2009年 次点

概要    

名称人生ゲーム(Wiiware版)
ジャンルボードゲーム
対応機種Wii(Wiiウェア)
発売・企画元タカラトミー
開発元SE M&O (翔泳社の系列会社)
発売日2009年3月3日
価格1000Wiiポイント(税込1000円)
対象年齢CERO:A(全年齢対象)

※人生ゲームハッピーステップ配信に伴い配信終了
公式サイト[外部リンク]

  • 簡単に言うと高い割には内容が異常な程までに薄い、いわばボッタクリゲー。ゲーム内容も酷く、もはや詐欺レベル。(購入前に説明を読めば、15ターンで終了する旨は記載されているので、もちろん詐欺ではない)
  • ネームバリューだけで配信後1か月余りにわたりWiiware売上ランキング(毎日更新)1位をキープ
    • 大半はライトユーザーなため、それで騙される。被害者の増加が深刻な問題に。
      1位になる→せっかくだから、俺はこの人生ゲームを買うぜ!→売上げが伸びる、というデススパイラル。
    • ちなみに任天堂曰く、3月・4月は(大規模アップデートなどがあったため)Wiiwareの売上げがおよそ2倍になったらしいが、その中で1位ということは、被害者の数は・・・!?
      • 10万ダウンロード突破説があるが、ソースは無い。2009スレpart14に、このような書き込みがされ、スレ住人の一部がいつの間にか信じ込んでいた模様。
        スレでも「親戚の家に行ったらWiiが置いてあり、人生がダウンロードしてあった」など、度々被害報告が挙がっていることや、10万といえば国内本体台数の1%強であり、100人に1人と考えればありえない話ではないが…

        701 なまえをいれてください [sage] Date:2009/04/09(木) 07:35:02 ID:3JtUFXg+ Be:

        人生ゲームが10万DLを超えた、と聞きました。
        マジなんでしょうか?
        ていうか、誰か彼(人生ゲーム)を止めて下さい!

      • 「クソゲーなのに売れまくった」第二の燃えプロといえる。
    • 「みんなのニンテンドーチャンネル」で遊んだゲームを評価できるようになったのは人生のせいだと、KOTYスレでは言われている。
      • 評価するには1時間以上遊ばないといけない、評価の内容が分かりにくく、肝心の点数は表示されない(良ゲーはある程度分かる)など、人生にとっては無意味。
  • 1000円という価格をどうみるかで議論が続いていたが
    • 体験版クラスの内容なのに1000円は異常。つか無料でもいらない。ダウンロードに費やした時間返せ。
    • 同額のWiiwareソフト(ロックマン9、グラディウスリバース、もじぴったん、ポケモン牧場、囲碁道場など)と明らかに劣っているどころかそれ以下のWiiwareソフト(逆襲のインベーダー、DARTS Wii 、プチプチWii など)と比べるのもどうしようもない位酷い
    • それ以前に、WiiwareやヴァーチャルコンソールのDL販売には500円のソフトも多く、1000円というのは、Wiiwareの中でも安くはない。
    • パッケージソフトと違い、ダウンロードソフトは中古で売れないので、そのままの金額の損害となる。しかも、ゲームを消しても、Wiiショッピングチャンネルのご利用記録に残り続ける
      • しかし普通のパッケージだと差額(被害額)が1000円じゃ済まない事が多い。
  • 簡単に手に入り、パッケージ等の廃棄物が出ないということで、スレではクソゲー入門用として勧められたことも。
  • 人生登場まで不作だったせいで、たくさんの選評が届いた。

参考動画    

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6392770[外部リンク]

要点    

  • 基本的な内容は2008年11月に発売された、人生ゲームWiiEXの機能制限版(体験版)的内容。パッケージ版の内容を削りすぎて、楽しめる要素が残っていない。
    • その人生ゲームWiiEX自身の評価はぶっちぎりで低い。以下の要因でノミネートは免れた
      • スレでは猿発売~年末の魔物の時期にあたり、ハードルが上がりすぎていた
      • それ以前に特に不具合もなく、ゲームとして成立していることもあり、報告すらなかった
    • 機能制限版であるのにも関わらず一切説明せず1000円で発売
      • 購入前に「詳しく」を選ぶと15ターンで終了等の説明を見ることはできる。
      • ダウンロード前に告知される訳ではないので、大半の人は「人生ゲーム」という名前だけで勝手に内容を推測し、説明を読まずに買ってしまう訳だが。
        うっかり買ってしまってKOTYスレに来た人も現れた。
    • 既存のゲームの機能制限版の例としてWiiウェア「Wi-Fi8人バトル ボンバーマン」[外部リンク]が挙げられるが、
      当然ボンバーマンではその点について公式HPで注意書きがある
  • タイトルまで20秒クレジット表示 もちろんスキップ不可
    • 1ゲーム終了するたびに最初に戻るため、再プレイするにはもう一度見る必要がある。もっとも二度とプレイしたくないと思うだろうが。
  • マップがしょぼい
    • なぜか周回マップ
    • マップ一周が20マス程度しかない
    • 分岐はあるが、どちらも同じ順で似たようなマスが並んでいて分岐の必然性を感じない
    • 日本から中東のアジアエリアのみの1つしかない
  • BGMが単調、うるささもあり無い方がマシ
    • 1ループは12小節19秒。1ゲームで50~60回ループする(プレイヤー2人の場合)
    • 第5~8小節は第1~4小節を少し変えただけ
    • BGMが切り替わるイベントは一切無く、終了時まで同じ物を聴き続けなればならない
  • イベントが意味不明な上に凄まじく荒い金遣い
    • イベントは文章が表示されるだけ。
    • 増減の金額が表示されずいきなり持ち金が変化する
      • この手のボードゲームは金額の増減・大小が表示されるところで盛り上がるのだが、そこを飛ばされるため盛り上がらない
    • パッケージ版にあったミニゲームは全て削除されている
    • イベントの種類が少なく同じのが出やすい
      • イベント数は100種類以上となってるが働きマスイベントは職業別のため
    • アジアエリアという世界規模でキャラを動かすにも関わらず、起こるイベントは日常的イベントや職業イベントばかりで回ってる国々とは全く関係が無い
    • ハンバーグを焦がすと3000万円没収される
    • 家に財布を忘れただけなのにお金が減る(金額は4000万円)
    • 結婚や子供などのイベントやシステムは一切無い
  • 給料も億単位とやりすぎ感がある、その一方で0円の時もあるなど最早給料ではない
    • 職業により変わり、最高額と最低額の差があまりないものもある
  • 職業はスタート時に選んだもので固定
    • 人生ゲームWii EXにあった転職システムも一切ない
    • 職業も8つだけとかなり少ない。
  • ターン数が選べない(15ターンのみ)
    • ターン数だけ見ると短く感じるし、実際1ゲーム20分ぐらいで終わる
      が、内容が単調なため、その1ゲームを完走するのもつらい
  • グラフィックがひどい
    • 2世代前のグラフィック
    • 地球儀マップのせいで先のマスが2マスぐらいしか見えない
      • 先を見るために見下ろし視点に変更できるが、後方視点に戻さないと操作ができない。
    • 天使と悪魔がキモい
  • キャラはカスタマイズ不可で名前の変更もできない。
    • 当然Miiも使えない(パッケージ版では使えた)。
  • 給料を決めるのにボタンで止めてね なのにボタンで押したあとすぐに反応せず止まらない
    • ボードゲーム版の一部の職業ではルーレットで決めていたので目押しできない方が正しい仕様?
  • 自分が介入できる点がカード使用のみなのでやらされてる感じで退屈な上、そのカードですらも○マス進むカードだけである種類は少ない。
  • 「仕返しマス」がなくなってしまい、対戦要素が希薄に。
    • 一応「おごってカード」等、他プレイヤーに作用するカードがあったり、ランドマークマスは最初に止まると、その後に止まったプレイヤーから金が奪えるので全くない訳ではない。
  • 最後にプラス効果マスとマイナス効果マスに止まった回数が最多のプレイヤーにそれぞれボーナスが貰えるが、ほとんどルーレット運だけで決まるためどうしようもない上に額が5000万ぽっちなので逆転もクソも一切ない
    • そもそも、プラス効果マスに多く止まれば自然とマイナス効果マスにはあまり止まらない(逆もしかり)ため、結局貰えるプレイヤーはバラけるのが普通で、特に少人数プレイでは全くの無意味
  • COMの動作がとにかくトロい、自分がマップ上を動くのも遅い
  • パーティーゲームなのに多人数でプレイするとさらに盛り下がる
    以上のような内容のゲームを、断りがあるとはいえ1000円で配信した。機能制限版とはいえやりすぎである。
  • またも安牌とされたジャンル(今度はボードゲーム)からの輩出である。
    もう「普通の出来で安全」というゲームはでてこないのかもしれない。
  • 四八ショックの影響を受けた07・08年はファミ通レビューの低得点や動画で話題になった事等を差し引いても
    ノミネート作品が過去3年に比べ著しくマイナー化していたが、これはボードゲームの王道シリーズである。
    まさに「100万人が買って90万人が激怒」的な存在でスレの法則を乱そうとしている。
  • Wiiwareそのものの評判に響くといわれ「任天堂も被害者」などと言われている・・・。
  • こんな返品不可のゴミを買うより普通(ボード)の人生ゲーム買ったほうが良いよ(それでもインフレっぷりは酷いが)。

選評    

選評案その1    

2009年KOTYのトップを飾ったのは、昨年の覇者タカラトミーのWiiware、「人生ゲーム」であった。
 人生なのに極小サイズのマップを「周回」する15ターン。
プレイ時間にしておよそ20分だが、それすらも苦痛を伴うのは、
タカラトミーなりに表現した人生哲学の形なのだろうか。
 しあわせマスとかなしみマス、働きマスの3種類しかないイベントマスでは、
ハンバーグを焦がして3000万を失い、
ランニングをして1000万を手に入れるなど、恐ろしく勇ましい金遣いが資本主義の現実を見せ付け、
イベントを全て文章だけで説明する事で、人生自体の世知辛さを表す事にも成功している。
 単調なフィールドBGMやキャラ共通の声、カードマス、ランドマークマスが
申し訳程度にこのスゴロクにゲームらしさを添えているが、
全体的に面白みや起伏の無い展開。これも彼らがプレイヤーに伝えたかったメッセージの1つに違いない。
 1000Wiiポイントで人生を売りさばくタカラトミー。
紹介ページには「お手軽、気軽に人生ゲームを楽しんじゃおう!」とあるが、
それ以前に一度、自身の人生を振り返っていただきたいものである。

選評案その2    

昨年の覇者タカラトミーが何度目かの「人生」という難題に挑戦した。Wiiware「人生ゲーム」である。
 KOTYに突如舞い降りたこのゲームには、彼らからの人生についてのメッセージが随所に散りばめられている。
 人生なのに極小サイズな上、何故か「周回」するマップ。
そして15ターンという短さ。プレイ時間にしておよそ20分だが、
それすらも拷問のように感じられるのは、タカラトミーなりに表現した人生哲学の形なのだろうか。
 しあわせマスとかなしみマス、働きマスの3種類しかないイベントマスでは、ハンバーグを焦がして3000万を失い、
ランニングをして1000万を手に入れるなど、恐ろしく勇ましい金遣いが資本主義の現実を見せ付けている。
 また、単調なフィールドBGMやキャラ共通の声、カードマス、ランドマークマスが
申し訳程度にこのスゴロクにゲームらしさを添えているが、
全体的に面白みや起伏の無い展開で、イベントは全てテキストのみ。
人生の虚しさ、世知辛さを見事に示していると言えよう。
 全体的にもっさりした動作はプレイヤーにわざとストレスを与え、
忙しい日本でのスローライフの重要性を説いているように思える。
むしろ思いたい。
 プレイヤーの分身であるMiiではなく、ゲーム側で用意した8人のプレイヤーしか使うことができないが、
これは「ゲーム内の他人の人生なんだよ」というタカラトミー最後の良心なのかもしれない。
 なおこれらの仕様は公式でも一切語られておらず、購入者をお先真っ暗な人生ゲームの世界に突き落とす、
リアリティ溢れるタカラトミーの粋な計らいが見て取れる。
 1000Wiiポイントという安さと名物シリーズのネームバリューで、
3月10日現在Wiiwareのダウンロードランキングでは1位を獲得してしまっており、
今後もこの数奇な人生に関わってしまう人は相当な数にのぼると予想される。
せめて彼らの人生が幸せなものになることを祈るばかりである。
 昨年に引き続き斜め上の方向で絶好調のタカラトミー。紹介ページには
「お手軽、気軽に人生ゲームを楽しんじゃおう!」とあるが、
それ以前に一度、自身の人生を振り返っていただきたいものである。

選評案その3    

杉花粉が舞い散る3月、昨年の覇者タカラトミーが新たなクソを撒き散らしに来た。Wiiware「人生ゲーム」である。
ご存知国民的ボードゲームのゲーム化で、過去に何度もTVゲームになっている。
実は今回の物は昨秋販売され大不評を買った「人生ゲーム wii」の劣化簡易移植版である。
ただでさえ出来の悪かったゲームをさらに悪化させたこのゲームには、
彼らからの人生についてのメッセージが随所に散りばめられている。
小学生向けのすごろく以下の極小マップ。そして15ターンという短さ。
しかしながら、単調な音楽ともっさりした動作、起伏の無い展開で
たった20分足らずの時間が拷問のように感じられる。
しあわせマスとかなしみマス、働きマスの3種類しかないイベントマスでは、ハンバーグを焦がして3000万を失い、
ランニングをして1000万を手に入れるなど、恐ろしく勇ましい金遣いが資本主義の現実を見せ付けている。
1000Wiiポイントという安さと名物シリーズのネームバリューで、
3月10日現在Wiiwareのダウンロードランキングでは1位を獲得してしまっており、
今後もこの数奇な人生に関わってしまう人は相当な数にのぼると予想される。
せめて彼らの人生が幸せなものになることを祈るばかりである。
昨年に引き続き斜め上の方向で絶好調のタカラトミー。
紹介ページには「お手軽、気軽に人生ゲームを楽しんじゃおう!」とあるが、
それ以前に一度、自身の人生を振り返っていただきたいものである。

選評案その4    

杉花粉が舞い散る3月、昨年の覇者タカラトミーが新たなクソを撒き散らしに来た。Wiiware「人生ゲーム」である。
ご存知国民的ボードゲームのTVゲーム化で、古くはPCエンジン時代からの定番となっている。
実は今回の物は昨秋販売され大不評を買った「人生ゲームWii EX」の劣化簡易移植版である。
ただでさえ出来の悪かった物を更に悪化させたこのゲームには、
彼らからの人生についてのメッセージが随所に散りばめられている。
小学生向けのすごろく以下の極小マップ。そして15ターンという短さ。しかしながら、
単調な音楽ともっさりした動作、起伏の無い展開でたった20分足らずの時間が拷問のように感じられる。
ゴールの無い環状マップをただひたすら淡々と周回させられて、「このままではバターになってしまう」と
思ったり思わなかったりするくらいしか楽しみを見出せない。
しあわせマスとかなしみマス、働きマスの3種類しかないイベントマスでは、
ハンバーグを焦がして3000万を失い、ランニングをして1000万を手に入れるなど、
日本経済がジンバブエみたいになりかけていると警鐘を鳴らしているのだろうか。
1000Wiiポイントという安さと名物シリーズのネームバリューで、
3月10日現在Wiiwareのダウンロードランキングでは1位を獲得してしまっており、
今後もこの数奇な人生に関わってしまう人は相当な数にのぼると予想される。
せめて彼らの人生が幸せなものになることを祈るばかりである。
昨年に引き続き斜め上の方向で絶好調のタカラトミー。
紹介ページには「お手軽、気軽に人生ゲームを楽しんじゃおう!」とあるが、
それ以前に一度、自身の人生を振り返っていただきたいものである。

選評案その5    

2007年大賞の「48(仮)」、2008年大賞の「メジャー2」、さらには「ジャンライン」や「ヌギャー」といった
奇跡的なクソゲーを発掘してきたスレ住人達であったが
偉大な過去の英雄たちを前に委縮してしまい五里霧中のさなかにあった。
しかし、例年より早く咲いた梅の花が落ちる頃、住人達の心の靄に一筋の光が射した。

「人生ゲームWii」である。

「人生ゲームWii」は、昔からあるボードゲーム「人生ゲーム」をテレビゲーム化したもので、
過去にスーパーファミコンやプレイステーション、Nintendo64など
多数のゲーム機で好評を博した人気シリーズの最新作である。
WiiWare専用ソフトとして発売されたこのゲームは、従来の店舗で販売する
いわゆるパッケージ販売という形式ではなく、 ネット上で購入してゲーム機本体にダウンロードすることで
流通マージン等を削減しているため1000円という極めて低価格で販売された。

このゲームの名前が挙がった当初、「人生ゲーム」というブランドと1000円という低価格の前に
スレ住人達は嫌疑の眼を向けざるをえなかった。どうやればクソゲーになりうるのかと・・・。

最初に言っておこう。このゲームをはじめた瞬間あなたの人生は15ターンで終了すると。

そう、このゲームは15回ルーレットを回し終わると自動的に終了する。
これほど短い人生もないものだが、このゲームの恐ろしいところはそんなことではない。
真に恐ろしいのは全くといっていいほど楽しさを見つけることが出来ないことである。

あなたが旅する人生はただ単調である。ゴールの無い短いマップを何度も周回する。
もちろん多数のイベントも用意されているが基本的にお金が増減するだけでその内容に意味はない。
わかりやすく例えるならば朝起きて気分がいいので+1000万円、
料理に失敗して落ち込んだので-3000万円といった具合である。それが文字で語られるだけで1枚絵すらない。
勿論結婚や出産等といった甘いイベントはない。何しろ短い人生なのだ、現実的にも無理というものだろう。
ゲーム性を高める要素であるカードも用意されているが、その存在は空気というより他ない。
まずカードを入手するのが難しい。カードを入手する為にはカードマスに止まらないといけないのだが、
マップの中に数マスしか用意されていない。運よく入手できたとしても、
その多くが○マス進むなどの移動系のものであり、
ゴールが用意されておらず魅力あるマスが無いこのゲームにおいては限りなく無価値である。

朝起きてご飯を食べて夜眠る。たまに口座を確認するとお金が増えたり減ったりしている。
そんな平凡な生活を繰り返し15ターンを経過したときにあなたは思うのである・・・。

人生15ターンくらいが限界だ、と。

選評案その6    

2009年初頭、世界を不況の波が覆い尽くし人々は貧困にあえいでいた。
そしてそれはKOTYも例外ではなかった。住民は不作に安堵し束の間の平和を謳歌していた。
3月、あいつが現れるまでは。

前年王者タカラトミーが前人未到の2連覇をかけて送り出した使者、それが「人生ゲーム」(WiiWare)だ。
2008年に発売された「人生ゲームWii EX」の焼き直しだが、それが要素を極限まで削られて配信されたのである。
イベントマス3種と小マップ1つに厳選し容量の消費を抑えた、いわゆるエコな設計に加え
人生が15ターンで強制終了する有様は、この不景気の世の中を反映しているともいえる。
イベントはハンバーグを焦がして3000万円損するなど、無理のあるこじ付けの文章が表示されるだけである。
マップにゴールなど無く同じコースを回り続ける苦行を15ターン繰り返した暁には、
立派な修行僧が出来上がっていることだろう。
前作の失敗を省みず、もっさり感を生かしたまま移植した
体験版とも言うべき作品を1000円で売る姿勢に前年王者の風格が感じられる。
人生の教訓として全てのプレイヤーにこの言葉を贈りたい。

「ご遊戯ありがとうございました!タカラトミー先生の来世にご期待ください!」

選評案その7    

2007年・2008年と、卓越したクソゲーたちが続き、住人達は思っていた。
「過去二年を超えるような年はもうこないだろう…」。
今年、2009年は一般ゲーマーにとっては平和な、クソゲー住人にとっては退屈な年になると思われた。
が、そんな彼らの人生に光が射した。

「人生ゲームWii」の登場である。

製作は2008年クソゲーオブザイヤー大賞「メジャー2」のタカラトミーだ。
大人気ソフト「人生ゲーム」。
過去を見る限り、クソゲーになることは無い…と、住人たちは思っていた。
だが、そこで期待を裏切らないのがタカラトミーの人生だ。
なんと今回の「人生ゲーム」は、大不評を買ったあの「人生ゲーム Wii」の移植版だったのだ。
住人の心が一気に惹きつけられた。

どこぞの幼稚園児が考えたようなマップ。なんのためにあるのか全くわからないカード。
退屈なイベントetc…。
そして極めつけは15ターンで終わるシステムだ。
「15ターン?なにそれ?」お答えしよう。それはあなたの人生ではない。タカラトミーの人生だ。

「社員による社員のための社員の人生」
タカラトミーの目指した「人生ゲーム」は、これだったのだろう…

選評案その8    

激動の2008年クソゲースレ、話題の中心には常にタカラトミーの姿があった。
そして2009年も、クソゲースレはタカラトミーを中心に回っていくだろう。
多くの住人にそう確信させるタイトルが登場した。Wiiware『人生ゲーム』である。

クソゲーにはなりにくい、ボードゲームの定番中の定番であり
ほぼノーマークだった本作だが、出来の酷さが口コミで拡散し始める。

細かい欠点を挙げればきりがない。
マップは1種類固定、ゴールはなくループするだけ、
Miiが使えない、キャラエディット機能なし、ミニゲームなし、
マスの種類は3つのみ、セーブ機能なし、
15ターンでゲーム終了…20分程度のボリュームだ。
以前発売された『人生ゲーム ex』の流用+内容カットで仕上げました感が全開。
体験版以下の内容と言える。

イベントは基本的に金の増減のみで、
ハンバーグを焦がして-3000万円、
ランニングで気分が良くなった+1000万円等、
ふざけた内容がテキストで表示されるだけ。
全くユーザーを楽しませる工夫が感じられない内容である。

しかも転職、株、最後の賭けといった、シリーズお馴染みの戦略要素が全くなく、
駆け引きを楽しむことも、逆転に望みを託すことも出来ない。
淡々とルーレットを回し、運まかせに狭いマップをぐるぐる回り、
くだらないイベントを見るだけなのだ。
どこにも楽しめる要素がなく、ゲームプレイは苦行としか表現できない。

1000円という価格設定でも到底納得できない内容は、
笑えるクソゲーではない、正統派クソゲーと呼ぶに相応しい。
原作ゲームの知名度を武器に、3/10時点でWiiware売り上げトップの座を獲得。
多くの被害者が生まれる悲劇となっている。
メジャーといい、タカラトミーは任天堂に恨みでもあるのだろうか?

紹介ページには「お手軽、気軽に人生ゲームを楽しんじゃおう!」とあるが、
タカラトミーには以下の言葉を贈りたい。
『これは人生ゲームじゃないです』

選評案その9    

この世にはわざとクソゲーを作っているのではないかと疑ってしまう会社がある。
目的のソフトを作る技術が無くてクソゲーを作ってしまうのは酷いと思うが情状酌量の余地はある。
だが、技術があり金と時間もあったのにクソゲーを作る会社がある。タカラトミーだ。
そのタカラトミーが今年の3月3日のひな祭りに投入したソフトが「人生ゲーム(Wiiware版)」だ。

突然で恐縮だが、実は正直これをクソゲーと言っていいのかどうか悩んでいる。
このソフトは何もない。全然ない。だから当然ゲーム性もない。
強いて言えば住宅を並べ住みやすい住宅や欠陥住宅を見比べているところに
「大平原のド真ん中に放置された野糞」を出されたようなものである。
野糞には住めないから欠陥住宅と言えばこれ以上の欠陥住宅はないだろうが、
野糞を住宅と呼んでいいのかと言われると悩む。
同じように遊べないからクソゲーと言えばこれ以上のクソゲーはないが、
そもそもこれがゲームなのかどうか悩む。それがこのソフトなのだ。

どういうことか語る前に、まず元ネタとなる人生ゲームについて説明させて欲しい。
人生ゲームば理不尽に上下するお金に喜んだり借金に怯えたりしつつ、結婚したり子供が増えたり
予定通りに行かない人生の機微を楽しみゴールを目指すことがコンセプトの人気ボードゲームだ。
発売した年により世相を反映したイベントがクスリと笑わせ、おもちゃとはいえ手渡される現金の束に
一喜一憂し、時にはライバルを蹴落とすイベントでプレイヤーの人間性を引き出すゲーム性が醍醐味と言える。

もちろん、そんな醍醐味を期待してはいけない。
このソフトが大平原の野糞だということを忘れてはならないのだ。

まずゴールを目指すボードゲームの移植なのにゴールがない。何故か同じ場所をぐるぐると回る。
なんと開発チームは「人生ゲームのマスは時間経過」という基本概念が理解できていないのだ。

時系列がループ。このキーワードで何人かの方は脳裏にアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の
「エンドレスエイト」を思い浮かべるかもしれない。
大体あっていると言えば、どれだけクソか分かっていただけると思う。

続いてお金についてだが、一応お金の概念も借金の概念も移植されている。だが、されているだけだ。
数字欄に数字があるだけで全然ありがたみがない上に金額が一般の感覚からかけ離れていてついていけない。
もちろん本来の人生ゲームも普通の感覚ではあり得ないくらいお金が動いて、
それで笑いを取っている面もあったのだが、こちらは更に桁が違う。
「財布を家に忘れたせいで十万円損した」なら「何でだよ!」と突っ込んで笑えるが、
「財布を家に忘れて四千万円損した」といわれても全然笑えない。桁が大きすぎて
ありがたみもおもしろさも失ってしまっているのだ。
ちなみに終了時の逆転要素としてボーナスがあるのだが、これが五千万円。
すでにおわかりと思うが、1イベントで何千万円単位のお金が動くこのゲームで五千万円もらったところで
1イベント分得するだけで何ら逆転に寄与しない。

皆さんはこれだけでも十分クソだと思うかもしれない。
しかし、これがまだ片鱗でどちらかと言えばマシな方と言ったら皆さんどう思うだろうか。
今までの点は駄目だがちゃんと移植しようとして、要素として残っている。
しかし、ここから先は何もない。本当に何もないのだ。ただの無が広がっている。

人生のゲーム化なのに転職のような転機もない。結婚もない。子供もできない。
世相も反映していなければライバルを蹴落とすイベントもない。
ライバルに干渉できないのだから、もはや何の接点もない他人が勝手に人生を歩んでいるだけであり、
競っている意味すら分からない。
ただ給料をもらって、お金を拾ったり失ったりということを延々続け、
「ハンバーグを焦がして三千万円損した」というような寒いネタが流れ続ける。
もちろんイベント絵なんか出てくる訳がない。

プレイヤーのやることと言えば、
「wiiリモコンを振ってルーレットを回す」「ルーレットの代わりに拾ったカードで進む」
「分岐でどちらに進むか決める」の三種。
これだけだ。他に何もない。

ただ、リモコンを振って結果を見るだけ。ゲーム性もなにもあったものではない。
狭い循環マップも相まって普通の人間は数ターンで飽きてしまう。
一喜一憂するのはゲーム内のキャラクターたちだけで、プレイヤーはひたすらwiiリモコンを
振ってルーレットを回しルート分岐を選択させられるだけの存在となる。

戦略性もない。戦術もない。ループだからこの先どうなるのかというワクワク感もない。
ご褒美CGもなければ達成感もない。縛りプレイもできない。やりこみ要素もない。
何か謎がある訳でもないし、強大な敵もいない。逆転要素もないし、ライバルは名ばかりの唯の他人。
これで何を楽しめばいいのか。

これはもはや「ゲーム」ではない。「wiiリモコンを操作しないと動かない環境ソフト」だ。

そのほか、音楽が単調の上短いループで更に飽きを加速するとか、見下ろしマップで操作ができないとか、
職業を自由選べてしまう(人生ゲームはなりたい職業になれないことも醍醐味の一つ)上数も少ないとか、
最初のクレジット表示が飛ばせない等の不備も、このゲームの特徴である何もなさを引き立たせる。

ここまで酷いと、本来はプレイヤーの楽しみを奪う1ゲーム15ターン制限(プレイ時間約20分)は
むしろプレイヤーに対する救済措置にすら思える。間違って100ターン勝負なんてできてしまった日には
プレイヤーは二重の意味で人生に絶望することだろう。
むしろ1ターン制限にしてマップを廃し家族の運を計るおみくじソフトとして機能させた方が
盛り上がるのではないかとすら思ってしまう。

ここまで散々書いたが実は、このソフトにも良いところはある。
それは何もない故にバグもないということだ。
冒頭の欠陥住宅の例で言えば、「野糞には住めないが、姉歯物件のような倒壊の恐れもない」ということだろうか。
そのような被害とはこ無縁だ。
だが、だからといって安心してはいけない。
吹きさらしの大平原で野糞の隣に二十分間寝っ転がり続けるのは大変苦痛なのだから。

人生のランキング動向    

  • ソースはショッピングチャンネルの中のWiiウェアの人気ソフトから。
    過去2週間のDL数で順位付けされてるらしい(1日の売上では順位変動しにくい)。

4/26ごろまで1位キープ
GW明けごろ、3位が定位置に
5月末まで上位(5位以内)
8/2まで10位以内
(そのまま圏外に去ると思われたが)10月末ごろ10位以内に返り咲く。
11/17の体験版4本に押され順位を下げたが、10位前後をキープしている。
年末に入り、ボードゲーム需要のおかけか、7位(実質3位)まで順位を回復。
ランキングに年内居座ってしまった。
その後も配信終了まで圏外に去ることなく上位に居座った。
総ダウンロード数はWiiウェアスレで有志が行っている集計によると約8万。

リンク    

プレイ動画
http://dic.nicovideo.jp/v/sm6392770[外部リンク]


  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-19 (土) 20:49:58 (959d)