ローグギャラクシー

ローグギャラクシー    

ジャンルロールプレイングゲームhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000COFGZI/[外部リンク]
対応機種プレイステーション2
発売元ソニー・コンピュータエンタテインメント
開発元レベルファイブ
発売日2005年12月8日
価格7,140円(税込)
対象年齢CERO:A(全年齢対象)
  • キャッチコピー:デカイ冒険シタイ

総評からこの作品の部分を抜粋    

ドラクエ8を作った実績とシームレスを掲げ、SCE営業社員の首をかけて売り出された”超大作RPG”は、
決め手になるポイントこそなかったが、内容・宣伝・売上・声優等、
今年の争点となったあらゆる点で糞であった。
被害者が大量に出現し、老若男女幅広く票を集めたことを武器にして、
結局先行した2作を差しきることに成功し、
「ローグギャラクシー」が2005年クソゲーオブザイヤー大賞を受賞した。

要点    

  • 同じ階層、似た構造、長いだけのダンジョン・フィールドを歩かされる。
  • 上記に起因する、「ローゼンカスター刑務所」からの急激な難易度上昇。
  • グラディウスタワーという無二、いや有二の存在。「二つの塔で苦労も二倍だな」の名言が誕生。
  • 上戸彩の「いい運動になりそう!」等の神経逆撫で発言。
  • 複数の装備を用いて相手の防御を崩す必要がある場面が多々あるのに、装備変更のショートカットが存在しない。
  • 主人公とヒロインの声が俳優、加えてキャラクターのパクリ疑惑(お茶の水博士に似たキャラや宇宙船サジタリウスっぽいキャラ)
  • ゲーマーとして知られる小説家・宮部みゆき氏がシナリオについて「独善的」との酷評をしていた(http://www.osawa-office.co.jp/old/weekly/back/237.html[外部リンク]
  • (特にディレクターの)大風呂敷、誇大宣伝。
    TVCMでは、制作者がドラクエ8のスタッフで有ることを全面に出したためか
    宣伝効果でそこそこ売れはしたものの、ドラクエ8並のクオリティを求めた人が大量にアンチ化
    ネット上においても、誇大妄想のレベルにまで達した宣伝コピペが大量投下されており、
    発売前からゲームと関係のないところで顰蹙を買っているような有り様だった。
    誇大宣伝を印象付けるコピペの最後の一文、「さ あ 、 ふ る え る が い い」
    が総評の〆にも引用され、過剰な宣伝は(特にネット上では)逆効果になるという教訓を生んだ。
    2005年当時、動画環境の整っていない状況では、オブザイヤーを取るのは誰でも知ってる大作でなければ
    という空気があり、年末発売でプレイ時間が長くアンチの多いRPGは受賞に有利だったことも否めない。
    現在のクソゲーオブザイヤーとは基準がかなり違うが、
    大作RPGクソゲー化のツボをすべて押した歴史的ゲームではあると思う。

|


  編集 凍結解除 差分 履歴 ファイル添付 ページ複製 リネーム   新規ページ作成 ページ一覧 検索 最近の更新   編集ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-30 (土) 17:25:17 (216d)