ノミネート作品    

★マーク付が大賞、残りが次点

★1/28【PS3】ラストリベリオン(日本一ソフトウェア)    

7140円。タイトル通りRPGの基本に真っ向から「反逆」している、10時間でクリア可能な大作RPG。
シナリオ・演出・ユーザビリティ・グラフィック・マップデザイン・戦闘システム・ゲームバランスと、どれを取っても残念な仕上がり。

  • 町も店も宿も無い世界で、棒読み英語音声で喋る10人以下の登場人物が、世界の危機を救うっぽい起承転結無視&打ち切りENDの物語。
  • 更に存在価値ほぼ0の装備品、超不親切な英語マップ、ボスまで使い回しの敵、全てがおかしいシンボルエンカウント等々。
  • そして戦闘に関しての質問は、「レベルを上げて物理で殴ればいい」で万事解決する。魔法も弱点システムも基本役立たず。
  • 逆に褒める所は、バグが無い事、トロフィーが取りやすい事、影山ヒロノブの主題歌が熱い(ミスマッチだが)ぐらいしかない。

4/28【PS2】ラブルートゼロ Kisskiss☆ラビリンス(ディンプル)    

7140円。ケータイマンガ雑誌マンガwalkerに掲載された、無料ケータイコミック『ラブルートゼロ』を題材にした乙女向け恋愛AVG。
発売延期を一年以上(5回)に渡って繰り返した挙句、微妙な出来の絵に加えてシナリオもシステムも総じて悲惨な出来栄え。

  • 主人公のキャラが非常にうざい。相手キャラの好感度は簡単に上がるので、攻略に失敗する方が難しい。
  • 操作性が非常に悪く、選択肢まで飛ばせない、スキップは遅い、QSも無い。イベントやアイテム入手に関するヒントがなく運任せ。
  • なんと敵が1種類しかいない。その上敵の攻撃が殆ど当たらず、自キャラの攻撃が強いため装備無しでもあっさり倒せる。
  • 必殺技があるのだが、普通にやるとゲージが溜まらないので使えない。わざわざ防御してゲージを溜めれば使えるが、演出がしょぼい。

6/24【Xbox360】戦極姫2~葉隠の乙女、風雲に乗ず~(システムソフト・アルファー)    

8190円。2009年大賞の「戦極姫」の続編(と言う名の増補改定版)で、2月19日にPCでエロゲとして発売された物の移植版。
移植発表から発売までの期間が短い等の不安要素に加え、ファミ通のレビューが5/5/5/4と前作よりも点数が下がっていた事で注目を集めた。

  • クリアまで200時間(ファミ通より)もかかる上に、AIの処理が遅いためかなりもっさりしており苦痛で、相変わらずバグも多い。
  • パラメータの参照値や一部フラグがおかしく、100%フリーズする場所があり、一枚絵が表示されずに白い画面になる等の不具合がある。
  • お金やCP(コマンド実行に必要)が0からいきなりMAXになりゲームバランスが崩壊するなど、前作を髣髴とさせるバグも健在。
  • 購入者の発売日直後の感想は、「前作よりはマシ」。もっとも前作が酷すぎただけでゲーム自体の出来は今回も悲惨なものである。

11/11【Wii】人生ゲーム ハッピーファミリー(タカラトミー)    

6090円。先にWiiウェアで配信された『人生ゲーム ハッピーステップ』の完全版で、ご存知嫌な予感しかしない「人生ゲーム」シリーズの一作。
マス追加、トロフィー(実績)、家族システム、ハピネスモード、Mii。僅かこれだけの追加要素で価格はフルプライスに値上げという事で注目された。

  • 名前が固定された10名のデフォルトキャラで人生をスタート。Miiは使えるが隠し要素。+1000円相当。
  • 例によってMAPは僅か1種類。発生するイベントも地味でつまらないだけでなく、とにかく被る。+1000円相当。
  • 幸福度を勝利条件にしたモードがあるが、CPUの思考が変わらない(お金重視のまま)。+1000円相当。
  • 売りの家族システムも、イベントが少ないせいで楽しめない。+1000円相当。そして実績で+1000円相当という洒落にならないぼったくり価格。

選外一覧    

3/11【PS3/Xbox360】レッド シーズ プロファイル(マーベラスエンターテイメント)    

8190円。元々「レイニーウッズ(RAINY WOODS)」の名で、2008年発売予定で開発されていたアクションアドベンチャーゲーム。
先に海外で「Deadly Premonition」の名で、Xbox360専用ゲームとして20ドル(約2000円)で発売されていた。

  • 印象は奇を衒ったホラーゲームを真面目に作ろうとして、結果笑えるバカゲーになってしまったタイプ。
  • 海外での評価が散々だったが日本ではなかなか評判がよく、操作性が悪いのは確かだがむしろ良ゲーとの評価。
  • 現在は当の海外でも評価が見直されている模様。レビューが極端であったという例。

4/15【PS3/Xbox360】ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園(マーベラスエンターテイメント)    

5800円。2007年にWiiで発売された物の移植版。PS3版も同時発売されているがロード時間・フリーズ頻度共に箱版の方が酷い。
システム関係の酷さもある反面、アクションゲームとしての面白さもちゃんとあり、結局スレ的には劣化移植止まりという認識で終わった。

  • ロードがあらゆる所で入る上に、その時間も1分近くと異常に長い。数分間で終わるミッションに至ってはロード時間>プレイ時間の有様。
  • ムービー中・街を移動中・果てはセーブ中と、所構わずフリーズが頻発。反面セーブ出来る箇所が少なく、する度に毎回2分のロード。
  • 修正パッチによって実績・音ズレ関係のバグは改善された。ただし一番のネックだったロードやその他のバグは改善されていないらしい。

4/28【Wii】バスフィッシングWii ワールドトーナメント(アークシステムワークス)    

5040円。Wiiモーションプラス及びネットワーク対戦に対応した、リアルなバス釣りを謳った釣りアクションゲーム。
さまざまなクソ要素や不満点があるが、一部はゲームの個性であるとの意見もあり、少なくとも他のノミネート作品と比べると駄ゲーレベル。

  • 選べる道具がルアーだけでリール・ロッド・ラインが選べず、そのルアーも32種類+色違いと決して多くは無い。
  • 場所がステージ制で僅か7つの上、端まで15秒と狭い上に大仏と五重塔と金閣寺と鳥居に囲まれている京都などステージそのものも変。
  • 他にも、丘釣りなしボートのみ、ルアーが土に埋まったり魚を貫通する、メインのトーナメントモードはイベントなしと、不満点だらけ。

10/7【PS3/Xbox360】F1 2010(コードマスターズ)    

7770円。リアルF1シミュレータとして発売されたゲームで、元F1レーサーも開発に加わっているのだが、F1の基本的なルールすら無視されている。
下記の通り多くの悪質なバグがあったが、11/4にタイトルアップデートが行われ、ある程度不具合は修正された(ただしピットのバグは直らず)。

  • セーブデータ破損バグ(確実にデータ破損する確定コンボもあり)。ピットストップバグ(延々と後続車の通過を待ち続けなければいけない)。
  • 実際の結果とはリザルトが変わっている事がある。COM車がルール無視でピットに一切入らず完走してしまう。
  • 細かい部分でF1としておかしいルールはあるものの、レースゲームとしては十分楽しめる出来。

10/12【Wii】人生ゲーム ハッピーステップ(タカラトミー)    

1000Wiiポイント。昨年に続き再び登場した人生ゲームのWiiウェア版で、ボリュームが乏しく一般的には十分酷いゲームではある。
だが、全員がゴールするまで遊べ、一応人生ゲームを名乗るのに必要な要素が揃っているということで選外となった。

  • 内容はハッピーファミリーの体験版のようなものなのでそちらを参照のこと。余談だが、これの配信と同時に前作の人生が配信終了となった。

  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-29 (日) 08:40:14 (1771d)