2012年 次点

概要    

名称ヘビーファイア アフガニスタンhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00861EPQA[外部リンク]
ジャンルレールシューティング
対応機種PlayStation3
発売元ハムスター
開発元Teyon
発売日2012年8月16日
価格5,980円 (税込)
対象年齢CERO:C(15歳以上対象)

参考動画    

PVその1

PVその2

※なお上記の動画は実際のゲーム内容とは大きく異なっておりますので惑わされぬように。

要点    

北米にてPS3・Wii・PCのトリプルマルチで発売された同タイトルの日本語ローカライズ版。よく間違われるがFPSではなくレールシューティングである。
低価格ながら本格的なガンシューティングが楽しめるということで人気の高い「ヘビーファイア」シリーズの3作目で、今作は現代アフガニスタンが舞台。
その北米エリアでWiiwareのDL数一位を記録したと言う、正直住人的には『人生ゲーム(Wiiware版)』の経験からして全く当てにならない実績を掲げて堂々販売。
一応グラフィックは次世代機として申し分ない出来だったが、その他の部分で何一つ褒めるべき所が無く、レビュアー達から揃って最悪の評価をつけられる結果に。
スレでの呼称は主に「アフガン」。他にゲーム内で主人公が叫ぶスラング「ふぅあー!(通称)」がその可笑しさから住人達の心を掴み、挨拶などに幅広く使われている。

ストーリー関連    

  • ステージ数が明らかに水増しされている。
    • パッケージでは「20以上の多彩なミッション」と書かれているが、実際は12のミッションがそれぞれ二つの難易度で遊べるだけ
      • 要するに、数にして実に2倍の水増しである。
      • なぜか途中明らかにチュートリアル用の射的ミッションが2つも挟まれる。
    • ヘリや戦車でのミッション、人質救出もあると謳っているが、それぞれ一本ずつしかない
      • しかも、人質は全員殺害しても全員救出扱いになる。一体なんの為のミッションだ。
  • ストーリー性がほぼ皆無。
    • 具体的には「戦地に赴いてゲリラの一部を掃討して終わり」、本当にそれだけである。
      • 「COD」の様にきちんとした物語があればまだ許された面もあったかもしれないが、これでは風呂敷の広げようがない。
  • ミッション前のストーリーをダラダラと長文で説明され、1分ぐらい毎回英語で聞かされる(一応スキップ可能)
    • どう考えても跡付けの長文のうえ、何のビジュアル的説明もないので全く頭に入ってこない
  • 無線と実際のプレイ内容が噛み合っていない場面が多い。
    • ヘリでの市街地戦で「建物には一般市民がいるから誤って撃つな」→爆撃で建物を壊す→ボーナスポイントが入る、等々。
      • それ以前に一般市民が一人も出て来ない。
  • ルート分岐が一切無い上に、イベントも意味が全く無い。
    • ステージは全て決められた道をただ進むだけの一本道。
    • 何度かMoveによるQTEが発生するが、これによる分岐は当然ない。
      • 「倒れてくる鉄塔を避ける」「爆弾を回避する」等のQTEを失敗しても演出は変わらず、ただボーナスポイントが加算されないだけ
      • ここまで取って付けた要素であることがバレバレなのはある意味潔い。

戦闘関連    

  • レールシューティングとしてのゲーム性が問題だらけ。
    • 中盤から突如敵の命中率が向上し、弾丸が頻繁に飛んで来るようになるが、恐ろしい事に、ダメージ後の無敵時間がまったくない
      • よって画面上に敵が複数いれば、そのまま連続でダメージが入る。しかも、画面の両端から同時に致命弾を撃ってくる場合もある。
      • 隠れる系のレールシューティングゲームに置いては前代未聞の仕様。
      • 余談だが、過去同じ仕様をやらかした物にクソゲー界の征夷大将軍、その名も『デスクリムゾン』がいたりする。妙な縁もあったものだ。
    • 当然隠れる以外の選択肢はないが、どういう訳か隠れることができないシーンもある。
      • 加えて、隠れる動作中にも敵がこちらを捕捉し狙ってくる場合もある。 いやこれってレールシューですよね?
      • 挙句、隠れても隠れきれて無いシーンもある。隠れつつ打つ事が可能な場合もあるが一部のみ。
      • ラストでは左側に隠れると、画面内に敵が居ないのに関わらずバンバン撃たれることになる。
    • グレネードを投げることも出来るが、モーションが非常に遅い
      • しかも画面上の敵を一掃できるわけではないので結局焼け石に水。
      • 物陰に隠れた状態でも投擲モーションに入る事が出来るので、そこを理解すればそれなりに使える。
        (物陰に潜んだ状態でピンを抜いて、立ちあがって投げるイメージ)
    • 仕様上基本的に全ての移動は自動的に行われるため、安全地帯の確保が出来ない。
      • その為、ほぼ確実にダメージが入る場面に遭遇する
    • リトライしてもダメージ残量はチェックポイント通過時のままで、場合によっては詰む。
    • プレイヤーが「開発側がFPSと間違えて作ったのではないか」と疑いたくなる程、あらゆる点でゲームシステムがおかしい。
  • 難易度の差が基本的にまるで感じられない。
    • 2つある難易度(ノーマル・ベテラン)は、どちらも敵が基本的に1撃で倒れる上、配置にも差が無い。
      • 車や戦車もあるが、こちらも難易度による違いがあまりない。
      • 細かい違いは、アイテムの配置や敵の命中率の若干の向上くらい。
    • 明快なのはステージの明暗の違いだけ。
      • 逆光や影がさらに強調され、敵がほとんど見えなくなる。元々かなり見えづらい所にもってこの仕打ちである。
      • はっきり言って敵を探す手間が増えるだけの、ただの手抜き仕事。
    • オプション項目に画面の輝度を調整する画像があるので、それで調整すればある程度改善する。
      • 明るさ調整はゲーム内のオプションでは出来ないため、テレビ側で行う。
      • 何故か説明書にこの事に関する記述がない。
  • とにかく敵が発見しづらい。
    • 曰く「明らかに配置がおかしいというか、撃たれるまで見つけさせる気が全くないだろ」と言いたくなるレベル。
      • 敵が実際に隠れているならわかるが、完全に遮蔽物から身を乗り出している状態なのに見えない事が多い。
      • しかもベテランモードになると更に悪化して結果的に難易度が上がるという、まさに手抜きの上塗り。
    • 銃撃音がしょぼすぎる上に、撃っていることを感じさせる演出も貧弱な為、全滅させたと思ったら隅っこでパスパス撃ってる敵を見つけることが多々ある。
    • 迷彩とかじゃなく煙の中から撃って来ることがある。当然こちらは全く見えない。
      • 倒したと思ったら別の煙の中にもう一人居たりもする。
    • 火を噴いているドラム缶の真後ろに居たりもし、警告用の「!」マークと色が被って気付きにくい
      • しかも滅茶苦茶遠くに配置されており全然弾が当たらない。 曰く、「スナイパーゲーム」並みの遠さ。
  • カスタマイズの要素が内容に乏しすぎる。
    • 幅が非常に狭く、弾薬とグレネードの増加、HPの増強とメイン武器の種類の追加(最大4つ)のみ。
      • しかも、武器の切り替えはこのカスタマイズ画面でしか出来ず、別の武器に変えるには全てのステータスを毎回リセットする必要がある。
  • 武器使用の自由度が非常に狭い。
    • メイン武器(マシンガン系)とハンドガン(カスタマイズ不可)を交互に使うが、交換はメインが弾切れを起こした時だけ
      • しかも、弾薬補填アイテムを拾った時は自動的にメイン武器のリロードが始まる。少しはTPOを考えろ。
      • ちなみに、画面上に表示される自分の武器で、敵が隠れてしまう場面もある。
    • ついでに、ハンドガンは弾切れを起こしてもホールドオープンしないのでリアリティのかけらも無い。

グラフィック・演出関連    

  • 迫力のあるムービーや美麗なグラフィックに対して演出が陳腐すぎる。
    • シューティング画面に切り替わるとカメラはぴたりと止まり、ロボットのようなもっさりした動きで敵が迫ってくる。
      • 加えて意味も無くローリングし、至近距離であさっての方向に乱射する。いつの時代のゲームだこれは。
  • サウンドエフェクトも酷く、まるでサイレンサーを付けているかのような軽い射撃音。
    • ヒット時の音声もあってないようなもので、遠くの敵は離れすぎているため当たったかどうかすら確認できない
      • 銃を見ると照準器のようなものが付いているが、覗く事など出来ないのでただの飾りなのだろう。
    • 敵からのダメージも画面に小さく穴が開くだけで、被弾したことに気付かない場合がよくある。
    • 終盤で入手するロケットランチャーの爆発音は、ポップコーンの仕上がりのような音。
      • しかも、命中する位置によっては音さえしない。
  • 選評者曰く、テンションが上がった時に主人公が放つ違和感全開の「ふぅあー!」という叫び声が唯一の救い。
    • ちなみに「ふぅあー!」はアメリカ陸軍が使うスラングで、意味は「no以外のどんな物」「全ての物に」とか何とか。
      • 他に鼓舞とか了解って意味合いで使ったりする。要するに色々万能な言葉と思っておけばよい。

システム関連    

  • キャリブレーション(照準調整)を行うため「設定画面>コントローラー>照準設定」と選ぶ必要があるが、メニュー画面のボタンが非常に小さい
    • 正しい照準でも狙いづらく、行わずに始めた場合頻繁に画面の3分の1にMoveが感知できないとの警告が表示され、プレイの妨げになる。
    • 実はMove左脇の「SELECT」ボタンで直接キャリブレーション画面に行けるが、非常に見落としやすい。
      • 説明書のボタン配置の所に、「SELECTボタン・・・・照準調整」と書いてあるだけで理解しろと言う方が無茶。
      • ちなみにメニュー画面でも「SELECT」での調整は可能だが、これについても一切触れられていない。
  • ナビゲーションコントローラー対応なのにメニュー操作・メッセージスキップはそこからはできない。
    • いちいちMoveでやらされるのでメニュー操作が非常に煩わしい。
    • ついでに、はしごを上るモーションもMoveで行う必要がある。
      • 何度も上方向にMoveを押し上げることになり、めんどくさい作業でしかない。
  • 通常のコントローラーでPS3を立ち上げてからMoveを接続するとMove側でメニューの操作ができない。しかもプレイヤー2固定。
    • MoveかナビゲーションコントローラーでPS3を起動、若しくはPS3のメニューからコントローラーのコントローラーの電源を切る事で対処可能。
    • クロスメディアバーからヘビーファイアを終了すると何故かPS3が再起動する。
      • メニューのみでミッションを開始しなければ発生しない。
  • 日本版で出す際の作業が手抜きもいいとこ。
    • そもそも日本語音声は収録されておらず、追加されているのは字幕のみ。
    • その字幕が、何を考えてこうなったのか画面の中央に何行もの文章が並べられる仕様
      • フォントも読みづらく、場面によっては逆光により全く文字が見えない。
      • 極め付けは、敵との銃撃戦中に指令が表示され、見事に敵を覆い隠す
      • 先で挙げたMoveの警告と同時に表示された場合、画面の半分が見えなくなる。
    • オプションで、字幕を非表示に設定する事が出来る。
      • 何故か説明書に記載されていない。
    • 「It was my seventh birthday...」と喋ってるのに「17歳の誕生日だった」と字幕に書かれてたりと誤訳も完備。

その他    

  • 説明書が極薄。
    • 量にして僅か5P。しかもオールモノクロ。
      • それ自体はこの手の海外ゲームには割と良くあることではあるが、このゲームの説明書の場合前述の照準設定のような説明不足な点が目立つ。
      • ゲーム中に説明されるといった事もないため、非常にわかりづらい。
  • オンラインや多人数プレイの必要性が感じられない。
    • 反映されるのはランキングのみで、Coopプレイはオフライン限定。
    • 最大4人まで同時にプレイできるが、ノーダメージを目指す以外に本作で遊ぶ価値などない。
    • 画面分割ではなく一画面共有のため、一人が隠れる動作をすれば全プレイヤーが強制的に隠れる事になる
      • リロード、危険回避、さらにはカバー状態を解除するまでにいたり、全プレイヤーの意思疎通が必要となりプレイ人数が増えるほどに制約が増していく
      • 上記のダメージ判定により、カバー操作をしていないプレイヤーがカバー解除直後にダメージを受けてしまうような理不尽な場面も発生する
      • その結果、マルチプレイを長く続けると非常に気まずい空気になる危険性がある
  • トロフィーに「チェーンでxx人倒す」といった項目があるが「チェーン」とは何かの説明が無い。ゲーム中でも「チェーンxx人」といった表示は無し。
    • 実際にはゲーム中で表示される「コンボ」でトロフィー解除されるようだが、その「コンボ」にしても説明書に記載が無いため成立条件が不明。
      • ゲーム中に説明されるといった事も無い。
    • 対して海外版の説明書にはボーナスポイントに付いて全部書いてあり、一応英仏二言語で書かれているとはいえ、片方だけでも10ページ。
      • 敵3体を短時間で倒す、ロングレンジキル:長距離の敵を倒す、破壊神:車を破壊する等、かなり具体的に書かれている。
  • AVアンプによっては相性問題が発生する。
    • AVアンプがPS3とTVの間に挟まってるとゲームを開始した途端画面が真っ暗になる事がある。
      • もちろん、同じハード構成で他のソフトでは再現しない。
    • HDMIセレクターを通すだけなら問題ないが、AVアンプのように音声と映像を分離する処理が入る機械が挟まってるとダメな模様。
      • 大画面で遊べばそこそこ荒は隠せる可能性もあったが、上記の理由でプロジェクターが使えないのでそれも無理。
  • インストールされるゲームデータが2.3G
    • これだけの容量でありながら、各ミッション前に20~25秒のローディングが入る
  • PVがどう見ても詐欺。
    • プレイした人曰く、ゲーム中に存在しないカメラアングルのシーンが多数
    • しかも明らかに一番高画質なPC版の映像を流用している。
    • FPSと勘違いして購入し激怒したユーザーが多数いるが、このPVを見た感じでは間違えるのも致し方ないと言えるほど紛らわしい造り。
      • まあジャンルを見れば違うのは一目瞭然だが。
  • 価格が完全に分不相応。
    • 値段にして5980円。しかも元々(北米版)の価格は19.90ドル。
    • しかも、上記の画面を見えづらくする糞字幕が追加されての値段。
      • つまるところ、わざわざ日本語版を買う必要性は0と言って差し支えない。
  • 続編である『ヘビーファイア シャッタードスピア』が、翌年にPS3と360のマルチで発売された。
    • 酷さのベクトルはまた違えど案の定の結果で、本作と3DSで発売された『ヘビーファイア ザ チョーズン フュー』と合わせてもれなく3アウトとなった。
      • もはやこの「ヘビーファイア」シリーズ自体が、もれなく見えている地雷状態と化している。
    • 大御所タカラトミーの事実上の引退もあって沈みがちだった住人達を大いに湧き上がらせており、今後のシリーズ展開が期待されている。

選評    

選評その1    

8月16日。
そのゲームは突如日本のゲーム市場に登場した。
「北米で人気のレール・ガンシューティング」のキャッチフレーズで海外から殴り込みをかけたその作品は
戦場をモチーフにしたゲームに慣れたプレイヤー達に衝撃を与えた。

ヘビーファイアアフガニスタン。

北米市場では主にWiiwareで配信され
低価格ながらも本格的なシューティングが楽しめることで知られるシリーズの一作である。
最新作に当たる本作はwii/PS3/PCのマルチ用に開発され
ローカライズの形でPS3版のみが日本で発売されている。
その一見ハードそうな内容を思わせるパッケージデザインと
シリーズでWiiWareNOAエリアで1位を記録した実績から
本格的なシューティングゲームを連想したユーザーも多いかもしれない。
だがふたを開けてみれば、そこには不満とストレスが混在する美しいまでのクソっぷりが待ち受けていた。

まずはインタフェースである。

Move操作を要求するゲームであるにもかかわらず
キャリブレーション(タイムクライシス等にあるガンコンの調整に相当するもの)がゲーム開始前にないのである。
そのため、テレビやEyeの設置箇所によっては照準が派手にぶれることあり
コントローラーと照準の動きがバラバラのままゲームスタートすることになる。
加えて、キャリブレーションを行うためには「設定画面>コントローラー>照準設定」と選ぶ必要があるのだが
メニュー画面のボタンがやたらと小さく、正しい照準でも狙いづらいのである。
万一キャリブレーションを行わずにプレイを始めた場合
頻繁に画面の3分の1にMoveが感知できないとの警告が表示され
プレイの妨げになる(プレイ進行自体は止まらない)。
狂った照準で狙いづらいメニューバーを選択するという過酷な試練がゲーム開始前から用意されているとは
さすがは本格的な戦争ゲームである。

なおこの事は、わずか5Pの取扱説明書(オールモノクロ)には当然のごとく記載されていない。

困難な設定を乗り越えて到達した戦場で待ち受けているのは
美麗なグラフィックと躍動感あるカメラワークで映し出されるヘリの内部。
兵士の視点からロープで戦地に投下
戦車や戦友とともに戦場へとかり出す姿に心躍らされるのもつかの間
銃撃とともにシュールな光景が一気に広がる。
シームレスにシューティング画面に切り替わるとカメラはぴたりと止まり
ロボットのようなもっさりした動きで敵が迫ってくる。
意味も無くローリングし、至近距離であさっての方向に乱射するなど
まるで初期のレールシューティングのようなモーションを行う。
華麗なグラフィックの中での一連の敵の動作は
とてつもない違和感を覚えさせてくれる。
さらにサウンドエフェクトもひどく、まるでサイレンサーを付けているかのような軽い射撃音である。
ヒット時の音声もあってないようなものであり
遠くの敵はあまりにも離れすぎているため当たったかどうかすら確認できない
(照準器という便利なものが付いている気もするが、たぶん気のせいだろう)

加えて敵からのダメージも画面に小さく穴が開くだけであり、被弾したことに気付かないこともままある。
こうしたプレイ中のしょぼさは終盤まで続き、迫力のデモシーンと相まってとてつもないグダグダ感を演出している。
終盤で入手するロケットランチャーの爆発音でさえ
ポップコーンの仕上がりのような音である(命中する位置によっては、音さえしない)。
操作中に心の支えとなるのは、テンションが上がった時の主人公の「ふぅあー!」ぐらいだろうか。
(一応、最終的に得られる軽機関銃の連射音は比較的まとも、ただしヒット音は・・・・)

初見では残念な演出に隠れがちではあるが
レールシューティングとしてのゲーム性にも問題がある。
敵の命中率が著しく悪い序盤はよいものの
中盤から突如敵の命中率が向上しライフを奪う弾丸が頻繁に飛んでくるようになる。
そこでこのゲームにおけるレールシューティングとしてのあるまじき仕様が露呈する。

まず第一に、ダメージ後の無敵時間がまったくない。
画面上に致命弾を撃つ敵が複数いれば、そのまま連続でダメージが入ることになる。
しかも、これらの敵の中には画面の両端から同時に致命弾を撃ってくる場合もあり
こうなると隠れる以外の選択肢はないが、隠れることができないシーンもある。
加えて、隠れる動作中にも敵がこちらを捕捉し狙ってくる場合もある。
グレネードを投げることも出来るが、モーションが非常に遅く
画面上の敵全てを一掃できるわけではないので所詮は焼け石に水である。
一人称や三人称視点のシューティング(FPS/TPS)のように自ら移動を行うゲームでならよくある仕様だが
レールシューティングである本作では勝手が違う。
基本的に全ての移動は自動的に行われるため安全地帯の確保が出来ず
ほぼ確実にダメージが入る場面に遭遇することになる。
(複数プレイの場合、個別の敵に対処すればかろうじてダメージ回避は可能かもしれないが
3~4人同時に致命弾を撃ってくる場合もあるので全員の意思疎通が不可欠)

しかも、リトライしてもダメージ残量はチェックポイント通過時のままなので、場合によっては詰むことになる。
FPSと間違えて購入し憤るユーザーの声もあるが、開発側がFPSと間違えて作ったのではないかと疑いたくもなる。

この他にもプレイヤーにストレスをかける不親切な部分やツッコミどころが数多く存在する。
まず総ステージ数であるが、パッケージでは20以上の多彩なミッションと書かれてある。
しかし実際は12ミッションがそれぞれ二つの難易度で遊べるだけである。
一本一本はレールシューティングとしては平均的な長さだが
なぜか途中にどうみてもチュートリアル用の射的ミッションが2つも挟まれる(これをカウントすると14ミッション)
ヘリや戦車でのミッション、人質救出もあるとうたわれているが、それぞれ一本ずつしかない。
しかも人質は全員殺害しても、全員救出扱いである(ポイントは減るが)
2つある難易度も、どちらも敵が基本的に1撃で倒れ(車や戦車もあるが、こちらも難易度による違いがあまりない)
配置にも差が無く、細かい違いとしてはアイテムの配置や敵の命中率の若干の向上ぐらいが挙げられる。

唯一明快なのが、ステージの明暗の違いである。
逆光や影がさらに強調され、敵がほとんど見えなくなるのである。
ただでさえルーキーモードでも逆光や影で非常に見えづらい敵が
大勢いたにもかかわらず、その数が増えるのである。
だが、はっきり言って探す手間が増えるだけの、ただの手抜きである。
これでステージ数を倍にしているというのであるから、立派な水増しと言えよう。
ステージ自体もルート分岐が無く、全て決められた道をただ進むだけの一本道である。
途中、幾度かMoveによるQTEが発生するが、これによる分岐は当然ない。
「倒れてくる鉄塔を避ける」「爆弾を回避する」等のQTEを失敗しても演出は変わらず
ただボーナスポイントが加算されないだけである。
成功する度に主人公が叫ぶ「ふぅあー!」がただむなしく響くだけである。
加えて、はしごを上るモーションもMoveで行うが
こちらは何度も上方向にMoveを押し上げることになり、めんどくさい作業でしかない。

武器の強化要素も一応はあるが
戦争ゲームにしてはカスタマイズの幅が非常に狭く
弾薬とグレネードの増加、HPの増強とメイン武器の種類の追加(最大4つ)しかない。
しかも武器の切り替えはこのカスタマイズ画面でしか出来ず
別の武器に変えるためには全てのステータスを毎回リセットする必要がある。
プレイ中にはメイン武器(マシンガン系)とハンドガン(カスタマイズ不可)を交互に使うが
交換はメインが弾切れを起こした時だけとなる。
しかも弾薬補填アイテムを拾ったときには
自動的にメイン武器のリロードが始まるため、敵の弾幕に晒されるリスクを伴う。
余談ではあるが、画面上に表示される自分の武器のせいで
敵が隠れてしまう場面もあるので、探すときには注意する必要がある。
一応オンライン対応ではあるもののあくまでもランキングの反映のみであり
Coopプレイはオフライン限定となっている。
最大4人まで同時にプレイできるとのことだが
ノーダメージを目指す以外に同じ画面の前で4人同時に遊ぶ価値があるかははなはだ疑問である。

元々海外で発売されたこのゲームはローカライズ化に伴い日本用に翻訳されているが
日本語音声は収録されていない。
追加されているのは字幕のみであるが
画面の中央に何行もの文章が並べられるとは誰が想像しただろうか。
フォントも読みやすいとは到底言えず
場面によっては逆光により全く文字が見えないシーンもある。
酷いときには敵との銃撃戦中に指令が表示され、見事に敵を覆い隠すのである。
上記のMoveの認識が出来ない表示と同時に表示されると
画面半分が見えないことにもなりかねないのである。

このように数々の不満点、不親切な要素をたぶんに含み
内容も充実しているとは言いがたいにも関わらず
値段はなんとフルプライス(約6000円)である。
しかも元々の価格は19.90ドルであり
ローカライズによる画面を見えづらくする字幕が追加されての値段である。

派手なPVにだまされ、本格的なFPSと勘違いして突撃した兵士達に同情したい気分にもなる。
だがこのゲームは、レールシューティングとしての理不尽さと値段に釣り合わない内容を通じて
戦争のむなしさを我々に伝えてくれているのかもしれない。
そんなゲームを輸入しローカライズで
さらに不満点を追加したハムスター(ゲーム会社)には敬礼ととも最大のふぅあー!を送りたい。

選評補足(マルチプレイ)    

・検証は4人プレイ、3ステージ分(ステージ1・2と人質ステージ)
・使用コントローラーは普通の二つ、Moveオンリー1つ、ナビコン付き1つ
・難易度はノーマル

とりあえず検証条件はこんな感じで。
他のプレイヤーが途中でギブアップしたので全ステージ検証は断念

以下、補足分:

マルチプレイに対応している本作ではあるが、そもそもシステムが対応してないのではないかと思わせられる仕様となっている。
「アフガニスタン」はヘビーファイアシリーズのマルチプレイをそのまま受け継いでいるため、画面分割はされず全員で共有という形となる。
しかし本作からの新要素と組合わさる事で大問題が発生する。それがカバーシステムである。

敵の弾丸から身を守るため本作から導入されたシステムであり、特定の場面で物陰に身を隠す事が出来る。
レールシューティングではこのカバーがあるものとないもの両方が存在するが、マルチプレイで画面を共有したまま隠れる仕様は前代未聞である。
そして複数でプレイしている最中に隠れる行為が、他人のプレイを妨げる結果を招くのである。
なぜならば、一人が隠れる動作を行えばプレイしている全員が強制的に隠れる事になる。

基本的にダメージ後の無敵時間がない本作では、敵の弾幕から身を隠す事が大事なポイントとなってくる。
特にリロードが必要な場面では、ほぼ必須の行動となってくる。
しかし、プレイする人によってリロードするタイミングはバラバラであり、隠れるタイミングも異なってくる。
こうなってくると全員の意思疎通が必要不可欠となってくるのだが、リロードや危険回避をする度にカバーの要請を毎回確認しなければいけない。
もはやリアル軍隊さながらのチームワークが要求され、プレイ人数が増えれば増えるほどに各自の自由度が下がっていく。 
そしてカバーから復帰する際に新たな問題が生じる。

カバーを解除するには、隠れるための操作(コントローラーかナビコンならスティック押し、MOVEなら回避ボタン+コントローラー傾け)を止めなければならないのだが、
一人でも続けていればずっと隠れたままになる。立ち上がるためにも毎回確認が必要な上、カバーをやめた瞬間に誰かにダメージが入る場合もある。
しかもカバーを最後にやめた人ではなく、誰に当たるのかがわからない。
見事な連携でカバー動作を行えたとしても、その先に理不尽な結果が待ち受けていることがたびたび生じるのである。

レールシューティングにおいてリロードとカバーは頻繁に行われる重要な行動ではあるが、
その度に軍隊並みの連携を要し、あげくに本物さながらの戦場での理不尽さを味わうことになるマルチプレイ。
本作においての協力を通して生まれるのは友情というよりも、いつ誰がカバーをし立ち上がるのかをひたすら疑う気まずい空気しかない。
常に疑心暗鬼なムードの中でマルチプレイをする意義は果たしてどこにあるのだろうか。

以上、マルチプレイでの補足分
他にも、セッティングは全部1Pしかできないとかの不親切な点もあったけど、
そもそもキーコンフィグなんて全く無いからそこは割愛


  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-31 (月) 17:33:38 (977d)