点で粗が目立つ。

戦闘アクションについてはどうか。
敵にとどめを刺す際に右スティックを一度押す

指定された方向にスティックを倒す
という、微妙なテンポの悪さが非難の対象によく挙がる。
特に前者は評判が悪い。とどめを刺した際の爽快感を売りにしている以上、必要性が感じられない。
後者に関しては「スティックの感度は良いのだが、良すぎる為に適当な方向に倒しても成功と反応する」ので、存在感が微妙である。
その上に散々先程から述べている読み込み地獄が災いし、ひどい時は一つの戦闘イベントをこなす前に
イベント開始→読み込み→軽い移動→読み込み→ムービー→読み込み→ムービー→読みk(ry
……となってしまい、爽快感以前の問題となっている。

ちなみにこのゲーム、キャッシュが異常な速度で増える。
キャッシュとは、「メインメモリへの負担を減らすために、頻繁に使うデータを一時的にためておく部分」の事を指し、本来は処理を高速化するために使う。
だがこれは溜まりすぎると逆に処理が遅くなる代物でもあり、それが異常な速度でたまるという事は、やればやるほどXBOX360本体と別のゲームソフトも誤作動(主にフリーズ)を起こす危険性が増える、という事に繋がるのだ。
また、XBOX360には有名なフリーズ頻発の後の、「恐怖のレッドリング故障」が存在するため、プレイヤーにとってはゲームどころではなくなってしまう。
ちなみにPS3版においてはフリーズの危険は多少は少ないものの、本体再起動バグの危険性がある。

振り返ってみると、本作は良い追加部分やゲームとしての元々の旨味に、大量の改悪部分が覆いかぶさって旨味が味わえなくなってしまったという印象を受ける。
殺し屋アクションというジャンルの本作ではあるが、ゲーム自身が己の魅力を殺すとは考えにも浮かばなかっただろう。
それでは最後に、リメイク作品の劣悪さに定評のあるマーベラスエンターテイメントに対し、本作の宣伝部長を務めたプロレスラー、ミノワマンの言葉を借りてこう叫びたい。

「商品ならケッカン(欠陥)とれよ!」

リンク    

攻略wiki[外部リンク]


  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-29 (日) 08:40:12 (1771d)