2013年 次点

概要    

名称ガイアブレイカーhttp://www.nintendo.co.jp/wiiu/software/wbgj/index.html[外部リンク]
ジャンルシューティング
対応機種Wii U
発売元ユビキタスエンターテインメント
開発元ユビキタスエンターテインメント
発売日12月25日
価格1890円(税込み)
対象年齢CERO:A(全年齢対象)

※パターン構築についての解説

よく東方シリーズという名前は聞くと思うけど、普通のSTGは大体避けるパターンが決まっている
自機狙いの弾が連続で来る場合は、当たるぎりぎりまで弾を引きつけてちょっと右にずれる
やがて画面端に行く前に大きく右に避けて、左に切り返す
この時上下行動は不要で慣れれば結構簡単に避けることができる

左右の移動のみで回避できる自機狙いパターンに対して
敵の配置によっては、上下の切り返しで応用する場合もある
中には敵の周りをぐるぐる回って避けることだってある
すべての攻撃をA地点に誘導、回避しながらB地点に移動して再び攻撃を誘導、その繰り返しとかもある

しかし今作は左右の移動しかできない
そして敵は上下移動を推奨した自機狙いの攻撃パターンとかも存在する

参考動画    

有志によるエンディング出現条件と永久パターンの検証動画

以下3つは同氏による動画(ニコニコ)

要点    

元々、スマホ用アプリとして600円で配信された縦スクロールシューティング『グランダリウス』の据え置き移植作品で、思わぬ所に潜んでいた年末の魔物
追加要素として「Miiverse」への対応があり、他の人が撃墜された地点を画面脇に表示しながら操作ができ、家に居ながらにして全ユーザーと競争プレイが可能。
内容以前に、いくらなんでも強気すぎる価格設定に加え、関係者がまるで的外れだったり無知だったりの発言を繰り返す等、配信前からきな臭さは最高潮。
実際、古臭いで済まない時代錯誤っぷりで、酷すぎる手抜き調整により理不尽に難易度が高く、eショップで23人連続☆1評価(全員購入者)という記録を叩き出した。
スレでの呼称は主に「ガイア」、或いは「ガイブレ」。出来が出来だけに、住人には「害」とか「骸」とかの当て字で度々皮肉られている。

価格と仕様について    

  • 明らかにおかしい、1890円という高すぎる価格設定。
    • 上にもある通り原作『グランダリウス』は600円のスマホアプリ、更に言えば4年前の作品である。
      • それをMiiverse対応以外の追加要素なしで移植したにも関わらず、値段は3倍以上
      • 追加要素ではないが、一応グラフィックはWiiU用に描き直されてはいる。
    • 1890円というこの価格は、次点の『ポケモンスクランブルU』(1800円)を上回るWiiUダウンロードソフト最高額となっている。
      • 基本的に、他のDLソフトは端数を出さないため税込みで100円単位になるよう価格調整されているが、
        本作は一切そういった考慮のない1800円+消費税90円。
  • 時代錯誤にもほどがある全体的な仕様。
    • 移動は斜めどころか、上下にすら動かせない左右限定仕様
      • 昨今、そこらのフリーゲームですら8方向移動が普通に可能な時代でこの仕様である。
    • 攻撃は直進する通常の弾とロックオンレーザーの2種しかないにも関わらず、アイテムやパワーアップ、ボムといった要素は皆無
      • しかも後述するコマ落ち問題のせいで、ロックオンレーザーがまともに機能せず敵を打ち洩らす場面が多発する。
      • ついでに発射ボタンは共通。ただし、慣れが必要だが一応やり方次第で使い分けは出来る。
    • 全6面で、分岐・裏ボスなどもない完全な一本道。クリア時間は20~30分程度。
      • エンディングはなく、スタッフロールさえない。当然クリア特典も一切ない。
      • 後に、一定条件(スコア数500万)を満たすことでEDが出現することが確認された。ちなみに、普通にやるとノーミスクリア前提の点数
    • 「スマホアプリとして見れば」そんなもんかと思える部分もないではないが、スマホアプリの頃から600円の価値は全くないという見方が主流であった。
      • しかもSNSなどでの発言を見るに、劣化移植だと評している意見がかなり多い。
  • オプションはMiiverseの設定のみ。
    • そもそも中身がすっからかんなので、設定するべき項目自体がないとは言え、音量調整すらないのは流石にどうなのか。
    • この「充実のオプション」は、かのデスクリムゾンや大奥記よりも酷いのではないかとまで言われてしまう有様。

UIと難易度について    

  • UIや挙動が悪いせいで難易度を上げている点がいくつもある。
    • 左右移動しかできないのに、その左右移動は慣性がかかって微調整が困難
      • 明らかにタッチ操作前提の造りで、移植に際し全くと言ってバランス調整していないのが明白。
    • 敵弾幕&レーザーの色が背景と同化して見づらくなることがよくある。
      • 特に、4面ボスなどでの青色のレーザーのステルスっぷりは相当酷い。
      • また、5面のマグマの上での赤レーザーや青レーザーが非常に目に優しくない色合いとなっている。
      • 一応、完全に分からなくなるレベルの溶け込みは流石にない模様。
    • 敵や弾が増えてくるとコマ落ちが発生して動きがカクカクになる。
      • 終盤どころか、1面の時点でも発生しているのだから救いようがない。
      • その為、プレイしていて爽快感を得られるどころか、むしろイライラばかりが募る。
    • 自機が画面端に移動すると、動きに明らかな遅延が発生する。
      • ただでさえ画面端に追い込まれやすいのに、画面端で自機が超鈍足になるのでまともに弾避け出来ない。
  • 加えて、後半はステージの難易度自体が理不尽に高い。
    • 4面以降は急激に難易度が上がっていく。
      • この手の作品をやり慣れてない人にしてみれば、3面ボスの時点で投げ出したくなるような難しさである。
    • おまけに、難易度の上げ方は自機狙い弾と追尾レーザーをただただ増やすという調整だけで行われている。
      • それに伴ってコマ落ちがどんどん酷くなり、余計に被弾が増加する。
      • 特に、追尾レーザーがほぼ横向きと言える角度にまで曲がってくるため大変かわし辛い。
      • さらには、この手のレーザーを発射するザコ敵の耐久力がかなり高く、位置を覚えて先制攻撃で先に潰す手があまり役に立たない
    • お陰で、左右移動しかできないのにどう考えても左右移動では回避できない事態が多発
      • その理不尽さはラスボス(6面ボス)で最高潮となり、残機MAX(9機)で6面に挑んで運がよければ何とか倒せるかどうか。
      • なお、本作にコンティニューなんてものは最初から存在しない
      • 一応クリアしたステージを選択して開始できるが残機は3からのスタートとなるので、
        4面以降の理不尽な難易度からステージセレクトで先のステージを選択するほどクリアが遠のくというジレンマ。
    • 意識的に動きを読んだ上での調整ならプレイヤーへの挑戦とポジティブに捉えることもできるが、本作のそれは明らかに単なる手抜きの結果である

ほか補足など    

  • 効果音が物凄く古臭い上、ボス着弾時やレーザー発射時など一部の音はそもそも収録されてすらいない
    • 加えて、演出が全体的におざなり一辺倒なので何かと迫力に欠ける。
    • ついでにBGMも、出来自体は特に悪くないが、とにかく単調なため直ぐに聞き飽きる。
  • ローディングがステージ毎に15~20秒と異様に長い。
    • ものすごく綺麗なグラフィック・高音質なゲームでもなく、ディスクからの読み込みというわけでもないのにこの長さである。
      • ローディングの表示が100%になってもなお5秒ほど待たされる。
  • 発生条件は定かではないが、画面がブラックアウトして落ちるバグや、音声がおかしくなるバグが報告されている。
    • 特に、4面突入時にブラックアウトしたとの報告がいくつか寄せられている。
    • クリア後のMiiverse送信画面で放置すると、高確率でフリーズするとの報告も。
  • 一応、Miiverse機能の追加だけは好評。
    • 自動で進んだ地点や点数がランキング形式で公表されたり、他のプレイヤーが死んだ地点に来ると表示されたりするシステムは連帯感を高めている。
      • ただし、当然ながらユーザー数は日に日に減っているので、もうしばらくすればその競う相手も居なくなる可能性が非常に高い。
    • 後の検証で、3面ボスに永久パターンが存在し、無限にスコアを稼げることが判明した。
      • 競争プレイという、自らの唯一と言っていい長所をも見事に潰している始末。
      • 何よりこれの存在を知ってしまっては、もはや競争する事自体が馬鹿らしいと言える。
  • 色々と香ばしすぎる、開発者(社長)の発言。
    • 内容の至るところで、無知や勘違いを匂わせており、ある意味で非常に読み応えがある。
    • なぜ、本作がこのような惨状になってしまったのかの経緯がなんとなく理解できる筈。
      • 詳しくは下記のリンク先や、過去のツイートなどを参照のこと。

パッド操作に関しての補足    

ガイアとりあえず触ってみたけど、うん酷いね
大方選評でかかれていた事で合ってるけど、
UIに関しては、WiiUのゲームパッドが縦持ち前提ってのはどうにかならんのか
縦に持ったらスティックで移動、十字で発射という手によろしくない負荷がかかった

横持ちへのシフトもスタート画面でできるけど、
もともと縦長の画面を横画面に合わせるもんだからゲームパッドの映像が超小さい
しかも映像荒いせいでさらに敵の弾丸見づらくなっているし

あと、縦持ちの時にタッチでも発射はできるけど、
移動もタッチで同時に行うから微調整が全然できない。
長押しで連射も出来なかったような記もするし、
スティック移動とタッチ発射を組みわ合わせると、元々あった変な移動の慣性と合わさって
さらにコントロールが難しくなった。

これを横移動限定、パワーアップ無しとか、マジメに作る気なかっただろ

説明書によると、玉を発射するボタンを押しながら敵のまえを通過でロック
ボタンを離すとはっしゃとのこと。

縦持ちだと十字キー、横持ちだとAかBになる
ちなみに横持ちだと、Xボタンで連射になりロックも行ってくれる

が、レーザー発射直後は連射が完全ストップする模様。
いちいちXボタンを再度押し直す必要がある。

縦持ちの場合は上記の仕様上、任意のタイミングで発射するのが難しい
というか、連射と同時は事実上不可

弾幕に関しての補足    

ガイアは弾自体は弾幕STGに比べると少ないけど
画面下中央に「数発」の弾幕張られた上で自機狙い弾が飛んできて画面端に追い詰められるみたいな
ほとんどが自機を殺しに来てる弾ばかり
操作性最悪の中でそれを避けているとあっという間に画面端に追い詰められて切り返しも出来なくて死ぬし
それを乗りえて後半戦に行くと誘導レーザーが追加されて切り返そうにも横っ腹からレーザーが突き刺さるし
5面辺りから雑魚が真下に向けて事前動作ほぼ無しで一瞬で即死判定発生をさせるレーザーを混ぜてくる
タッチプレイだと高速移動ができるお陰で切り返しは少しはマシになるものの
今度は高速移動が災いして先に張られた弾幕だのレーザーだのに自分から突っ込む事例が多発

当たり判定の検証    

WiiU持ってない上に某同人STGでもHard止まりのヘボシューターだけど動画を検証してみた

まず自機の当たり判定だけど、これはおそらくコクピットとその後ろの部分に台形状になってると思う
後で検証画像を上げるけど、自機の先端部分とウィングの先端部分は弾が重なっても回避出来てる
いわゆる弾幕ゲーのような球状の当たり判定ではないけど全身がアウトってわけでもないっぽい

あと問題になってるラスボスだけど、これレーザーは上でも言われてる通り先端部分付近しか当たり判定が無いな
20:03辺りでレーザー中腹に重なってる(ちなみにこれは他の弾幕STGゲーでもたまにある)

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4779117.zip.html[外部リンク]
とりあえず検証画像

一応再うp
http://www1.axfc.net/u/3132926.zip[外部リンク]

選評    

選評案その1ver3    

KOTYにはある名言が存在する、「年末には魔物が潜む」というやつだ
年末発売組みのパッケージソフトにこれといった注目作はなく、
すっかり油断しきっていたハンターたちであったが、
クリスマスの12月25日、そいつは意外な所から飛来した

その名は「ガイアブレイカー」、ジャンルは縦スクロールSTG
wiiUのDL専売ソフトで、価格は驚きの超強気設定【1890円】
元々はスマホ用アプリで配信されていた作品の移植作である
ちなみに、開発者が色々と香ばしい発言をして騒動になったのだが、
本選評では特に触れないので、知りたい方は各自で検索をば


独自要素としてはミーバスに対応しており、
他の人が撃墜された地点を画面脇に表示しながらプレイができる
(ちなみに「オプション」はこれの設定だけ、まさに充実のry)
なお、この仕様を用いてのスコア競争が本作唯一の救いだ

90年代のACゲームを悪い意味で彷彿とさせる、時代錯誤感満載の本作
まず、操作がなんと左右移動のみであり、前進後退は一切できない
攻撃もボタン共通の直進レーザーとロックオンレーザー(同時4体)の2種だけで、
アイテムを取得するなどのパワーアップ要素は皆無
ステージ分岐や裏ボスなどといったやりこみ要素も皆無

SEがやたら古臭いのはともかく、ボス出現・撃破時などの演出すら非常に雑
ステージ数は全6面で、クリア時間の目安は20~30分程度
ついでに、エンディングやスタッフロールも無い、コンティニューも未実装
この時点で、明らかに価格設定がおかしいことが分かる


ゲーム内容はというと、纏めるに「手抜き全開による理不尽ゲー」である
個々の要素で言えば、特別致命的といえる物はガイアには無いのだが、
数多く、もといほぼ全ての部分に存在する細かい問題点の相乗効果により、
結果的に物凄いハイレベルなクソゲーと化している

中間の3面までなら、古臭いけど一応遊べるぼったくりゲーで終わるのだが、
このゲームの真骨頂は4面(正確には3面ボス)から発揮される
その最たる原因が、左右避け強制仕様でありながら、明らかに多い「自機狙い弾」と、
それに付随する「追尾レーザー」の存在で、
それらにより、「切り返し(補足参照)」が通用しない場面が多々ある

もともとから、妙に慣性が働くため微調整が困難な操作に、
後半からやたら頻発するコマ落ちが非常に煩わしい所にもって、
普通なら回転して避ける前提と思しき角度の追尾弾も、【左右の移動のみ】で避けなければならず
ミサイル兵器等であっても撃墜は不可能で、レーザーはたびたび背景に同化しステルス化
ついでに、復活時の無敵時間もかなり短いときている
しかも5面→6面と進むにしたがって、前述の弾幕の量が目に見えて増えていく

ラスボスに至っては、今の所残機フルで挑んで運がよければギリギリ倒せるレベルで
(プレイ開始1週間時点で、筆者は何とか1回だけクリアを達成できた)
「大量の弾幕を(左右移動のみで)かわしながら、
殆ど常に襲ってくる追尾弾を(左右移動のみで)避けつつ、
ほぼノータイムでくる次の追尾弾を(左右移動のみで)避ける」
という操作を最後まで繰り返す必要があり、精神力を相当削られることになる

R−TYPEなどでお馴染みのパターン構築も仕様上かなり難しく
この手のジャンルで重要な、「上手くなっていく実感」をいまいち味わえないのも辛い
一般プレイヤー目線で言えば、無駄に難易度の高い上に、中身もすっからかんのクソ
シューター目線で言えば、慣性やコマ落ち等含め、明らかな調整不足にげんなりするクソ
仮に競う相手なしで一人でやっていたら、1日と持たず止めていたと思われる




選評案その2    

演出
BGM:単調な電子音の繰り返しで盛り上がりが全く無く、非常にダラダラと印象を受ける
しかも種類が少なく、ボス戦はラスボス以外全部使い回し。
時々BGMがバグってノイズまじりのものになる。ボス戦突入、次ステーに入るなどで解消。とてつもなく耳障り。

SE:とにかくチープな電子音しかなく、いま時こんな低音質なものを採用している事が信じられない。
通常弾にはSEすらなく、着弾音も全く無い。
敵が発するSEは撃破時の爆発音のみ。複数同時に撃破すると音割れが発生する。
例外的に敵がキャノンを発射するSEがあるが、全部使い回し。
キャノンを複数同時発射する際には音割れが発生する。

上記の通り、音周りの調整はほとんど出来ていない。

グラ:お世辞にも綺麗とは言えない。SFCレベルといっても過言ではない。
有料アプリでこのレベルを遥かに超えるものは既に多数ある中で、
このクォリティはある意味逆に貴重かも

背景:森林や大地が見えるMAPは及第点
ただし、それ以外外はコピペだらけで手抜き感が半端無い
特に宇宙ステージ(4ステージ目)の背景真っ暗に棒のようなものが浮いているだけなのが特に酷い。
ラスボス線の舞台さえ非常に手抜き。
さらには、嫌がらせのように敵のレーザーが見えなくなるような真っ赤な背景など
目にとても優しくない色合いのものもある。


敵:種類自体少なく使い回しだらけ。
敵の弾幕も、通常ショットx2、レーザー赤青、太いレーザーのみ(ボスを含む)
デザインはある程度統一されていると思ったら、ラスボスだけ世界観がまるで違う。
ラストなのに非常に手抜き感溢れるセンス

一応はステージ5まではロボットがボスを勤めているんだけど(4は宇宙船っぽいの)
ステージ6だけなんかよくわからん物体。しかも分身する
エイリアンのつもりなのかもしれんけど、唐突すぎる上にデザインがとても微妙。

自機:そもそも、通常弾、レーザー一種しかないので、演出もへったくれもない。
横移動と通常の飛行時、撃破時の絵ぐらいしかグラが用意されていない。

ちなみに、OPもEDも一切用意されていない模様
(EDはクリアできなかったので、動画で存在してないのを確認)


システム:横移動固定なので自由に動けない。
その割には自機狙いの弾幕が多く、追尾レーザーを撃つ的も3ステージ目のボスあたりから頻繁に出現。
問題は、横移動しか無いにもかかわらず、明らかに回避行動が間に合わない場面が多すぎる事。

その原因:
1・敵の配置、量が横移動しか出来ない自機に対して全く配慮されていない
2・スティック操作での移動スピードがとにかく遅い(スピードアップアイテムなどない)
3・タッチ操作では高速移動が可能だが、変な慣性がついており目的のポイントに正しく誘導できない事がある(タッチ離した後に、すこしスッとよこにズレる感じ。スティックでなることも)
4・至るところで画面がカクつく(処理落ち)ので、弾幕の軌道や自機の移動を正しく把握できなことが多い

カクツキが発生する条件としては、
・敵を一度に複数倒す
・弾幕が多い
・画面端に移動するとき
・敵が画面上に大勢表示される
・他のMiiverseの得点表示
・なぜかロード画面でも

などと、わりとよく発生する。
弾幕や自機がいきなりストップするなど、STGとしては致命的なレベル。

Miiverse表示を切れば多少は改善されるようだけど、
先にゲームオーバーになったMiiを超えるともらえる1UPの恩恵が消えるのと、
他人との戦績比べという数少ない良点が潰れるという始末。

高難易度のステージクリアともなると、上記の仕様のせいで残機数を増やしながら進むしかなくなるが
Miiverseの追い越しでの残機UPを期待する事が難しい。
1890円という高価格と驚きの低評価のためかプレイ人口が少なく、
そもそも理不尽な難易度の最終ステージまでたどり着ける人が少なすぎて話にならない。

その他:
・ロードが長い:特にすごいボリュームのゲームでもなく、演出は先述した通りのお粗末なないようなのに
各ステージ開始前に15~20秒のロードが入る。
表示が100%になってからも5秒ほどロード時間が入るので余計にイライラさせられる。
・自機がパワーアップする事が無いため、先に進めたいという意欲がわかない。
 というよりも、そもそもアイテム類が一切でないため、面白くする工夫を放棄しているのでは疑ってしまう
・ゲームパッドのみでのプレイの際、縦持ちでの操作性が非常に悪い。(そしてなぜかそれがデフォ)
・充実のオプション(まさかのMiiverse表示関連のみ。デス様、大奥レベルかそれ以下)
・値段が高すぎる。明らかにおかしい価格設定。1000円でもグラが遥かに良くやりごたえのあるSTGは他にある。
・インタビューにて、「ふつうのSTGなのでつまらなく感じるかも」と開発者が発言しているが
そもそも「普通」レベルにすら到達してない出来だから、純粋につまらない

・バグ:
先述したBGMガ時々雑音まみれで再生する以外にも、
ステージ中のフリーズ、ステージが真っ暗の状態でスタートするなど
発生条件不明のバグもある。
頻度はそれほどでもないが、回避方法がわからないので対処のしようがない
(残機数に関わっているとの情報あり。自分ではフリーズ3回、真っ暗1回のみ体験)



以上

リンク    


  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-20 (木) 18:23:56 (988d)