ノミネート作品    

★マーク付が大賞、残りが次点

2月発売    

  • 2/7【wii】メジャーWii 投げろ!ジャイロボール!!(販売:タカラトミー、開発:六面堂)
     何人かが特攻したものの「テンポが異様に悪い」「グラが微妙」以上の感想が出てこず当初「ありがちなキャラゲーの域を出ていない」とされたが
     その後の再評価や選評によりノミネートを果たした。一試合2時間超と「最高にリアルタイムな野球ゲーム」である。
     7月の「メジャーDS ドリームベースボール」12月の「メジャーWii パーフェクトクローザー」も凄まじいクソゲーだった為、セットで名前が挙がることが多い。
     ファンと原作者に年に三回も煮え湯を飲ませたことは語り継がれるべきであろう。
     (DS版は携帯機のため省かれることもある)

3月発売    

  • 3/6【PS2】奈落の城 一柳和、2度目の受難(販売:日本一ソフトウェア、開発:フォグ)
    注:2009年12月発売のベスト版では、フラグ関連のバグは修正されました。
     ADVであり、前作が好評だったためにノーマークであったが、謎解きが不条理であったりフラグ管理の甘さから、まさかの話題作となった。
    (死んだはずのキャラが再登場し、その当人の死について話し掛けると「テキストがまだない」と表示されるなど。)
     飢饉だった当時は持ち上げられていたが、6月以降はそれ以上のタイトルが続出した為今では「ノミネートの最低ライン(奈落ライン)」「七英雄最底辺」などと呼ばれている。

6月発売    

  • 6/5【PS2】大奥記(販売:グローバル・A・エンタテインメント、開発:ダフト)
     制作発表から2年後にようやく発売されたり、ファミ通のクロスレビューで3/3/4/3の計13点(あの『デスクリムゾン』と同じ点)をたたき出したりと、久々にスレ住人をwktkさせた。
     実際の内容も派手さはないものの堅実なクソゲーであり、夏までは大賞の最有力候補と囁かれていたが、9月から毎月のように現れる大賞級のクソゲー大攻勢によりその牙城は崩れてしまった。

9月発売    

  • 9/25【Xbox360】ジャンライン(レコム)
     麻雀ゲームなのだが、追加要素販売で同じものが重複していたり、そもそも麻雀の基礎が分かっていないとかいうネタ満載でスレの流れを正常にした。
     12月4日、アップデート(パッチ)が来たが、そのカオスっぷりがスレ住民を爆笑させ、本スレ住民を葬式状態に追い込んだ。
     挙句の果てにはわけのわからんカンの画像の投下+公式掲示板&ブログ閉鎖と来てしまい、
     最初はゲハの蹂躙を救ったに過ぎなかったが「ヌギャー」「大奥記」「猿」から一気に大賞最有力候補の座を奪い取ってしまった。

10月発売    

  • 10/9【PS2】神代學園幻光録 クル・ヌ・ギ・ア(アイディアファクトリー)
     クソゲー大手として知られるアイディアファクトリーが満を持して投入した規格外のクソゲー。IFゲーという事を差し引いても煌めくクソ度であり、
     「友情パワー!」「魅惑的殺人(チャーミング・マーダー)!」などのネタ要素も強かったため、11月末までは大賞最有力候補の一つだった。
    しかし、全体的にクソだがぎりぎりゲームとして成立しているレベルであり12月の「恐怖の1週間」の後は「次点は狙えるが大賞は厳しい」といわれている。
  • 10/23【Wii】プロゴルファー猿(販売:バンダイナムコゲームス開発:株式会社エイティング)
     ファミ通のクロスレビューで史上最低点タイとなる3/3/3/3の計12点を叩き出した問題作。「4点以上をつけたレビュアーがいない」という評価は前代未聞である。
     なぜか火曜日(10/21)の時点でラー油氏がフラゲ(っていうか猿ゴー)しており、そのクロスレビューの点にたがわぬクソぶりを発揮していた模様。
     華のごとく散った氏に対しては、敬礼する住民が後を絶たなかった。ボリュームの少なさ、内容の薄さゆえに「味のないクソゲー」と呼ばれている。

12月発売    

  • ★ 12/11【Wii】メジャーWii パーフェクトクローザー(販売:タカラトミー、開発:ドリームファクトリー)
     ドリームファクトリーとの極悪タッグにより前作から正当進化を遂げたタカラトミーの真の隠し球。
     衝撃的なスクリーンショット、歪んだ肉体などあまりにもぶっ飛んでいるためインパクトも強くジャンラインと並び大賞最有力候補とされた。
     最後に登場して大賞の座を抑える様はまさにパーフェクトクローザー
     さらに、当時は公式ページにアクセスするとなぜかIDとパスワードを求められるなど、最後まで魅せるゲームを展開した。

選外一覧    

以下のソフトは一定の頻度で名前を挙げられたものの「普通に遊べる内容」、「選評がない」等の理由でノミネートされずに終わっている。というか良ゲー、人によっては神ゲーに感じるものも混じってる。

  • 【PS2】ポイズンピンク - POISON PINK(フライトプラン、バンプレスト)
     発売前は各ゲーム雑誌レビューなどから期待されたものの、発売後は「ロードがちょっと長い程度で、中の下程度の凡ゲー」と判定された。
  • 【Wii】メダル・オブ・オナー ヒーローズ2 - Medal of Honor: Heroes 2(EA)
     「最大32人の大規模オンライン対戦」の事前発表が発売直前に公式ホームページから削除されてしまう珍事が起きた。
     結局、製品版はオンライン非対応で発売されたというとんでもない詐欺ゲーだが、
     オフラインだけを見れば「ボリューム不足だが良ゲー」なのでノミネートは難しいとされた。
  • 【Wii】ミブリー&テブリー(セガ)
     発売前に公式Flash体験版のムチャクチャなクイズで盛り上がったが、発売後は接待・パーティ用のバカゲーとしてむしろ評価されている。
  • 【Wii】プレイグラウンド ~公園で遊ぼう!~(EA)
     通称公園。キャラデザのキモさや発売後も公式が更新されないことなどから見えている地雷扱いされた。
     一人プレイの場合、マップ移動時の操作性の悪さや、見事な書き割りの観客、ゲームバランスの悪さが批評され、
     マルチプレイにおいても、パーティーゲームにもかかわらず収録ゲームの種類が少ない点が指摘された。
  • 【Xbox360】Mr.DRILLER Online(株式会社バンダイナムコゲームス)
     Xbox LIVEアーケードのタイトル。シリーズが人気作であり、良ゲーとして期待されていたはずの作品であった。
     配信されてみればオンは壮絶なラグ、オフに限定してみても手抜きだらけだったが現在はパッチでの修正対応で遊べるレベルにはなっている。
  • 【PS3】ダービータイム オンライン(SCEJ)
     「出場していない馬が優勝する」「同じ馬が同じレースに複数出場」「0着」等のありえない多数のバグや
     酷いラグによりオンライン時代の競馬ゲームに期待する者達を奈落の底にたたき落とした。
     他にも「ジョッキーモードは破産者の強制収容所」といわれる出来の酷さで拷問である。
     挙句の果てに発売後1週間を待たずしてサービスが一時停止し、この時点ではノミネート級の内容であったが
     パッチやサーバー強化で改善されたとの情報がスレに流れ、ノミネートを免れた。
     6ヶ月あまりでオンラインサービス終了「ダービータイムオンライン」サービス終了のお知らせ [外部リンク]

  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-29 (日) 08:40:14 (1771d)